Mocosuku(もこすく)
  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

咳の原因と対策について説明します。

咳とは、ウイルス等の病原菌、食べ物、ほこりなどの異物から、肺、気管、気管支を守るための防御反応です。 咳には、痰 を出す機能もあります。 気道の粘膜は、線毛と粘液により守っています。当カテゴリーでは、咳の原因、症状と対策について説明します。

【咳】

ジメジメ湿気の梅雨時は、長引く咳(せき)に要注意!

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 気象庁の発表によると、2017年は6月7日に四国地方から関東地方が一斉に梅雨入りしました。 この季節は真夏のような暑さの翌朝には、朝から雨がシトシト降って肌寒い、と...

2017/06/26 18:30掲載

「ぜんそく」の発作が秋に起きやすい理由

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 気管が狭くなることで、呼吸がしにくくなる「ぜんそく」。 秋は特にこのぜんそくの発作が起きやすくなるといわれています。 なぜ、秋はぜんそくが起きやすい...

2016/10/14 12:00掲載

喉の腫れ はどうして起きるの?原因や対処法は?

喉の腫れ はなぜ起こるのでしょうか? 喉が腫れている場合は、喉に炎症が起きていることが多いものですが、全身的な病気でも喉に腫れが起きる場合があります。ここでは、その原因や対処法、予防法などをみていきま...

2016/02/25 04:18掲載

苦しい咳…知っておきたい喘息の症状と薬の副作用

執筆:斉藤雅幸(Mocosuku編集部) 監修:坂本 忍(医学博士) 喘息の症状、治療に用いられる薬の副作用について確認しておきましょう。 喘息の症状とは? 成人の喘息は、完全に治癒していなくても、症...

2015/08/09 09:12掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

関連サイト

咳を止める方法

咳を止める方法をご存知ですか?平熱に戻ったのにいつまでも咳が出る…という経験をした人は多いと思います。当サイトでは咳を止める方法について説明します。