階段で転んだ!落ちた! そのときに知っていたいこと

Mocosuku(もこすく)
  • 階段で転んだ!落ちた! そのときに知っていたいこと

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

階段で転んだ!落ちた! そのときに知っていたいこと

公開日時
更新日時

 
執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士)
 
 

お酒をたくさん飲んだ時などの失敗話として、「階段から転んだ」「階段を踏み外して下まで落ちた」という話が出てきます。
 
たいていは笑い話で済んでしまうお話ですが、医療的に見れば、実は決して楽観視できない状況もあります。
 
そこで今回は、階段から落ちた、転んだ時、どのような症状に注意すればよいか、またその場に居合わせた場合、どういった症状に注意すればよいかについて、ご紹介しましょう。
 

 

動かす際は「頭や首、もしくは強打した部分はなるべく動かさないように」

 

階段から落ちた直後、周囲の方は慌ててしまい、落ちた方をすぐに安全な場所へ動かそうとしてしまいがちです。
 
しかし頭や首を強く打ち付けてしまっている場合、第三者が動かすことで症状が悪化してしまうことがあります。
 
そのため、なるべく打ってしまった部位を動かさないように注意しながら、ゆっくりと運ぶようにしましょう。
 
 

確認するのは「意識」「頭痛」そして「吐き気」

 
階段から落ちてしまった後、注意したい症状が「意識」「頭痛」そして「吐き気」です。
 
頭を強く打った時、一時的に意識を消失することがあります。
 
すぐに意識が戻ればまだよいのですが、「なかなか目が覚めず、眠り込んでいる」「ぼんやりしていて話がかみ合わない」などといった症状が出ていれば、脳になんらかの障害が出ている可能性が高いため、早急に救急車を呼びましょう。
 
また、「頭痛があり、どんどん悪化している」「何の前触れもなく突然吐いてしまう」などの症状が出ている場合にも、脳に障害が出ている可能性があるので、すぐに救急対応となります。速やかに救急車を呼んでください。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【健康と病気】新着記事

大人になっても急に「食物アレルギー」になる?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 食べ物が原因で免疫システムに異常をきたし、さまざまな症状をもたらすものを「食物アレルギー」といいます。 子どものときになるものと思われが...

2017/09/21 18:30掲載

よく聞く「ポリープ」とはなに? 取る、取らないはどう判断する?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 健康診断を受けて、ポリープが発見されることは、割とよくあることです。 そもそもポリープとは何でしょう。 「そのままに...

2017/09/20 18:30掲載

ガーデニングが健康法に! 「園芸療法」をご存じですか?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 人気の高い趣味のひとつであるガーデニング。 そんなガーデニング、健康にも良い効果をもたらすといわれていることをご存知でしょうか?...

2017/09/17 18:30掲載

今さら聞けない「メタボ」について。女性の場合はどういう基準?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 2008年4月より施行された「特定検診制度」いわゆる「メタボ検診」。 家族の方は会社の検診を毎年受けているけれど、ご自身は区や市の検診をしばらく受け...

2017/09/16 18:30掲載

夜や暗がりでのスマホ、視力が落ちるというのはホント?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「暗い場所で文字を読むと、目が悪くなる」という話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 最近ではスマホが普及していることもあり...

2017/09/15 18:30掲載

ニキビと吹き出物。 年齢で違うのは言い方だけ?症状は?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 肌にニキビや吹き出物ができると、気になってしまいますよね。 ところで、何気なく使っている「ニキビ」と「吹き出物」というコトバ。 どのよう...

2017/09/14 18:30掲載