階段で転んだ!落ちた! そのときに知っていたいこと

Mocosuku(もこすく)
  • 階段で転んだ!落ちた! そのときに知っていたいこと

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

階段で転んだ!落ちた! そのときに知っていたいこと

公開日時
更新日時

 
執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士)
 
 

お酒をたくさん飲んだ時などの失敗話として、「階段から転んだ」「階段を踏み外して下まで落ちた」という話が出てきます。
 
たいていは笑い話で済んでしまうお話ですが、医療的に見れば、実は決して楽観視できない状況もあります。
 
そこで今回は、階段から落ちた、転んだ時、どのような症状に注意すればよいか、またその場に居合わせた場合、どういった症状に注意すればよいかについて、ご紹介しましょう。
 

 

動かす際は「頭や首、もしくは強打した部分はなるべく動かさないように」

 

階段から落ちた直後、周囲の方は慌ててしまい、落ちた方をすぐに安全な場所へ動かそうとしてしまいがちです。
 
しかし頭や首を強く打ち付けてしまっている場合、第三者が動かすことで症状が悪化してしまうことがあります。
 
そのため、なるべく打ってしまった部位を動かさないように注意しながら、ゆっくりと運ぶようにしましょう。
 
 

確認するのは「意識」「頭痛」そして「吐き気」

 
階段から落ちてしまった後、注意したい症状が「意識」「頭痛」そして「吐き気」です。
 
頭を強く打った時、一時的に意識を消失することがあります。
 
すぐに意識が戻ればまだよいのですが、「なかなか目が覚めず、眠り込んでいる」「ぼんやりしていて話がかみ合わない」などといった症状が出ていれば、脳になんらかの障害が出ている可能性が高いため、早急に救急車を呼びましょう。
 
また、「頭痛があり、どんどん悪化している」「何の前触れもなく突然吐いてしまう」などの症状が出ている場合にも、脳に障害が出ている可能性があるので、すぐに救急対応となります。速やかに救急車を呼んでください。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症にはコレ!管理栄養士がすすめる食べ物・飲み物7選

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 3月に入り花粉症の季節になりました。 目のかゆみや鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、管理栄養士がおすすめする花粉症の方におすすめの食...

出てない? でも鼻毛を抜いてはいけません

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛を指します。 他の体毛と同じように男性...

快適に1日を送るための「朝食メニュー」を管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 近年は「朝食ブーム」と言われています。1日中朝食メニューを出しているカフェなども増えてきましたね。 しかし、朝食にも和食・洋食などさまざま。一体どのようなメニューが良い...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【健康と病気】新着記事

急に悪寒が…。ただ寒いだけ?それとも病気の可能性?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暖かい場所にいるのに寒気がして止まらないのが「悪寒(おかん)」です。 病気や発熱の前触れとされていますから、悪寒がするようなら、休んで休...

2017/03/22 21:30掲載

男性だけの更年期障害?「LOH症候群」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「加齢男性性腺機能低下症候群」が正式名称の「LOH症候群」。 男性更年期障害というとイメージしやすいかもしれません。 日本には600万人...

2017/03/21 21:30掲載

優しい時季の印象だけど、春は体調には厳しい季節?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師) 医療監修:株式会社とらうべ だんだん暖かくなって、春が近づいてくると、うれしい気持ちになる人も多いはず。 しかし、その一方で、春特有の体調不良に悩まされることがある...

2017/03/20 21:30掲載

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

2017/03/20 18:30掲載

くしゃみで病気が感染? でもナゼくしゃみは出るの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年も花粉が飛散する季節になりましたね。 くしゃみを連発してツライという方も多いでしょう。 ですが、くしゃみが出ることは、私たちのカラダ...

2017/03/19 21:30掲載

シャワーは冷水と温水、交互がイイ?「シャワーの健康効果」

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 一般的に、「お風呂は身体に良い」といわれていますね。 湯船に浸かる全身浴や半身浴が身体に良いということは、よく知られています。 ...

2017/03/19 18:30掲載