階段で転んだ!落ちた! そのときに知っていたいこと

Mocosuku(もこすく)
  • 階段で転んだ!落ちた! そのときに知っていたいこと

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

階段で転んだ!落ちた! そのときに知っていたいこと

公開日時
更新日時

 
執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士)
 
 

お酒をたくさん飲んだ時などの失敗話として、「階段から転んだ」「階段を踏み外して下まで落ちた」という話が出てきます。
 
たいていは笑い話で済んでしまうお話ですが、医療的に見れば、実は決して楽観視できない状況もあります。
 
そこで今回は、階段から落ちた、転んだ時、どのような症状に注意すればよいか、またその場に居合わせた場合、どういった症状に注意すればよいかについて、ご紹介しましょう。
 

 

動かす際は「頭や首、もしくは強打した部分はなるべく動かさないように」

 

階段から落ちた直後、周囲の方は慌ててしまい、落ちた方をすぐに安全な場所へ動かそうとしてしまいがちです。
 
しかし頭や首を強く打ち付けてしまっている場合、第三者が動かすことで症状が悪化してしまうことがあります。
 
そのため、なるべく打ってしまった部位を動かさないように注意しながら、ゆっくりと運ぶようにしましょう。
 
 

確認するのは「意識」「頭痛」そして「吐き気」

 
階段から落ちてしまった後、注意したい症状が「意識」「頭痛」そして「吐き気」です。
 
頭を強く打った時、一時的に意識を消失することがあります。
 
すぐに意識が戻ればまだよいのですが、「なかなか目が覚めず、眠り込んでいる」「ぼんやりしていて話がかみ合わない」などといった症状が出ていれば、脳になんらかの障害が出ている可能性が高いため、早急に救急車を呼びましょう。
 
また、「頭痛があり、どんどん悪化している」「何の前触れもなく突然吐いてしまう」などの症状が出ている場合にも、脳に障害が出ている可能性があるので、すぐに救急対応となります。速やかに救急車を呼んでください。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康と病気】新着記事

女性にうつることも?「インキンタムシ」とはどういう病気?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「インキンタムシ」という病名を聞いたことがありますか? 昔の病気のように思っている方もいるかもしれませんが、今もある...

2017/11/17 18:30掲載

素朴な疑問… 「平熱が低い人」は、発熱したときの体温も低い?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 世の中には、平熱が高い人と低い人がいます。 みなさんは、ご自分の平熱を把握していますか? 例えば、同じ38℃の発熱で...

2017/11/16 18:30掲載

そろそろハッキリさせたい!「毛を剃ると濃くなる」は本当か

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 顔や身体のいわゆるむだ毛のケアは、いまや男女を問わない関心ごとでしょう。 脱毛や除毛など、体毛を処理する方法はいくつかありますが、日ごろ...

2017/11/15 18:30掲載

「自分が自分である」感覚を喪失する…?「離人症」とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「自分が自分から離れてしまう感じがする」という症状が離人症です。 心が肉体から離れて、遠くから自分を観察している感覚や、自分が自...

2017/11/13 18:30掲載

「ALS」という病気の症状や治療法について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」という原因不明の難病をご存知でしょうか。 「ALSアイスバケツチャレンジ」という運動により、一般の方々の...

2017/11/12 18:30掲載

イタくてカユい「ミミズ腫れ」 原因と対処法は?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 皮膚がちょっとした衝撃を受け、その部分にミミズのように細長くプクッとした赤い腫れができた経験はありませんか? これが...

2017/11/11 18:30掲載