金銭や物品目的ではない窃盗常習犯 「クレプトマニア」

Mocosuku(もこすく)
  • 金銭や物品目的ではない窃盗常習犯 「クレプトマニア」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

金銭や物品目的ではない窃盗常習犯 「クレプトマニア」

公開日時

 

クレプトマニアになる原因

 
窃盗癖が始まるとき、強いストレスが背景にある場合が多く、喪失体験や重要な関係性の破綻、葛藤などが引き金になります。性的虐待・性的葛藤、生理(月経)との関連も指摘されています。
 
また親子関係で傷つくことが多い、無視された、望まれなかったなど、生育歴の影響も窃盗行為の反復に影響していると言われます。
 
遺伝的には、強迫性障害、気分障害、薬物依存などの血縁者がいる場合も多いとのことです。
 
 

治療とケア

 
まずは、クレプトマニアが病気であることを自覚すること、窃盗行為のメリットとデメリットを考えさせ、本当に望んでいることは何かを理解し、悪循環を断つよう促されます。
 
薬物療法や心理療法も行われますが、クレプトマニア・アノニマスなどの自助グループの活動が有効とされています。
 
もちろん、家族の理解と協力も重要です。

 
本人の嗜癖に家族が傷ついている場合も多いので、家族へのケアも必要となります。
 
 
<執筆者プロフィール>
山本 恵一(やまもと・よしかず)
メンタルヘルスライター。立教大学大学院卒、元東京国際大学心理学教授。保健・衛生コンサルタントや妊娠・育児コンサルタント、企業・医療機関向けヘルスケアサービスなどを提供する株式会社とらうべ副社長
 

<つづきを読む>

2 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【依存症】新着記事

日本はすでにギャンブル大国? 「ギャンブル依存症」について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2016年12月15日、カジノを中心とする統合型リゾート(IR)整備推進法が衆院本会議で可決されました。いわゆる「カジノ法」です...

2017/02/11 18:30掲載

金銭や物品目的ではない窃盗常習犯 「クレプトマニア」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ クレプトマニア(窃盗症) は「窃盗症」ですが、物やお金が欲しくて盗み、癖となる「盗癖」とは違います。盗むこと自体が目的となってし...

2016/12/29 21:30掲載

今夜もお酒のアナタヘ 「アルコール依存」は注意して

執筆:Mocosuku編集部 近年、依存症として大きな話題にもなった「アルコール依存」。 アルコール依存とは、飲酒したときに感じる昂揚(こうよう)感や幸せな気持ち、精神的苦痛からの解放感が忘れられずに...

2016/11/16 21:30掲載

「占い依存症」 こんな占いからなりやすい

執筆:阿佐木 ユウ(フリーライター) 「結婚する or しない」 「出産する or しない」 「正社員 or 派遣社員」 他にもまだまだ出てくる、女性の人生の選択肢。 さまざまな場面での選択肢が多様化...

2016/10/16 21:30掲載

日本人に意外と多い? セックス依存症

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) セックス依存は1980年代になって一般に知られ始めました。 1998年、ビル・クリントン氏が現職大統領時代に執務室で不倫行為をしていたこと、2009年、プロ...

2016/09/28 21:30掲載

5つ以上あてはまるとアブナイ?「買い物依存症」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 欲しいものを手に入れて使うために行う買い物。 しかし「買い物依存症」は使わないのに買い物をします。買い物自体が目的だからです。クスリ系の物質依存と違って、買...

2016/09/23 21:30掲載