知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

Mocosuku(もこすく)
  • 知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

公開日時
更新日時

 

食品添加物の基準とは?

 

食品添加物の成分と使用量、対象食品については食品衛生法で基準があります。
 
使用量基準は、安全性と有効性を調べる試験の結果に基づいて定められています。また、1日に日本人が摂取している食品から、どのくらいの食品添加物を摂取しているかを計算し、その数値が健康上問題ないかの確認も行われています。
 
更に、実際に食品中の添加物の量を分析する検査も行われています。もしもこれらの試験で問題が出た場合は、摂取量基準を少なくするなどの必要な処置がとられます。

 
 

主な食品添加物

 


甘味料

食品に甘みをつけ、保存性を高める為に使われています。アスパルテーム、アセスルファムカリウム、カンゾウ抽出物、キシリトール、サッカリン、ステビア、ソルビトールなどがあります。

 
 

着色料

食欲を増進する効果のある色彩を維持する為に使われています。鮮魚類、肉類、野菜類に使用することは鮮度をごまかすことにつながる可能性があり、禁止されています。
 
アナトー色素、カラメル、カロテン色素、ウコン色素、クチナシ色素、コチニール色素などがあります。
 
 

保存料

食品の腐敗の原因となる微生物の増殖を抑えることを目的としています。菌を殺す殺菌剤とは別のものです。ソルビン酸、安息香酸、しらこたん白抽出物、プロピオン酸、ポリリジンなどがあります。

 
 

増粘剤、安定剤、ゲル化剤又は糊料

食品に粘性を出したり、ゼリー状に固めたりする目的で使われます。用途により呼び名が異なります。カラギナン、キサンタンガム、グァーガム、ペクチンなどがあります。
 
 

酸化防止剤

食品の劣化の原因となる酸素と結びつき、食品の劣化を防ぐ為に使われています。L-アスコルビン酸、エリソルビン酸、カテキン、トコフェノールなどがあります。
 
 

発色料

主にハムやソーセージなどの加工肉に使われています。鮮度の誤解を招く為、精肉への使用は禁止されています。色を悪くする原因物質と結びつき、色彩を保つ働きがあります。亜硝酸ナトリウム、硝酸カリウムなどがあります。

 
 

漂白剤

食品の色を整える為の漂白の目的で使われています。誤解を招く為、ごま、豆腐、野菜への使用は禁止されています。亜塩素酸ナトリウム、亜硫酸ナトリウムなどがあります。
 
 

防カビ剤または防ばい剤

輸入されるレモンやオレンジなどは、輸送される間にカビが生える可能性がある為、農薬が散布されています。この農薬を日本では食品添加物として指定しています。イマザリル、OPPなどがあります。
 
 
これら8つの添加物の他、パンなどに使われる乳化剤、膨張剤、光沢をだして乾燥を防ぐ光沢剤、栄養を強化する栄養強化剤、香りをだす香料などがあります。

 
また、調味料は化学的に合成されたもののみが添加物として指定されています。

 

<つづきを読む>

2 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【食事】新着記事

冬は冬野菜を食べよう! 栄養と効能、栄養士おすすめレシピ

執筆:磯野 梨江(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 寒いうえ乾燥にも悩まされるこの時季、皆さんはどのような点に気をつけて健康管理をされていますか。 冬野菜には、免疫力向上やお肌や粘膜の保護、そ...

2019/02/19 18:30掲載

種類豊富で便利な冷凍食品… 栄養価は手作りと変わらない?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 野菜などの食材からお弁当のお惣菜、ご飯に麺類、パンやスイーツなどなど。昨今の冷凍食品は実にバ...

2019/02/15 18:30掲載

災害時のクッキングテクニック~非常時こそ食べなれた味を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日本では「今までにないこと」と言われる程の自然災害が多発しています。 当たり前だった日常生活...

2019/02/01 18:30掲載

食後の運転は大丈夫? アルコールが含まれるチョコやケーキ…

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな」 運転をする人もしない人も、誰しも肝に銘じている言葉でしょ...

2019/01/25 18:30掲載

交感神経の衰えで、食べなくても太っちゃう? 「モナリザ症候群」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「モナリザ」といえばレオナルド・ダ・ ヴィンチが描いた、有名な女性の肖像画が思い浮かびます。...

2019/01/15 18:30掲載

かつては違った新常識 「タマゴは一日2個以上食べてもOK」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 栄養価が高く料理のメニューも豊富、比較的価格も安定していて、食卓に欠かせない食材「タマゴ」。...

2019/01/08 18:30掲載