顔だけじゃない!お尻や背中にできる「ニキビ」はどうして?

Mocosuku(もこすく)
  • 顔だけじゃない!お尻や背中にできる「ニキビ」はどうして?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

顔だけじゃない!お尻や背中にできる「ニキビ」はどうして?

公開日時

 

お尻や背中のニキビ、その予防と対策とは?

 
ニキビができ、悪化させる要因としてストレス、生活習慣の乱れがあげられます。
 
適度にストレスを発散することで、生活習慣の乱れも改善されることもあるでしょう。
 
また角化異常を起こす要因として、乾燥や紫外線の影響によってお肌を守るバリア機能の低下もあげられます。背中やお尻も意外と乾燥することで皮脂コントロールが乱れることもありますから、保湿を心がけましょう。
 
そして肌への刺激をできるだけ少なくすることも予防のひとつです。
 
下着の素材を刺激の少ないものにする、洗剤や柔軟剤も肌にやさしいものを選ぶ、肌に触れるものの清潔を心がけるなどしてみましょう。
 
意外と見落としがちなのは、お風呂のとき。
 
シャンプーやコンディショナーをすすいだ際、背中までしっかり流さず、成分が残っていて悪化させてしまうことがあります。ボディソープもふくめ、洗い残しのないようにしましょう。

 
 

そのニキビ、本当にニキビ!?

 
以前は、軽症であれば市販のニキビ用化粧品やスキンケアで対応することが多かったニキビ。
 
最近では治療法が進んで、医師間での治療のガイドラインも整い早期から治療できるようになりました。
 
間違ったスキンケアでかえって悪化させてしまうこともありますし、ニキビかと思いこみ「そのうち治るだろう」と思っていたら、たとえば粉瘤(ふんりゅう)など、実はちがう皮膚疾患だった、ということもあります。
 
また根本的な原因のひとつとして、ホルモン異常から起因している場合もあります。
 
セルフケアをしてもなかなか治らない時には、一度、皮膚科を受診して診てもらいましょう。

 
 

<執筆者プロフィール>
青井 梨花(あおい・りか)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー
株式会社 とらうべ 社員。病院や地域の保健センターなど、さまざまな機関での勤務経験があるベテラン助産師。
現在は、育児やカラダの悩みを抱える女性たちの相談に応じている。プライベートでは一児の母。
 

<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供

 

<つづきを読む>

2 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症にはコレ!管理栄養士がすすめる食べ物・飲み物7選

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 3月に入り花粉症の季節になりました。 目のかゆみや鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、管理栄養士がおすすめする花粉症の方におすすめの食...

出てない? でも鼻毛を抜いてはいけません

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛を指します。 他の体毛と同じように男性...

快適に1日を送るための「朝食メニュー」を管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 近年は「朝食ブーム」と言われています。1日中朝食メニューを出しているカフェなども増えてきましたね。 しかし、朝食にも和食・洋食などさまざま。一体どのようなメニューが良い...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【スキンケア】新着記事

悪いだけじゃない!「メラニン」は必要不可欠

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「シミのもと」といわれるメラニン。シミが気になる女性にとって、メラニンは悪いイメージしかないかもしれません。 しかし...

2017/03/14 21:30掲載

「肌のかゆみ」が止まらない! 良い方法はある?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 乾燥で肌がカサカサしたり、かゆみが出たり…乾燥する季節は肌のトラブルも起きやすくなります。 「かゆみに耐え切れずに掻...

2017/02/25 18:30掲載

顔の洗い過ぎで、かえってニキビが悪化する?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ ニキビは、「尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)」いう皮膚の病気です。 思春期以降に発生し、日本では成人のおよそ90%...

2017/02/18 18:30掲載

似ているようで違う? 「シミ」と「そばかす」について

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 女性が嫌がる「シミ」と「そばかす」。 どちらも似ているように見...

2017/02/13 18:30掲載

スキンケア弱酸性と弱アルカリ性どっちを選ぶ?

執筆:座波 朝香(助産師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 洗顔やボディソープなどの洗浄剤には、弱酸性のものと弱アルカリ性のものがあることをご存知ですか? みなさんは、毎日のスキンケア用品をどのよ...

2017/01/27 21:30掲載

洗顔するなら朝?夜? 洗う時は水?お湯?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「顔を洗う」ということは誰でもやっていますが、朝と夜だとどちらがいいのでしょう? またお湯と水はどちらが効果的なので...

2017/01/25 18:30掲載