「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

Mocosuku(もこすく)
  • 「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

公開日時

 

どうしても食べたいときの小腹対策

 
小腹が空いてどうしても食べたいときもあるでしょう。また、食べずにストレスが溜まるのも身体にとってよくありません。
 
罪悪感なく食べるために「時間」「量」「質」を考えてとるとよいでしょう。
 
これらの3つについて見ていきましょう。
 

時間

体内で脂肪の増加を引き起こすたんぱく質にBMAL1(ビーマル・ワン)があります。昼間は少なく、夜になると増加します。
 
昼間に間食をするのは脂肪になりにくいですが、夜遅くなればなるほど、脂肪として蓄積しやすくなります。
 
ですから小腹が空いて何か摂る場合は、昼間の14時~18時頃までの活動する時間帯にしましょう。

 
 

間食の適度な量は、必要なエネルギー量の10%程度までといわれています。成人の場合、約100~200kcalを目安にするとよいでしょう。

 
 

スナック菓子や甘いお菓子は、油や糖質が主な材料で栄養素はほとんどありません。菓子類ではなく、栄養補給ができる間食を選ぶとよいでしょう。
 
おすすめの間食は次のようなものです。
 
1.チーズ、ヨーグルトなどの乳製品
チーズやヨーグルトなどの乳製品はカルシウム源にもなり、満腹感も得られます。
 
ヨーグルトは腸内環境も整える働きもあります。
 
2.フルーツ
フルーツはビタミンや食物繊維等の栄養素を補給できます。
 
生のフルーツは場所によっては摂りにくい場合もあるので、そういった場合はドライフルーツをとるのもよいでしょう。ドライフルーツは砂糖のついていないものを選ぶとよいでしょう。
 
3.ナッツ類
ビタミンや良質の油である不飽和脂肪酸が豊富です。カロリーは高い食品ですので、とり過ぎには注意が必要です。
 
少量で満腹感も得られます。素焼きや無塩のものを選ぶとよいでしょう。
 
4.高カカオチョコレート
カカオのポリフェロールには身体の老化を防ぐ抗酸化作用があります。
 
カカオが70%以上のものを選びましょう。

 
 
<執筆者プロフィール>
桜 イクミ(さくら・いくみ)
管理栄養士・健康運動指導士・フードスペシャリスト
株式会社 とらうべ 社員。病院での栄養管理・栄養指導の経験を経て、現在は企業で働く人の食と健康指導を行っている

 

<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供

 

<つづきを読む>

3 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【ダイエット】新着記事

食事制限と運動だけではダメ? 顔や太もも、二の腕「部分痩せ」のコツ

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 身体の全身の脂肪というより、二の腕や太ももなど気になる部位だけ痩せたい!と思っている方は多いのではないでしょうか。 もう少し細け...

2019/03/01 18:30掲載

腹筋が衰えやすい女性に! おすすめトレーニング「ドローイン」

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 最近スカートがキツくなってきたかも…と、ぽっこりお腹が気になりはじめていませんか? 運動して引き締めたいけれど、仕事をしているし...

2019/02/12 18:30掲載

交感神経の衰えで、食べなくても太っちゃう? 「モナリザ症候群」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「モナリザ」といえばレオナルド・ダ・ ヴィンチが描いた、有名な女性の肖像画が思い浮かびます。...

2019/01/15 18:30掲載

思うように痩せないときは「むくみ腸」が原因かも?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「むくみ」と聞くと、足や手、顔を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 しかし、目に見え...

2019/01/11 18:30掲載

ヘルシー食材として大注目! 「カリフラワー」のおすすめ活用法

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さん「カリフラワー」にどんなイメージをお持ちですか? 食卓にあがる頻度は少なく、ブロッコリ...

2018/11/20 18:30掲載

ダイエットの停滞期脱出、有効なのはズル休み? 「チートデイ」について

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ ダイエットにつきものの「停滞期」は、いわば身体のセーフティー機能です。 ダイエットが順調であ...

2018/08/31 18:30掲載