毎月この時期は憂うつ…。それは「PMDD」の可能性も

Mocosuku(もこすく)
  • 毎月この時期は憂うつ…。それは「PMDD」の可能性も

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

毎月この時期は憂うつ…。それは「PMDD」の可能性も

公開日時

PMDDとPMSはどう違う?

 
月経の始まる3~10日ほど前から心身に不快な症状が現れるものを「PMS(PreMenstrual Syndorome;月経前症候群)」といいます。
 
PMSには、月経が開始すると症状が緩和する、あるいは無くなるという特徴があります。
 
PMSの症状には個人差がありますが、次のようなものが挙げられます。
 

身体的な症状

下腹部膨満感、下腹部痛、腰痛、頭痛、頭重感、乳房痛、のぼせ、手足のむくみなど
 
 

精神的な症状

抑うつ、怒りの爆発、いらだち、不安、混乱、社会からのひきこもりなど

 
「日本産婦人科学会のガイドライン(2014)」では、日本では生殖年齢の女性の70~80%に何らかの症状が現われること、さらに、5.4%の確率で中等症以上(日常生活に困難をきたすレベル)のPMSが現れることが指摘されています。

 
これに対して、PMDDは、こうした症状の中でも精神的な症状が強く現れる点に違いがあります。

 
具体的な症状については、次からみていきましょう。
 
 

PMDDの症状

 
米国精神医学会が出版している「DSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き)」では、PMDDの診断基準がまとめられています。
 
これをもとに、PMDDの症状をまとめていきます。
 

1.著しい感情の不安定性(突然悲しくなる、涙もろくなる、拒絶に対する敏感さが増すといった気分変動がある)
2.著しいいらだたしさ、怒り、対人関係の摩擦が増える
3.著しい抑うつ気分、絶望感、自己批判的思考
4.不安または緊張
5.通常の活動における興味の減退
6.集中困難
7.倦怠感
8.食欲の変化、もしくは特定の食べ物への渇望
9.不眠または過眠
10.絶望感または制御不能感(自分を失った感じ)
11.乳房の圧痛(圧迫されたときに生じる痛み)、関節痛や筋肉痛、体重増加、むくみなどの身体的症状

 
月経の1週間前くらいから、上記のうち5つの症状が現れ、かつ、そのうち最低1つは1~4の症状であるときに、PMDDの可能性が疑われます。
 
上記の症状はPMSと同じように、月経開始数日以内に軽快しはじめ、月経が終了する週には最小限になるか、消失します。
 
また、次のことも診断する上でポイントになります。
 
・1年間のうち、ほとんどの月経周期で上記の症状が現れている
・上記の症状が1年間程度、月経のたびに起きている
・ほかの精神疾患や薬などによるものではない
・上記の症状が仕事や学校などの普段の社会生活や人間関係に支障をきたしている

 
PMDDの発症頻度は1.2%と、PMSと比べて少ないことがわかっています。
 
ただ、症状の程度によっては、自傷や自殺企図の症状が現れることもあり、本人にとってはかなり深刻な問題です。
 
PMDDの女性の中には、月経前になるたびに現れることから、本人は「いつものこと」と我慢していることも少なくないようです。
 
しかし、PMDDは、婦人科や心療内科で治療することによって、症状を軽減させることができます。
 
それでは、どのような治療法があるのか、見ていきましょう。
 
 

<つづきを読む>

2 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【生理】新着記事

「手のこわばり」は更年期の症状? 正しい知識で安心な備えを

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「指や手がこわばる」という訴えが更年期世代の女性に多いということ、ご存じですか? これは意外と知られていない、更年期...

2018/04/02 18:30掲載

生理前・生理中の不調を緩和する、食事面でのポイント

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 生理前は調子が悪くなる、生理中は食欲がない…など、生理にまつわる体調の変化は人それぞれです。 いずれにせよ、カラダの...

2018/01/05 18:30掲載

女性ならではのお悩み…? なぜ月経前には甘いものが食べたくなる?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 女性のみなさん、月経前になると、無性に甘いものが食べたくなることはありませんか? どうして、このような現象が起こるの...

2017/11/08 18:30掲載

毎月この時期は憂うつ…。それは「PMDD」の可能性も

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 月経前になるたびにイライラしたり、落ち込んでしまったりしていませんか? 月経前にこのようないつもと違う精神的な変化が...

2017/02/27 18:30掲載

生理痛はガマンしない… は自然?不自然?

執筆:座波 朝香(看護師、助産師) 監修:坂本 忍(医学博士・公認スポーツドクター(日本オリンピック委員会強化スタッフ)・日本医師会認定産業医) 人と比べることが難しい生理(月経)。 生理痛(月経痛)...

2017/02/15 18:30掲載

「正常な月経」を知っていますか?

執筆:青井 梨花(助産師、看護師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 月経の量や周期の乱れなどから思わぬ病気がみつかることもあります。 女性特有の病気の...

2017/01/30 21:30掲載