子どものためにも。 虫歯になりにくい「おやつ」はどれ?

Mocosuku(もこすく)
  • 子どものためにも。 虫歯になりにくい「おやつ」はどれ?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

子どものためにも。 虫歯になりにくい「おやつ」はどれ?

公開日時

おやつが虫歯になりやすい理由

 
一日3回の食事にも糖質は多く含まれるのですが、一方でおやつが虫歯になりやすいのはなぜでしょう。
 
その理由を整理してみます。
 

砂糖を使うものが多い

 
食事で摂取する砂糖の役割は多くの場合味付けですが、おやつで食べる甘い物の砂糖は主原料のひとつになります。
 
たとえば、肉じゃが1人前の砂糖は3g(小さじ1)なのに対して、クッキー3枚、板チョコ3かけ、それぞれの砂糖は約9g(大さじ1)、サイダーコップ1杯の砂糖は約20g(大さじ2以上)です。
 
このように、甘い食べ物や飲み物はお惣菜などよりもずっと砂糖を多く含むため、過剰に摂取しやすいことがお分かりでしょう。
 

歯に糖が残りやすい

 
食べた糖が全て虫歯菌のエサになるわけではなく、歯に残った糖を虫歯菌がエサにします。
 
おやつは次のような理由で、歯に糖が残りやすいのです。
 
・粘度が高い
キャラメル、クッキー、ウエハース、あられ、ケーキ、和菓子などは粘度が高く、口に入れるとねっとりしているため、歯の隙間に残りやすいおやつです。
 
・唾液が出にくい
チョコレート、あめ、ゼリー、アイスクリーム、ジュースなどは、あまり噛まずに食べられるおやつです。
噛む回数が少ないと唾液が出にくくなります。
 
唾液は虫歯菌が作り出す酸を中和したり、歯に残った食べかすを洗い流したりする、いわば虫歯予防の働きを持っています。
ですから、唾液の分泌が少ないと虫歯になりやすいのです。
 
・食べたあとの歯磨きが習慣化されにくい
食事のあとに歯を磨くのは習慣化されているでしょう。
しかし、おやつのあとは歯を磨かないという人は少なくありません。
甘い物が多い上に歯磨きを怠ると、虫歯になりやすい状況になるのは当然と言えます。
 
 

虫歯になりにくいおやつ

 
おやつが虫歯になりやすい理由を踏まえると、これらに当てはまらないものが「虫歯になりにくいおやつ」になります。
 
おすすめのおやつをご紹介します。
 

果物や野菜

 
イチゴやミカン、リンゴ、キウイ、ブドウ、バナナなど、果物は年間を通して多くの種類が出回っています。
 
また、とうもろこしやトマト、さつまいもなど、糖度が高い野菜もおやつに適しています。
 
もちろん果物や野菜にも糖は含まれますが、砂糖を使うお菓子に比べるとショ糖は少なく、また、水分のほか、ビタミン、食物繊維などの栄養素が豊富で噛み応えもあります。
 
ただし、果物の缶詰やコンポート、ドライフルーツ、ジャムなど、砂糖を使う加工品の食べ過ぎには注意が必要です。
 

乳製品

 
牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品は砂糖が少なく、水分のほか、ビタミン、カルシウムなどの栄養素を摂ることができる食品です。
 
ただし、ヨーグルトドリンクやコーヒー牛乳などは砂糖が多い製品もありますので避けたほうがいいでしょう。
 

ナッツ類

 
ナッツ類は糖が少なく、噛み応えがあり唾液の分泌が促されます。
 
とくに食物繊維が多く、ビタミンやミネラルも摂取できるアーモンドはおすすめです。
 

キシリトール入りのおやつ

 
「キシリトール」は虫歯菌のエサにならずに酸を作らず、さらに虫歯菌の増殖を抑えるとして、砂糖の代わりに利用されている甘味料のひとつです。
 
キシリトール入りのガムや飴、チョコレートなど、スーパーやコンビニでもよく売られています。
 
ただし、キシリトールは砂糖よりも甘みが低いため、砂糖で甘味を加えている製品もあります。
 
選ぶ際は食品表示の原材料を確認するようにしましょう。
 
 

<つづきを読む>

2 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【虫歯】新着記事

子どものためにも。 虫歯になりにくい「おやつ」はどれ?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 食事よりも甘い物が選ばれやすい「おやつ」。 甘いので虫歯になりやすいイメージがあると思います...

2018/12/28 18:30掲載

虫歯をずっと放っておいたらどうなるの?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 「虫歯がある」とわかっていても、歯医者に行くのを億劫に感じる方や、仕事が忙しくてなかなか歯医者に通えないという方もいらっしゃるでしょう。 そのうち虫歯の存在も痛みも気にな...

2017/10/09 18:30掲載

砂糖を摂らなければ、虫歯にはならない?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 子供の頃、「甘いものを食べ過ぎると虫歯になるよ!」と注意された経験は誰しもあるでしょう。 甘いものと言えば砂糖、この砂糖こそが虫歯の原因であることも今では周知の事実です。...

2017/09/03 18:30掲載

自分でできる「歯を白くする方法」と「白さを保つ方法」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 輝く白い歯は誰しもが憧れるもの。口元の美しさは笑顔に自信を与え、表情もパッと明るくなりますね。 一方で歯は白くしたいけど、歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのは治療や...

2017/04/14 18:30掲載

どう選ぶ? 電動歯ブラシ・種類と効果の違い

執筆:影向 美樹(歯科医師) 電動歯ブラシが日本に普及しはじめてから20年以上が経過し、種類や機能も以前とは比べ物にならないぐらい充実しています。 今では100円ショップで手に入るものから、2万円以上...

2017/04/05 21:30掲載

見た目の悪さだけじゃない!「歯並びの悪さ」について

執筆:影向 美樹(歯科医師) 歯並びに関する悩みと言えば「見た目の悪さ」が多いです。 しかし歯並びは見た目以外にも、体に様々な影響を与えます。例えば「原因不明の頭痛や肩こりが歯科治療のあと改善した」と...

2017/03/28 21:30掲載