春のメンタル不調…対策は早めが鉄則。適度な「ズボラ」も大事!

Mocosuku(もこすく)
  • 春のメンタル不調…対策は早めが鉄則。適度な「ズボラ」も大事!

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

春のメンタル不調…対策は早めが鉄則。適度な「ズボラ」も大事!

公開日時

春のメンタル不調…原因は生活の変化だけじゃない

 
春という季節の特徴といえば寒暖差です。
 
大きな寒暖差が生じると、身体は体温を維持するために働かなければなりません。
 
とくにヒトの体温調節に大きく関係している自律神経は影響を受けます。
 
この自律神経は、体温調節以外にも体内のさまざまな器官と連携して、身体機能をコントロールする役割を担っています。
 
ですから、自律神経がダメージを受けると、倦怠感や肩こり、冷え、消化機能の不調、めまい、頭痛などの身体的症状、やる気の低下、落ち込み、イライラなどの精神的症状などの不調が現れるようになります。
 
3月や4月になると「なんとなく体調が悪い」と感じる人も多いと思いますが、それは春が持つ独特の気候が影響している可能性も高いのです。
 
 

早めの対策で予防をしよう

 
ストレスによる心身の不調は、当然ながら原因であるストレスを小さくすれば防ぐことができます。
 
しかしながら、春という気候の特徴を変えることは不可能ですし、仕事や学校などのイベントもこちらの都合ではなかなか避けられません。
 
そこで、基本的な対策をご紹介します。
 

(1)生活リズムを整え、睡眠を十分に確保する

 
ごく基本的な生活習慣とはいえ、日々の疲れを残さないことが健康維持につながります。
 
また、休日は生活のリズムが崩れやすく、とくに長いゴールデンウィークなどは注意が必要です。
 
せっかく4月に整った生活リズムが壊れないように、起床時間や就寝時間を大きく乱すことなく、日中も外出や運動をするなど適度に身体を動かしましょう。
 
ゴールデンウィークの後半になっても、平常から逸脱したダラダラ生活を続けていると、休み明けの不調を招きます。
 

(2)意識的にリラックスする時間を持つ

 
とりわけ4月に環境の変化があった人は、次々と新しいことに直面し、慣れよう・こなそうとしていつも以上に心身が緊張しています。
 
自分では「ちゃんと休めている」つもりでも、知らず知らずのうちにストレスが蓄積されているかもしれません。
 
好きなことに没頭する、お風呂にゆっくり浸かる、気心の知れた人とおしゃべりするなど、意識的にリラックスする時間を作りましょう。
 
また、適度な「ズボラ」も大切です。
 
周囲から「真面目」「頑張り屋さん」「完璧主義」などと言われたことがある(もしくは自覚がある)人は、ちょっとだけ手抜きをしてみると緊張が緩むと思います。
 

(3)必要以上に新しいことを始めない

 
新年度のスタートとともに高揚感や期待感も高まり、何か新しいことに着手しようとする人も多いようです。
 
ところが、たとえ前向きな気持ちで始めたとしても、頑張りすぎは禁物です。
 
なかでも4月から生活パターンが大きく変わった人は、自分が思っている以上にエネルギーを使っている可能性があり、他にも頑張る要素を作ると心身に悪影響を及ぼしてしまいます。
 
ですから、まずは身体が新しい生活に慣れることに専念して、生活のリズムに余裕ができてから、新たなことに挑戦してみてください。
 
 
<執筆者プロフィール>
吉村 佑奈(よしむら・ゆうな)
保健師・看護師。株式会社 とらうべ 社員。某病院での看護業務を経て、現在は産業保健(働く人の健康管理)を担当
 
<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 

<つづきを読む>

2 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【うつ病】新着記事

春のメンタル不調…対策は早めが鉄則。適度な「ズボラ」も大事!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ この春、多くの新入生や新社会人の方が新たな生活をスタートされたことと思います。 あるいは、家族の学校や仕事の変化に伴い、生活環境や生活リ...

2019/05/21 18:30掲載

10人に1人とも言われる「産後うつ」は、予備知識も大事

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 産後のメンタルヘルス不調、いわゆる「産後うつ」は、今や10人に1人は経験するとも言われています。 出産という大仕事を果たした後に...

2019/03/13 18:30掲載

大人の悪夢はストレスが原因? 『悪夢障害』とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは悪夢に悩まされていませんか? 繰り返し見る悪夢によって睡眠が妨げられ、日常生活にまで支障を来す状態を「悪夢障害」と呼び、...

2019/03/08 18:30掲載

芸能人にも多いパニック障害… 近年増加している理由は?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 昨年、アイドルグループ「Sexy Zone」の松島聡さんが突発性パニック障害であることを公表し、芸能活動の休止を発表したことは記...

2019/03/05 18:30掲載

春が近づくと気分が落ち込む… それは「気象病」のせい?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 3月から4月にかけての早春は「木の芽時(このめどき)」とも呼ばれます。 冬から春への季節の変わり目は、体調や精神的なバランスを崩...

2018/02/23 18:30掲載

アナタにも起こりうる「燃え尽き症候群」とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 日本においては、スポーツの代表選手や部活を終えた高校3年生が「燃え尽き症候群」になりやすいといわれます。 また、先ごろ電撃引退を...

2017/12/31 18:30掲載