美容

Mocosuku(もこすく)
  • 美容

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

美容についての様々な情報をご紹介



何もかもうまくいかなくてもうグッタリ&イライラしたときに見直してほしいのが「 香りの力 」。たかが香りではあるけれど、意外に知らない、とても大きな癒し効果があるんです。

 香りの力 :「香りで癒される」には、ちゃんと理由がある



好きな香りをかぐと何となく気分がスッキリする、という経験は誰にでもありますよね。実はそれ、「気のせい」じゃありません。
私たちは「視覚(見る)」「聴覚(聞く)」「嗅覚(嗅ぐ)」「触覚(さわる)」「味覚(味わう)」という、いわゆる「五感」を使って生活しています。
これらの感覚の信号はすべて脳に送られますが、5つのうち「嗅覚(嗅ぐ)」だけはほかの4つとは違う部分に送られています。
「嗅覚(嗅ぐ)」の信号が送られるのは、脳のなかでも「大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)」という部分。この「大脳辺縁系」は「感情」や「気分」をコントロールする部分でもあるのです。

 人間の本能に直接働きかける「 香りの力 」



「心地いい香り」を嗅ぐと、その信号は「感情」や「気分」をつかさどる部分に直接送られます。理屈抜きにそのときの気持ちを「心地いい気持ち」に変えることができるわけです。
ある公共機関の実験によると、「寝ているあいだに好きな香りを嗅ぐといい夢を見る確率が高くなる」というデータもあるほど。逆に嫌な香りを嗅ぐと悪夢を見てしまうそうです。
私たちの見る夢を左右するほど、「香りの力」はとても大きいんですね。

 香りの力 :香水は選び方しだいで使いやすいアイテム



毎日の生活に香りを取り入れるのはとても簡単。いちばん手っ取り早いのはフレグランス、つまり香水です。
「香水って何だか匂いがきつそう」と思う人は、「オーデコロン」と書いてあるものがおすすめ。「オーデコロン」は香りの成分がいちばん薄い香水の総称です。メーカーによっては「フレッシュコロン」「ナチュラルスプレー」と書いてある場合もあります。 逆に、「パルファン」や「オーデパルファン」と書いてある香水は、濃度が濃い上級者向けなので注意しましょう。

・よく羽織るカーディガンなどにひと吹きする
・ハンカチに少しつける
・化粧ポーチやペンケースにたらす

などを試してみて。ふとしたときに心地よく香りが引き立ちます。

 香りの力 :とにかく気楽に使える方法やアイテムを試そう



国産の化粧品メーカーのなかには、「ストレスに効果のある香り」を作り出すことを研究開発しているところもあります。
実際に「ストレス解消に効果がある」と実証された香りを配合したラインもいくつかあるので、毎日のスキンケアアイテムをそういったものに切り替えるのもひとつの手です。 また、みんなが大好きなハーブ&アロマのアイテムを使うのもいいでしょう。エッセンシャルオイルはとても魅力的なアイテムですが、でも忙しいとアロマポットを焚くのが面倒なこともありますよね。 ラクチンなのは、

・お風呂に好きな香りのエッセンシャルオイルを2~3滴たらす
・好きなエッセンシャルオイル配合のハンドクリームや石鹸、シャンプーを使う

などの方法です。特にハンドクリームは外出先でも使えて便利ですよ。

 香りの力 :本能で「好き」と思えたら、それがあなたの香りです



大切なのは、毎日の生活のなかで「ああ、いい香りだなあ」と思える時間を一瞬でも多く作ること。それが心の元気をキープするうえで大きなポイントになります。 巷にはたくさんの「香りのメソッド」があふれていますが、香りのメソッドなんてあってないようなものです。あなたが「本能で気持ちいい」と思えるもの&方法を試しましょう。
ポイントは少しでも「面倒だな」と思うもの&方法は最初からやめること。面倒だと続けられないからです。
ただし妊婦さんだけは要注意。香りのなかには作用が強いものもありますから、選ぶときはくれぐれも慎重にしましょう。

【美容】

日本でも増えてきた「タトゥー」。 健康への影響はある?

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 欧米ではファッションの一部として定着しているイメージがあるタトゥー。 日本でも、ファッション感覚で取り入れられることが増えてきま...

2017/10/17 18:30掲載

あなたは大丈夫? スマホが原因の「スマホ二重あご」に要注意

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ いつでもどこでも手軽に情報を得ることができて、いまや生活になくてはならないツールである携帯電話やスマートフォン。 ...

2017/10/07 18:30掲載

「ムダ毛」とは言うけれど… 本当にムダなところはどこ?

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 処理しても処理しても生えてくる「ムダ毛」。 同じように生えていても、ムダと感じるかどうかは人それぞれです。 身体にとって「毛」と...

2017/08/18 18:30掲載

できる限り増やしたくない首のシワ。良い方法はある?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 年齢が出やすい「首のシワ」、できることなら増やしたくないものですね。 毎日習慣化しているあのコトが影響しているかもしれません。 今回は、...

2017/08/14 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...