美容

Mocosuku(もこすく)
  • 美容

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

美容についての様々な情報をご紹介



何もかもうまくいかなくてもうグッタリ&イライラしたときに見直してほしいのが「 香りの力 」。たかが香りではあるけれど、意外に知らない、とても大きな癒し効果があるんです。

 香りの力 :「香りで癒される」には、ちゃんと理由がある



好きな香りをかぐと何となく気分がスッキリする、という経験は誰にでもありますよね。実はそれ、「気のせい」じゃありません。
私たちは「視覚(見る)」「聴覚(聞く)」「嗅覚(嗅ぐ)」「触覚(さわる)」「味覚(味わう)」という、いわゆる「五感」を使って生活しています。
これらの感覚の信号はすべて脳に送られますが、5つのうち「嗅覚(嗅ぐ)」だけはほかの4つとは違う部分に送られています。
「嗅覚(嗅ぐ)」の信号が送られるのは、脳のなかでも「大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)」という部分。この「大脳辺縁系」は「感情」や「気分」をコントロールする部分でもあるのです。

 人間の本能に直接働きかける「 香りの力 」



「心地いい香り」を嗅ぐと、その信号は「感情」や「気分」をつかさどる部分に直接送られます。理屈抜きにそのときの気持ちを「心地いい気持ち」に変えることができるわけです。
ある公共機関の実験によると、「寝ているあいだに好きな香りを嗅ぐといい夢を見る確率が高くなる」というデータもあるほど。逆に嫌な香りを嗅ぐと悪夢を見てしまうそうです。
私たちの見る夢を左右するほど、「香りの力」はとても大きいんですね。

 香りの力 :香水は選び方しだいで使いやすいアイテム



毎日の生活に香りを取り入れるのはとても簡単。いちばん手っ取り早いのはフレグランス、つまり香水です。
「香水って何だか匂いがきつそう」と思う人は、「オーデコロン」と書いてあるものがおすすめ。「オーデコロン」は香りの成分がいちばん薄い香水の総称です。メーカーによっては「フレッシュコロン」「ナチュラルスプレー」と書いてある場合もあります。 逆に、「パルファン」や「オーデパルファン」と書いてある香水は、濃度が濃い上級者向けなので注意しましょう。

・よく羽織るカーディガンなどにひと吹きする
・ハンカチに少しつける
・化粧ポーチやペンケースにたらす

などを試してみて。ふとしたときに心地よく香りが引き立ちます。

 香りの力 :とにかく気楽に使える方法やアイテムを試そう



国産の化粧品メーカーのなかには、「ストレスに効果のある香り」を作り出すことを研究開発しているところもあります。
実際に「ストレス解消に効果がある」と実証された香りを配合したラインもいくつかあるので、毎日のスキンケアアイテムをそういったものに切り替えるのもひとつの手です。 また、みんなが大好きなハーブ&アロマのアイテムを使うのもいいでしょう。エッセンシャルオイルはとても魅力的なアイテムですが、でも忙しいとアロマポットを焚くのが面倒なこともありますよね。 ラクチンなのは、

・お風呂に好きな香りのエッセンシャルオイルを2~3滴たらす
・好きなエッセンシャルオイル配合のハンドクリームや石鹸、シャンプーを使う

などの方法です。特にハンドクリームは外出先でも使えて便利ですよ。

 香りの力 :本能で「好き」と思えたら、それがあなたの香りです



大切なのは、毎日の生活のなかで「ああ、いい香りだなあ」と思える時間を一瞬でも多く作ること。それが心の元気をキープするうえで大きなポイントになります。 巷にはたくさんの「香りのメソッド」があふれていますが、香りのメソッドなんてあってないようなものです。あなたが「本能で気持ちいい」と思えるもの&方法を試しましょう。
ポイントは少しでも「面倒だな」と思うもの&方法は最初からやめること。面倒だと続けられないからです。
ただし妊婦さんだけは要注意。香りのなかには作用が強いものもありますから、選ぶときはくれぐれも慎重にしましょう。

【美容】

「海藻は髪に良い!」 これ本当?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「海藻が髪に良い」と耳にしたことがある方は、多いでしょう。 ツヤのある黒色をしたワカメや海苔はいかにも髪に良さそうですよね。実際に、海藻を...

2017/03/16 18:30掲載

「バストアップ」たくさん方法があるけれど…どれがいいの?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 医療監修:株式会社とらうべ 身体の悩みは人それぞれですが、「もう少し胸が大きければ…」という声は、よく聞かれます。 胸を大きくする方法はメディアでも...

2017/03/13 21:30掲載

飲料、お風呂、化粧品…カラダに与える「炭酸の効果」

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 最近、健康のために「炭酸」を売りにした商品をよく目にしますね。その種類も飲料、化粧品、お風呂用の商品などさまざまです。 しかし「炭酸」の身体...

2017/01/24 18:30掲載

「脂肪吸引」は安全なの?リスクはある?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 脂肪吸引は、ストイックな食事制限やハードな運動をしなくても、希望の箇所をサイズダウンできるという、美容外科手術の中...

2017/01/19 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

うつ病からの回復のポイントは「家族」

執筆:Mocosuku編集部 監修:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 「うつ」や「統合失調症」の回復には、周りの人たち、特に家族の対応の仕方が大きく影響します。 日本でのうつ病患者は100万人を超...

自分でできる「歯を白くする方法」と「白さを保つ方法」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 輝く白い歯は誰しもが憧れるもの。口元の美しさは笑顔に自信を与え、表情もパッと明るくなりますね。 一方で歯は白くしたいけど、歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのは治療や...

気がついたら爪の色が変わってる! どうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんの爪の色は、何色をしていますか? 健康な爪の色は薄いピンク色をしていますが、もし、変色していたら? とくに問題のないものから、なか...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「うつ病診断」は一人でできる? 9つの症状を要チェック

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 厚生労働省の「患者調査」によると、うつ病や双極性障害といった、抑うつ気分を症状にもつ患者数は近年増加していて、2014年には11...

お酒の強さは「飲めば鍛えられる」 これホント?

執筆:吉村 佑奈(よしむら・ゆうな) 医療監修:株式会社とらうべ 新人歓迎会があったり、花見があったりと、何かとお酒を飲む機会が増える春。 大勢で集まってお酒を飲むと、しばしば話題になるのが「お酒の強...