Mocosuku(もこすく)
  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

脳に関わる様々な話題をご紹介

若者の脳梗塞 に注意が必要です。サッカー元日本代表の木村和司さんが脳梗塞で入院していたことがわかりました。幸い、比較的状況は軽く、本人はまだ現場復帰する強い意志を持ってリハビリに励んでいます。
かつて代表監督をつとめたオシムさんも脳梗塞で倒れるなど、脳梗塞は高齢者の病気、というイメージがありますが、実は若年での発症患者数が今、ますます増えてきている危険な病気なのです。

脳梗塞ってどんな病気?

脳梗塞は脳の血管がつまって起きる病気。高齢者に多い病気と思われがちですが、現代では若くして発症するケースが増えてきています。記憶に新しいところでは、2002年にミスター・チルドレンのボーカル桜井和寿さんが32歳で、昨年にはアナウンサーの大橋未渉さんが34歳という若さで発症しています。
その原因はさまざまですが、脂質異常症や糖尿病など、生活習慣病が原因になることが少なくありません。また、それらが原因で発症する一般的な脳梗塞とは別に、50歳以下で、首や脳に強い衝撃を受けたり、血管や血液に先天的な疾患があったりすることで起こる「若年性脳梗塞」というものもあります。

発症のサイン(前兆)とは?

一般的な脳梗塞では、多くの場合において発症の前兆が見られます。もちろん個人差はありますが、脳梗塞と診断されたあとで「そういえばあのとき、なにかおかしいと思った」ということがよく聞かれます。たとえば、歌手の西城秀樹さんは、48歳で最初に発症したとき、「鏡に映った自分の顔が歪んでみえた」、前述の桜井さんの場合は、「携帯電話の操作がしづらくなった」といいます。また、大橋アナウンサーは、夜、顔を洗っているときに左手が動かなくなり、その場に倒れこんだそうです。
代表的な症状として挙げられるのは、目がかすむ、ものが二重に見える、顔や手足の片側がしびれる、足がふらつく、転びやすくなる、ろれつが回らない、一時的に言葉が出なくなる、相手の言うことが理解できない、といった症状。若年性脳梗塞では、これらの一般的な脳梗塞の前兆に加え、頭や首に痛みを感じることが多いといわれています。

若者の脳梗塞 :発作が一時的でも病院へ!

発作によっては少し時間が経てば症状がおさまることがあるため、おかしいなと思っても病院へ行かないという人がみられます。しかし、こういった一過性の発作を放置しておくと、本格的な発症につながる確率が高まります。脳梗塞は発見が遅れると、重い後遺症が残ったり、最悪のケースでは死にいたったりすることもある病気ですが、前兆に気づいた段階で対処すれば、大事にいたらないようにすることが可能。大橋アナウンサーのように、倒れてもすぐさま病院へ搬送されたことで後遺症が残らなかったケースも多々あります。
自身だけでなく、一緒にいる家族や友人が、いつもと何か違う、おかしいなと思ったら、すぐに病院に行くことを心がけてください。

【脳】

無くならない交通事故、その原因は「錯覚」にあった…?

見通しのよい交差点で車同士が出会い頭に衝突。 この種の「田園型事故」では、運転手の多くが「相手の車に気づかなかった」と述べているとのこと。 視界を遮るものがないのに、なぜ近づいてくる車に気づかないので...

2016/02/24 12:30掲載

脳震盪後症候群の危険性 …大リーグ・青木選手のケース

脳震盪後症候群の危険性 は意外に知られていません。 米大リーグ、ジャイアンツの青木宣親選手は9日、カブス戦で頭部に死球を受けて途中交代しました。12日、青木選手は2試合ぶりの先発出場を果たしますが、試...

2015/08/15 10:40掲載

脳が原因 で学校に通えないことがある!?

脳が原因 で不登校になることがあるそうです。学校教育の現場で大きな問題のひとつとなっている不登校。かつてはいじめなどの外的な要因で不登校になることが主でしたが、最近では一見何の理由もないのに無気力にな...

2015/08/05 13:08掲載

脳震盪の危険性 …転倒やバンジージャンプに注意

脳震盪の危険性 を確認しておきましょう。お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さん(33)が、フジテレビの放送番組「FNS27時間テレビ2015」のなかで、バンジージャンプに挑戦していましたが、ドクター...

2015/07/27 16:36掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

うつ病からの回復のポイントは「家族」

執筆:Mocosuku編集部 監修:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 「うつ」や「統合失調症」の回復には、周りの人たち、特に家族の対応の仕方が大きく影響します。 日本でのうつ病患者は100万人を超...

自分でできる「歯を白くする方法」と「白さを保つ方法」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 輝く白い歯は誰しもが憧れるもの。口元の美しさは笑顔に自信を与え、表情もパッと明るくなりますね。 一方で歯は白くしたいけど、歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのは治療や...

気がついたら爪の色が変わってる! どうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんの爪の色は、何色をしていますか? 健康な爪の色は薄いピンク色をしていますが、もし、変色していたら? とくに問題のないものから、なか...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「うつ病診断」は一人でできる? 9つの症状を要チェック

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 厚生労働省の「患者調査」によると、うつ病や双極性障害といった、抑うつ気分を症状にもつ患者数は近年増加していて、2014年には11...

お酒の強さは「飲めば鍛えられる」 これホント?

執筆:吉村 佑奈(よしむら・ゆうな) 医療監修:株式会社とらうべ 新人歓迎会があったり、花見があったりと、何かとお酒を飲む機会が増える春。 大勢で集まってお酒を飲むと、しばしば話題になるのが「お酒の強...

関連サイト

ラクナ梗塞

ラクナ梗塞とは脳梗塞の約50%を占める日本人に一番多いタイプの脳梗塞です。当サイトでは、ラクナ梗塞の原因、症状、治療について説明します。