カンジダ膣炎

Mocosuku(もこすく)
  • カンジダ膣炎

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

カンジダ膣炎

女性の5人に1人がかかるといわれ、決して珍しい病気ではないカンジダ膣炎。デリケートな部分の病気なだけあり、「性行為はしてもいいの?」「きちんと治るの?」「将来は妊娠できるの?」などと不安になってしまう人も多いでしょう。 ここでは、カンジダ膣炎の原因や症状、性行為や妊娠との関係、治療法について徹底的に解説します。

※ここでは「カンジダ膣炎」と表記していますが、膣カンジダ症、性器カンジダ症などと呼ばれることもあります。また、「カンジタ」と誤解している人も多いですが、正しくは「カンジダ」です。

カンジダ膣炎の原因

カンジダ膣炎は、カンジダ菌という常在菌でカビの一種が膣内で炎症を起こす病気です。原因は、性行為などによる感染と、体調不良や薬の服用によるものとに分けられます。カンジダ膣炎は一度かかると再発しやすいと言われていますが、免疫力の低下や妊娠中には特にかかりやすくなります。カンジダ膣炎になりやすいのはどのような人なのでしょうか?ピルや抗生物質がカンジダ膣炎を引き起こす原因になり得るのは本当なのでしょうか?また、パートナーとの入浴や性行為は行ってもいいのでしょうか?

詳細は【 カンジダ膣炎の原因 】なりやすいのはどんな人? をご覧ください。

カンジダ膣炎の症状

カンジダ膣炎の症状は、目に見えてわかるおりものの異常と、かゆみやいたみなどの体感的なもののふたつに分けられます。おりものは、酒粕状に白くぽろぽろとしていることが多く、カッテージチーズやヨーグルトにたとえられることもあります。症状がひどい場合は眠れないこともあります。初期のかゆみやなおりかけの症状にはどのようなものがあるのでしょうか?また、カンジダ膣炎の症状を放置しておくとどうなるのでしょうか?膀胱炎や糖尿病になるとカンジダ膣炎になりやすいと言われるのは本当なのでしょうか?

詳細は【 カンジダ膣炎の症状 】おりもののかゆみや特徴とは? をご覧ください。

カンジダ膣炎と性行為

カンジダ膣炎中に性行為を行うと、パートナーに感染してしまう恐れがあります。そのため、塗り薬や膣錠などの薬を使い治療に専念している人も多いでしょう。カンジダ膣炎の治療中には性行為を行ってもいいのでしょうか?また、薬を服用している間は感染しないのでしょうか?カンジダ膣炎にかかったときに覚えておくべきことにはどのようなものがあるのでしょうか?

詳細は【 カンジダ膣炎と性行為 】パートナーとのセックスはNG? をご覧ください。

カンジダ膣炎と妊娠

妊娠中にカンジダ膣炎にかかり、慌てることもあるでしょう。特に、妊婦はお腹のなかで赤ちゃんを育てるために免疫力が低下しています。そのため通常よりもカンジダ膣炎になりやすいのです。とはいえ、カンジダ膣炎を治療するために服用する薬が、子どもへの影響がないか不安になりますよね。妊娠前期や妊娠中期、妊娠後期や治療中にはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか?また、放っておいて自然治癒する可能性はあるのでしょうか?

詳細は【 カンジダ膣炎と妊娠 】赤ちゃんにはどんな影響があるの? をご覧ください。

カンジダ膣炎の治療

女性の発症率が高いカンジダ膣炎。決して珍しい病気ではないですが、再発率が高いため、きちんと治療することが大切です。カンジダ膣炎を予防する食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか?また、自宅で治療できるのか、飲み薬や塗り薬などの市販薬はあるのかも気になるところです。どれくらいの期間で完治するのでしょうか?

詳細は【 カンジダ膣炎の治療 】自然治癒や市販薬で治せる? をご覧ください。

【カンジダ膣炎】

カンジダ膣炎にかかったまま赤ちゃんを産むとどうなるの?

外陰部の強いかゆみに、おりものの異常。妊娠中にカンジダ膣炎にかかってしまうと、不安な気持ちになりますよね。「赤ちゃんへの影響は大丈夫?」「無事に出産できるの?」などと心配になっている人も多いでしょう。...

2016/01/31 21:30掲載

女性の5人に1人が発症する「カンジダ膣炎」は放っておいても治るの?

酒粕状のおりものがみられ、強いかゆみを生じるカンジダ膣炎。一度かかると再発することも多く、女性の5人に1人が発症するといわれる珍しくない病気です。なかには「市販薬で治したい」「自然治癒させたい」などと...

2016/01/30 18:30掲載

カッテージチーズ状のポロポロとしたおりもの…これって何かの病気なの?

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) デリケートゾーンの悩みはなかなか人に相談できないもの。 人と比べることがないからこそ、一...

2016/01/28 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...