認知症

Mocosuku(もこすく)
  • 認知症

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

認知症について

長く続く高齢化社会に伴って、認知症 患者の数が増加しています。少し前のデータでは65才以上の高齢者10人に1人が認知症 とされており、現在ではこれを上回っていると考えられます。ここでは認知症について簡単に解説します。

認知症 とはどんな症状?

患者数の年齢層から見ても、認知症と言うと加齢による物忘れと混同されがちですが、認知症の直接の原因は脳の神経細胞が減ってしまうことで起こりますから、単なる加齢による物忘れとは全く別のものです。そして、その症状にも違いがあります。

例えば、加齢による物忘れでは朝ご飯を食べたこと自体は覚えていますが、何を食べたかを忘れることがあります。これに対し、認知症は朝ごはんを食べたこと自体を覚えていません。
つまり、体験したことの一部だけを忘れる物忘れに対し、認知症は体験したことそれ自体を忘れてしまうのです。また、加齢による物忘れの場合は自分が物忘れをするという自覚がありますが、認知症は自覚がありません。

認知症 には「中核症状」と「行動・心理症状」がある

他にも、認知症には特有の症状があります。それは脳の細胞が失われることによる直接の症状である「中核症状」と、本人の性格や環境、人間関係などの要因が絡み合って生じる「行動・心理症状」です。 「中核症状」では、前述の通りついさっき体験したこと自体を覚えていなかったり、症状が進むと以前覚えていたことさえも忘れてしまう記憶障害の他、時間や季節の感覚・自分の年齢や家族の生死に関する記憶などが失われる見当識障害、2種類の料理を並行して進められないなど自分で計画を立てられない・予想外の変化に対応できないなどの実行機能障害などが現われます。
一方、行動・心理症状にはそれぞれの性格や環境が関係するため一概には言えませんが、例えばうつ状態になったり「嫁が自分の財産を狙っている」といったような不安や妄想、そして徘徊などの症状が見られるようになります。これらの症状が見られると、介護する家族にとっては心理的な負担がより重くなるでしょう。

認知症 の兆候とは?

しかし、認知症は早めに兆候に気づいて対処することで、その進行を遅らせたり、症状を改善させたりすることが可能です。
まずは認知症の兆候がないかを観察しましょう。例えば、同じことを何度も言ったり聞いたりする、物や人の名前が出てこない、探し物が多くなった、日付や曜日が分からない、勘違いや誤解が多くなった、被害妄想気味になる、身だしなみに気を遣わなくなる、ぼんやりしていることが多くなる、などといった兆候が見られたなら、認知症の初期段階かもしれません。
気づいた時点で早めに専門家に相談しましょう。

【認知症】

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

2017/03/20 18:30掲載

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

2016/12/27 21:30掲載

アルツハイマー予防に効く飲み物

執筆:Mocosuku編集部 アルツハイマー型認知症は若年発症型と高齢者が発症する通常型に分かれ、その多くを占める通常型は60歳以上の高齢者に発症します。 記憶、思考、行動に問題を起こす脳の病気です。...

2016/10/14 21:30掲載

認知症の予防には「恋愛がイイ」という話し

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 中高年以上、アラフォー、アラフィフの恋愛には認知症を予防する効果があるといわれています。...

2016/08/20 21:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...