依存症

Mocosuku(もこすく)
  • 依存症

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

誰でも陥るリスクがある依存症とは

糖尿病の患者さんがインシュリンに頼る、狭心症の患者さんはニトログリセリンを手放せないといったように、何かに「依存」することは病人に限らず多々あることです。 しかし、何かに依存することで、身体も心も生活も困ったことになると「 依存症 」という病気とされます。変わった性格の人がなるとか、弱い人間が陥るといった偏見もありますが、実は、誰にでもなりうる「ゆがんだ生き方」と言えるのではないでしょうか。

依存症 の6つの要件

ある物事に夢中になり、繰り返し快感を追い求めるうちに自分自身のコントロールが利かなくなり、やがて、その刺激がないと身体も心も不快を感じる状態に陥る、というのが依存症です。国際的な 依存症 の診断基準は、次の6つです。

1.対象への強烈な欲求や、しないではいられない感がある
2.禁断症状(止められない=離脱症状)がある
3.依存対象に接する時間や量をコントロールできない
4.依存対象に接する頻度や量が増えていく
5.依存のために仕事や娯楽などを無視、または制限する
6.心や身体に悪いことを知っていても続ける


「ハマる」の病理、 依存症 のキーワード;中毒・アディクション(嗜癖)・乱用

かつて 依存症 は「~中毒」と呼ばれていました。今では「中毒」は、依存の結果、心身に起こる害のことを指します。 それに対して、欲しくてたまらない気持ちや繰り返される悪い癖は「アディクション(嗜癖)」と呼ばれます。俗にいう「ハマる」は、夢中になる、熱中するという意味で、アディクションと似ています。 また、 依存症 の場合、医師の指示の何倍もの睡眠薬を服用したとか、体調が悪いにも関わらず飲酒しているなど、状況に対して不適切な使用・行為をする「乱用」も特徴です。 結果として、身体と心だけでなく、社会生活、経済生活、人間関係が破たんしていきます。ここが、単に「ハマる」こととの大きな違いです。

3種類の 依存症

依存症 には特定の対象があります。大きく分けるとクスリ系の「物質依存症」とそれ以外で、3つのカテゴリーが認知されています。

1.物質依存:アルコール、タバコ(ニコチン)、薬物、食べ物など
2.プロセス依存:ギャンブル、インターネット、ゲーム、セックス、買い物、仕事など
3.人間関係依存:恋愛、カルト宗教、DV・虐待など


依存症 のメカニズム;神経伝達物質「ドーパミン」と報酬系

楽しい、面白い、うれしい、幸せなど「快楽」は、頑張っている自分へのご褒美として、お金や名誉とともに、私たちの活動を動機づける要因です。脳科学の発達で、「快楽」にはドーパミンという神経伝達物質が関与し、「報酬系」と呼ばれる神経回路を介して、頑張って何かを達成することへの快楽を感じさせていることがわかってきました。 ドーパミンが大量に分泌されると、興奮状態になる、ある種の行動がやめられなくなる、幻覚・妄想を抱くなどが起こります。逆に不足すると、無気力になる、手足が震えるなどが起こります。 依存症 の場合、物質依存にもそれ以外にも共通して、依存対象に接している時にドーパミンが分泌されていることがわかってきました。

遺伝か環境か?

物質依存、特にアルコールについては遺伝性の強いことが実証されています。しかし、依存症全体については、育った環境や培われた価値観、日常生活や人間関係といった環境要因も、その発症に大きく関わっています。

●執筆者プロフィール:山本恵一(やまもと・よしかず) メンタルヘルスライター。立教大学大学院博士課程修了、元東京国際大学心理学教授。保健・衛生コンサルタントや妊娠・育児コンサルタント、企業・医療機関向けヘルスケアサービスなどを提供する株式会社とらうべ 副社長

【依存症】

日本はすでにギャンブル大国? 「ギャンブル依存症」について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2016年12月15日、カジノを中心とする統合型リゾート(IR)整備推進法が衆院本会議で可決されました。いわゆる「カジノ法」です...

2017/02/11 18:30掲載

金銭や物品目的ではない窃盗常習犯 「クレプトマニア」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ クレプトマニア(窃盗症) は「窃盗症」ですが、物やお金が欲しくて盗み、癖となる「盗癖」とは違います。盗むこと自体が目的となってし...

2016/12/29 21:30掲載

今夜もお酒のアナタヘ 「アルコール依存」は注意して

執筆:Mocosuku編集部 近年、依存症として大きな話題にもなった「アルコール依存」。 アルコール依存とは、飲酒したときに感じる昂揚(こうよう)感や幸せな気持ち、精神的苦痛からの解放感が忘れられずに...

2016/11/16 21:30掲載

「占い依存症」 こんな占いからなりやすい

執筆:阿佐木 ユウ(フリーライター) 「結婚する or しない」 「出産する or しない」 「正社員 or 派遣社員」 他にもまだまだ出てくる、女性の人生の選択肢。 さまざまな場面での選択肢が多様化...

2016/10/16 21:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...