ダイエット

Mocosuku(もこすく)
  • ダイエット

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

まだ間に合う!健康的にダイエット

新年を迎えて、「今年こそは!」とダイエットの決意を固める人も多いこの時期。しかし、株式会社ディーエイチシーがおこなった「2015年のダイエットに関する意識・実態調査」によると、女性のダイエット成功率は平均50%程度とのこと。また、ダイエットの成功には、その期間や目標設定が関係していることもわかりました。ダイエットが成功しない ワケについてみていきましょう。

ダイエットが成功しない 女性のダイエット成功率は約50%

この調査では「2015年にダイエットをしよう」と考えている20代~40代の女性500名を対象にアンケートを実施しました。 まず、「ダイエットを始めようと思った理由」を複数回答形式でたずねたところ、最も多かったのが「健康のため」(61%)という回答。次点には「女性からキレイに見られたいから」(39%)が続き、「自分を変えたいから」と「着たい服があるから」が37%の同率で並びました。 このように、ダイエットは何かきっかけがあって始める人がほとんどですが、最初の意気込みは続かずに、「来年こそ」とあきらめてしまう人もいます。今回の調査でも「これまでのダイエットの成功率」を聞いています。最も多かった回答は「50%以上60%未満」(24%)で、次点は「40%以上50%未満」(12%)。その平均値も「51.3%」で、女性のダイエット成功率は50%前後にとどまっていることがわかりました。

ダイエットが成功しない 成功しているのは「短期集中型」のダイエット?

何kgやせるかという数字はもちろん、「結婚式までに」「薄着になる夏までに」など、いつまで、という期日を決めている人も多いことでしょう。みなさんはダイエットの目標数値をどのくらいに設定しているのでしょうか? アンケートによると、2015年に行おうとしているダイエットの「目標の体重」は、平均して「現状より-5.5kg」という回答でした。 さらにその「ダイエットにかけようと思っている期間」は「2~3か月」(29%)、「5~6か月」(21%)という回答が多い結果となりました。 実は、こうしたダイエットの目標設定や期間も、成功率に影響しているようです。というのも、ダイエットの成功率が高い人と低い人では、ダイエットの目標数値に違いが見られたからです。 ダイエットの成功率が「60%以上」答えた人たちの「目標の体重」の平均値は「現状より-4.5kg」、「ダイエット期間」は「2~3か月」という回答が最多でした。一方、ダイエットの成功率が「40%未満」と答えた人たちの「目標の体重」は「現状より-7.3kg」とより大きく、「ダイエット期間」は「5~6か月」とより長期間の予定を立てていることがわかりました。 この調査では、短期集中型で行うダイエットのほうが成功率がいいという結果ですが、「急激なダイエット」は身体によくありませんし、じっくり時間をかけてやせるほうがリバウンドしにくい、とも言われています。 目標減量値が大きく期間が長いダイエットが成功しにくい理由は、誘惑を断つ「気持ち」が長続きしないということにありそうです。

ダイエット最大の敵は「食欲」  開始3~5日後がいちばんツラい

ダイエットにはいろいろな方法がありますが、運動や食事制限など、それまでの生活とは異なる「変化」がともないます。

そこで、「辛くなってくるタイミング」という質問をしてみたところ、もっとも多かったのが「開始3~5日後」(35%)、続いて「開始2~3週間後」(23%)、「開始1週間後」(20%)という回答となりました。ダイエット期間を長く設定した人は、当然この「辛い」期間も長くなってしまうのです。 また、「ダイエットの最大の敵は何だと思いますか?」という複数回答形式の質問では、ダイエットの成功率に関わらず、最も多かった回答は「食欲」(39%)でした。 「食べたい」という気持ちを辛さに結び付けてしまうのか、上手にコントロールするのか、そこにダイエットの分かれ目があるようです。

[調査概要]
調査名:2015年のダイエットに関する意識・実態調査
調査期間:2014年12月16日(火)~12月19日(金)
調査対象:「2015年にダイエットをしよう」と考えている20代~40代の女性500名
調査方法:インターネット調査

【ダイエット】

脂肪燃焼効果を高める! オススメ食材・飲料組み合わせ

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットをしよう!」と思い立ったときに、まずは食事を減らすという方も多いでしょう。 しかし、効率よく脂肪を燃やすためには、動くことと同...

2017/03/28 18:30掲載

太りやすい体質を改善! NGな生活習慣はこの5つ

執筆:井上 愛子(助産師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病をひきおこす原因として注目されている肥満。 健康やスタイル維持のためにダイエットに励む人も多いことでしょう。 「太らないように...

2017/01/29 21:30掲載

「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「小腹が空いた」という言葉をよく聞きますが、小腹とはいったいどんなものなのでしょうか。 また、ダイエット中の小腹の対処法に良いコトないのでし...

2017/01/26 18:30掲載

「カラ~イ食べ物」はダイエットに向いている?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士・健康運動指導士・フードスペシャリスト) 医療監修:株式会社とらうべ 辛い食べ物は「代謝を促進してダイエット効果がある」というイメージを持っている方も多いのではないでしょう...

2017/01/20 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症にはコレ!管理栄養士がすすめる食べ物・飲み物7選

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 3月に入り花粉症の季節になりました。 目のかゆみや鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、管理栄養士がおすすめする花粉症の方におすすめの食...

出てない? でも鼻毛を抜いてはいけません

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛を指します。 他の体毛と同じように男性...

快適に1日を送るための「朝食メニュー」を管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 近年は「朝食ブーム」と言われています。1日中朝食メニューを出しているカフェなども増えてきましたね。 しかし、朝食にも和食・洋食などさまざま。一体どのようなメニューが良い...

関連サイト

ダイエット朝ごはん

ダイエット中の朝ごはんはどうあるべきでしょうか?当サイトでは、ダイエット中の朝ごはんの内容について、注意すべき点を説明します。

体脂肪減らす

体脂肪を減らす方法としては、食事管理、筋トレ、有酸素運動等があります。当サイトでは、体脂肪を減らす方法について説明します。

体脂肪率平均

体脂肪率の平均値については、性別、年齢別で考える必要があります。当サイトでは、体脂肪率の平均について、詳しく見ていきます。

体脂肪率理想

体脂肪率の理想値は、年齢や性別によって異なります。体脂肪は健康維持に重要な役割があり、体脂肪率が適正値であることは、重要です。当サイトでは体脂肪率の理想値について説明します。

体脂肪率計算

体脂肪率とは、体重における脂肪のパーセンテージです。体脂肪率はどのように計算するのでしょう。また何を意味していて、どう活用すればよいのでしょう。当サイトでは、体脂肪率の計算に関連したトピックスを取り上げます。