むくみ

Mocosuku(もこすく)
  • むくみ

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

むくみに気をつけよう

足のむくみの傾向と対策 について考えてみましょう。 足のむくみ に悩まされたことのない女性はほとんどいないのではないでしょうか。特にオフィスで座りっぱなしの仕事をしている女性にとっては、会社終わりに、靴がきつくなったり、場合によっては入らなくなってしまうなどということはないでしょうか?また夏場、冷房が入りっぱなしのところにずっといると、体が冷え切ってしまい、むくみがひどくなる人も。ここでは、足のむくみの症状ついて簡単に解説します。

女性の半数が足のむくみ持ち!

男性よりも女性に圧倒的に多い悩みが足のむくみです。特に、夕方になると朝は何ともなかったのに、靴やブーツがきつくなったり場合によっては入らなくなってしまうなどということはないでしょうか。また、ストッキングや靴下がくい込んで、かなり跡になってしまうことはありませんか?実はこれ、典型的な足のむくみの症状であると言われています。ただ、あまり心配するようなものではないことがほとんどで、一過性の症状が大半ですから、翌日には元に戻っていたり入浴の際にマッサージなどをすることで、足のむくみを改善することができます。また、足が重い、痛いといったものも足のむくみの症状の一つです。人それぞれ体調も違えば生活スタイルも違いますので、同じむくみでも症状が異なることはよくあります。

朝方の足もむくんでいる!

ただ、夕方のみならず朝方にもむくみが見られることがあると言うことを知っているでしょうか。朝起きてから1時間ないし2時間ほどでむくみが取れれば問題はありませんが、2時間を経過しても、足がパンパンにむくんでいたり、体全体がむくみの症状が出ている時は、体の中の水分のコントロールが上手にできていないためにむくみの症状が出てしまっている可能性が高くなります。体の中の水分とリンパの流れはとても密接な関係にあるとされていて、疲れていたり寒かったり、ストレスにさらされていたり心身的な影響を受けることでリンパの流れが滞り、正常に代謝できなくなってしまうと、体の中の余分な水分や老廃物が排出されなくなって、足のみならず体全体がむくんでしまうことがあるのです。

足のむくみの傾向と対策 :病気が隠れていることも

もちろん、一過性の場合がほとんどだとは述べましたが、中には病気などが隠れていることでむくみの症状がでてしまっていることもあります。ですので、ただ単に疲れが溜まっていてむくんでいる、立ちっぱなしで靴がきつくなったと楽観視しないようにしたいものです。それでは、自身の足が本当にむくんでいるのか、またむくみやすいかどうかを簡単にチェックできる方法をご紹介しましょう。足首の少し上あたりを指で30秒ほど押してみましょう。そして指を離したときに指のあとがくっきりとくぼみ、その状態がしばらく残っていれば、それは足はもちろんのこと体全体がむくんでいるということになります。

【むくみ】

また、むくんでる…「顔のむくみ」原因と対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 朝起きたら、顔がむくんでいるということはよくあることですね。 なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。 「いつものことだから」と思っていて...

2016/11/29 12:00掲載

足のむくみが気になったら、こんな病気の可能性も!

執筆:Mocosuku編集部 監修:長江 恒幸(医師、都庁前血管外科・循環器内科院長) 脚のむくみといえば、多くの女性が抱えている悩みのひとつ。 日常的にむくみを感じている20〜40代の女性のうち、1...

2016/03/29 12:00掲載

夕方になると、どうして足がダルいの?

執筆者:南部洋子(看護師) 監修医:坂本忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「足がだるいので動く気がしない、億劫になる」という人は多いと思います。女性のおよそ80%が...

2016/03/07 12:30掲載

夏のむくみ対策 …代謝が悪いと水太りに?

執筆:磯部尚美(ハーバルセラピスト) 夏のむくみ対策 について考えてみましょう。 ジメジメと湿気が多く暑い日は、つい冷たい飲み物を飲んでしまいますよね。さらに、冷房による冷えで血行も悪くなりがちに…。...

2015/07/16 18:22掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...