子宮内膜症

Mocosuku(もこすく)
  • 子宮内膜症

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

悩ましい子宮内膜症の気になる症状、治療方法等

生理痛と子宮内膜症 には密接な関係があります。子宮内膜症の主な症状は、“痛み”で、最も代表的なものが強い生理痛です。ある調査では、子宮内膜症のおよそ90%の人が強い生理痛を感じている、というデータがあります。子宮内膜症の最新情報、気になる症状、妊娠との関係についてチェックしておきましょう!

どんな病気?

子宮の内側にある内膜の組織が、子宮以外のところで増えていく、進行性の病気です。月経のたびに炎症や出血をくり返したり、周りの臓器に癒着(くっ付いてしまうこと)することがあります。

なりやすい人

月経がある人の10~15%にあるといわれています。現在は10人に1人は子宮内膜症があるといわれ、エストロゲン(=女性ホルモン)の分泌が特に多い、20~40歳代の人には特に多くみられます。
子宮内膜症は、月経を繰り返しながら進行するので、妊娠・出産で月経がなくなると一時的に軽くなります。ですので、出産経験のない人は、たくさん子どもを生んだ人よりも月経の回数が多い(月経をお休みする期間がない)ため、子宮内膜症になりやすいといわれています。

生理痛と子宮内膜症

主な症状は月経痛です。子宮内膜症が進行するほど症状は重くなります。その他にも、月経時の腰痛、排便痛、性交痛といった痛みや、過多月経や不正出血、腹痛・下血・便秘・下痢といった消化器症状、頻尿や血尿といった尿路症状などもあります。中でも問題となるのは、卵管の動きが悪い、排卵障害を起こす、といった症状です。

調べ方(健診方法)

まずは問診。これまでの病歴や初経年齢と最終月経、月経時の腹痛や性交痛、妊娠・出産歴の他、不妊の状態(避妊をしていなくてもどれくらいの期間妊娠しないか)などについて聞かれます。

治療方法(手術・化学療法)

子宮内膜症は命に関わる病気ではありませんので、鎮痛剤などで月経痛を和らげるだけのこともあります。ですが、月経がある限り悪化します。また、妊娠を希望しているか、時期としては今すぐなのか数年先なのか、こういった年齢や背景によっても変わってきます。主治医と相談して、自分に合った治療法を選びましょう。

【子宮内膜症】

その痛みは病気のサインかも。生理痛、放置していませんか?

執筆:座波 朝香(助産師、看護師) 医療監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 生理にまつわる悩みを抱えている女性は決して少なくありません。なかでも、生理痛に...

2016/12/23 21:30掲載

その生理痛、大丈夫?子宮内膜症を見逃さないために覚えておくべきこと

執筆:Mocosuku編集部 監修:太田 郁子(医学博士) 「下腹部に鈍痛があって立っているのも辛い」「頭が痛くて仕事に集中できない」…。 そんな毎月の生理痛に悩まされている女性は少なくありません。 ...

2016/11/17 21:30掲載

25歳女子の10人に6人が… 自分のカラダ、わかっていますか?

執筆:渡邉優希(医療ライター) 監修:太田郁子(医学博士) 生理がやってくると、生理痛や吐き気、頭痛、疲労、脱力感などに悩まされる人も多いのではないでしょうか。こうした症状のことを“月経困難症”といい...

2016/04/12 21:00掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

肉や魚を食べない「ベジタリアン」 本当に健康的?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 新しい年を迎えて心機一転。 「今年はもっと健康的な生活を送ろう!」 そう決意した方もいるかもしれません。 先日あるTV番組で「ベジタリアン...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

5月12日は「慢性疲労症候群」世界啓発デー、どういう病気かご存じですか。

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「慢性疲労症候群」という名前を聞いたことはありますか? 「慢性的な疲労なら、だれにだってあるでしょう?」と思われるかもしれません...

「規則正しい食生活」とは具体的にどういうことなの?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 健康の為に必要とされている「規則正しい食生活」。 わかっていても、具体的にどんなことに気をつけたらよいかはわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は...

知らないと損? こんなにも嬉しい「豆乳」のチカラ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によい食材のイメージが強い豆乳。 女性によいイメージがあっても、一体どんな成分が体に嬉しいのか実はあまり知られていません。 そこで豆乳のどんな成分が体に嬉しいのか解説...

関連サイト

チョコレート嚢胞

チョコレート嚢胞とは、卵巣内部に起きる子宮内膜症のことで、病巣に溜まった血液がチョコレートのように黒っぽくなります。当サイトでは、チョコレート嚢胞の原因、症状、治療について説明します。