こころの相談室

Mocosuku(もこすく)
  • こころの相談室

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

『こころの相談室』

経験豊かな臨床心理士であり、神奈川大学教授である杉山崇先生が、皆さんの心の悩みにお答えします。
<杉山崇先生プロフィール>こころの相談室 杉山崇先生
杉山 崇
神奈川大学人間科学部/大学院人間科学研究科教授。心理相談センター所長、教育支援センター副所長。臨床心理士、一級キャリアコンサルティング技能士、公益社団法人日本心理学会代議員。

【こころの相談室】

【こころの相談室】就職活動をしていますが、やりたいことが見つかりません。どうやって職種を決めればいいでしょうか?

「自分にできるか」ではなく「何をして生きると幸せか」を考える 「やりたいことを見つけろ」とよく言われますが、難しいこともあります。 若い人の場合、これがむつかしい理由は大きくは二つのようです。 一つは...

2016/01/22 11:10掲載

【こころの相談室】就職先が決まらなくて絶望しています。自分は社会に必要とされていないのでしょうか?

頑張りすぎて疲れているのかも 就活で落ち続けると気が滅入ります。 間接的にですが「お前はいらない」「本社では無価値だ」と言われ続けているわけですから、自分の存在価値を疑ってしまいます。 あなたが落ちた...

2016/01/22 11:07掲載

【こころの相談室】内定をもらいましたが、春から働き始めるのが不安で仕方ありません。どうすればいいでしょうか?

まずは「嫌われる勇気」をもつこと 「上司が怖い人だったら…、ブラック企業だったら…」という不安を持っていませんか? 人の大半は無意識的に「同調」と「服従」をするように作られています。 そこで、まずは上...

2016/01/22 11:03掲載

【こころの相談室】得意なことがない場合、就活でどうやって自己アピールをすればいいですか?

やみくもな自己アピールは無意味 就活のプロセスは自己理解→仕事理解→職業的啓発体験…というプロセスでよく語られます。 そのため、一部では闇雲に自己アピールを考えさせる就活指導が行われているようです。 ...

2016/01/22 10:59掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...