心臓

Mocosuku(もこすく)
  • 心臓

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

心臓の病気とその原因、症状、治療等について説明します。

心臓は,血液を送り出す重要な役割です。左胸に位置し、大きさはこぶし大,重さは成人で約 300gで,左右の2部、心房、心室からなります。心筋梗塞、不整脈等、心臓に関わる病気は多く、多岐に渡ります。当カテゴリーでは、心臓に関わる病気とその原因、症状、治療等について説明します。

【心臓】

「突然死」はいきなりやってくる… 原因や予防法は?

執筆:井上 愛子(保健師・看護師) これまで普通に働いていた人が突然亡くなった… ある日、何の前触れもなく訪れる突然死。そこにはどのような原因があるのでしょうか。 「健康そうに見えたのに…」 そんな人...

2016/11/12 18:30掲載

「長時間労働」と「心臓病」には深い関係があった?

執筆:斉藤雅幸(Mocosuku編集部) 監修:樋口二三男(医学博士、とらうべ顧問産業医) 「今日も残業だ…」 そんなあなたには、長時間労働による健康面への影響が心配されます。 一般的には時間外労働が...

2016/04/11 21:00掲載

死に至る子どもの心臓病、国内初承認の「補助人工心臓 」への期待高まる

治癒を期待できる手段が心臓移植しかない重症の心不全があります。しかし、ドナーの提供がなければ心臓移植を受けることができないため、待っている間に亡くなってしまうケースも少なくありません。補助人工心臓 は...

2015/09/02 16:27掲載

狭心症の再発防止 …「心臓リハビリテーション」とは?

狭心症の再発防止 には何が必要なのでしょうか。「初代タイガーマスク」として知られる佐山サトルさんは今年5月、「狭心症」と診断され手術を行いました。術後の経過は順調で、驚異的な回復力が周囲を驚かせている...

2015/08/05 14:42掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

関連サイト

動悸原因

動悸がする原因は、過剰な興奮や緊張等に加え、様々な病気により生じる場合もあり注意が必要です。当サイトでは、動悸の原因について説明します。