心臓

Mocosuku(もこすく)
  • 心臓

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

心臓の病気とその原因、症状、治療等について説明します。

心臓は,血液を送り出す重要な役割です。左胸に位置し、大きさはこぶし大,重さは成人で約 300gで,左右の2部、心房、心室からなります。心筋梗塞、不整脈等、心臓に関わる病気は多く、多岐に渡ります。当カテゴリーでは、心臓に関わる病気とその原因、症状、治療等について説明します。

【心臓】

8月10日は「健康ハートの日」 心臓に優しくしていますか?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 8月10日は「健康ハートの日」。 ご存じでしたでしょうか? 1985年、日本心臓財団と厚生省(現:厚生労働省)が、こ...

2017/08/09 18:30掲載

「突然死」はいきなりやってくる… 原因や予防法は?

執筆:井上 愛子(保健師・看護師) これまで普通に働いていた人が突然亡くなった… ある日、何の前触れもなく訪れる突然死。そこにはどのような原因があるのでしょうか。 「健康そうに見えたのに…」 そんな人...

2016/11/12 18:30掲載

「長時間労働」と「心臓病」には深い関係があった?

執筆:斉藤雅幸(Mocosuku編集部) 監修:樋口二三男(医学博士、とらうべ顧問産業医) 「今日も残業だ…」 そんなあなたには、長時間労働による健康面への影響が心配されます。 一般的には時間外労働が...

2016/04/11 21:00掲載

死に至る子どもの心臓病、国内初承認の「補助人工心臓 」への期待高まる

治癒を期待できる手段が心臓移植しかない重症の心不全があります。しかし、ドナーの提供がなければ心臓移植を受けることができないため、待っている間に亡くなってしまうケースも少なくありません。補助人工心臓 は...

2015/09/02 16:27掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...