熱中症

Mocosuku(もこすく)
  • 熱中症

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

熱中症について知っておきたいこととは?



夏の暑い時期に気をつけたいことに、 日射病・熱射病・熱中症 があります。とても間違えやすい名前がついている病気ですが、それぞれどのように違うのでしょうか。ここでは、 日射病・熱射病・熱中症 について簡単に解説します。

 日射病・熱射病・熱中症 :日射病と熱射病の違い



日射病を予防するために、「帽子を被れ」といわれたことはありませんか? 日射病とは、頭部に強い直射日光を長時間浴びることで、体の中の水分が足りなくなるために引き起こされる症状です。また、夏場の暑い日に運動をしたり体を動かしたりすると大量に汗をかきます。急激に汗をかくと体内の水分は減少し、血液量が少なくなってしまいます。すると、送り出した血液に対して戻ってくる血液の量が過度に少なくなり、心臓が「空打ち」してしまいます。そうなると倦怠感や吐き気・頭痛などが生じ、最終的には意識障害を引き起こすのです。

熱射病は体温調節ができなくなることで引き起こされます。大量の汗をかくと水分だけでなく塩分も同時に排出されます。すると体温調節ができなくなってしまい、顔が青白くなって皮膚は冷たい状態になります。吐き気やめまいなどを伴う症状があることも特徴です。

 日射病・熱射病・熱中症 :熱中症、予防と対策について



そして熱中症はというと、これは日射病や熱射病などを総合して呼ぶ呼び名です。そのため、日射病も熱射病も熱中症の1種なのです。こうした症状はまずはきちんと予防をして対策を立てておくことが大切です。代表的な熱中症対策は水分補給です。夏場の暑い日は本人が気がついていなくてもどんどんと水分が奪われていっています。喉が渇いたと感じた時には、すでに相当な水分不足に陥っていますから、時間を決めるなどして定期的に水分補給をすることを心がけるべきです。

そしてその時に同時に行いたいのが塩分の補給です。水1リットルに対して1~2グラムの塩を入れておくのが有効です。外出先などでは塩分を補給できる飴などを活用するのも良い方法です。

 日射病・熱射病・熱中症 :服装にも工夫を!



また、服装を通気性の良い涼しいものにしておくというのも大切なことです。例えば麻素材のものは通気性に優れていますので夏の衣類としては最適です。仕事の関係上どうしてもスーツを着用しなければならないという場合であっても、タイミングを見計らってできるだけ薄着をして熱を逃すようにするべきです。我慢せずにエアコンや扇風機で室温を調節するということも重要です。冷やし過ぎは体に毒ですが、室温があまりにも高温になってしまうというのも良くありません。エアコンで除湿をすれば湿度を下げることもできますので、体への負担がぐっと低くなります。日射病や熱射病などの熱中症は誰でもなる可能性があります。そのため夏場は特にこまめな水分・塩分補給と衣類やエアコンによる温度調節が大切です。

【熱中症】

スポーツの秋こそ。正しい脱水症予防をご紹介

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士・公認スポーツドクター(日本オリンピック委員会強化スタッフ)) スポーツの秋、運動会の秋。運動やスポーツを楽しむ季節ですね。 しかしそんな秋の意外...

2016/10/07 18:30掲載

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

2016/07/28 18:30掲載

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

2016/07/11 18:30掲載

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

2016/07/02 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

うつ病からの回復のポイントは「家族」

執筆:Mocosuku編集部 監修:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 「うつ」や「統合失調症」の回復には、周りの人たち、特に家族の対応の仕方が大きく影響します。 日本でのうつ病患者は100万人を超...

自分でできる「歯を白くする方法」と「白さを保つ方法」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 輝く白い歯は誰しもが憧れるもの。口元の美しさは笑顔に自信を与え、表情もパッと明るくなりますね。 一方で歯は白くしたいけど、歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのは治療や...

気がついたら爪の色が変わってる! どうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんの爪の色は、何色をしていますか? 健康な爪の色は薄いピンク色をしていますが、もし、変色していたら? とくに問題のないものから、なか...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「うつ病診断」は一人でできる? 9つの症状を要チェック

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 厚生労働省の「患者調査」によると、うつ病や双極性障害といった、抑うつ気分を症状にもつ患者数は近年増加していて、2014年には11...

お酒の強さは「飲めば鍛えられる」 これホント?

執筆:吉村 佑奈(よしむら・ゆうな) 医療監修:株式会社とらうべ 新人歓迎会があったり、花見があったりと、何かとお酒を飲む機会が増える春。 大勢で集まってお酒を飲むと、しばしば話題になるのが「お酒の強...