インフルエンザ

Mocosuku(もこすく)
  • インフルエンザ

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

インフルエンザの予防や対策法はコチラ!

風邪の症状といえば、鼻水やくしゃみ、ノドの痛みや咳、頭痛などが一般的です。場合によっては、下痢や吐き気などを伴うもあります。しかし、こうした症状を持つ疾患は風邪だけではなく、同じような自覚症状が出る病気があります。ここでは、 風邪と似た症状 を伴う病気を紹介しましょう。

 

風邪と似た症状 : 同じ症状がずっと続くようなら要注意

風邪はウイルスが原因なので、ほとんどの場合、1週間くらい安静にしていれば自分自身の免疫力や抵抗力、体力などでウィルスを撃退できます。これはインフルエンザも同様です。しかし、別の病気の場合は、安静にしていても回復しないケースがあるのです。寝込んでしまうほどの重度の場合でも、日常生活を送れる程度の軽い症状でも、同じ症状が数週間も続いてしまうときは注意しましょう。風邪と思っていたのに、実際にはまったく別の疾患だったということもあり得ます。

 

風邪と似た症状 : 似たような症状で風邪とは違う病気とは?

では、風邪と症状が似ている疾患にはどのようなものがあるのでしょうか? 例えば、咳が長引く場合には、「百日咳」や「咳喘息」のほか、日本人に多い病気として「アトピー咳嗽」があります。目安として、3週間以上咳が長引くような時は風邪ではない可能性があります。他の症状が治まっても咳だけが長く続くようなら、医師に相談しましょう。 「花粉症」も風邪と間違いやすい病気のひとつです。鼻水やくしゃみのほか、倦怠感(だるさ)や微熱など、風邪によく似た症状が出ます。それまで花粉症と無縁だった人も、ある日突然発症することもあります。また、春先のスギ花粉以外のシーズンも、イネ科やキク科の植物など何らかの花粉が飛散しており、これらに対してアレルギー症状を起こしてしまうことがあり得るのです。風邪はウイルスが原因で起こるのに対して、花粉症はアレルギー物質(花粉)が原因で起こるため、症状が似ていても疾患としてはまったく別物です。くしゃみや鼻水などの諸症状が長く続くようなら、一度花粉症の検査を受けることを勧めします。

 

風邪と似た症状 : 風邪より重い感染症に要注意

咳や鼻水、微熱、頭痛といった風邪の症状が出ていても、程度がそれほどひどくない場合は、もう少し様子を見ようか放置してしまうこともあるかもしれません。しかし、微熱がずっと続いたり、微熱と一緒に湿疹などが出るような場合には、単なる風邪ではなく「細菌性肺炎」や「胸膜炎」といった細菌などによる感染症にかかっている可能性もあるので、早めに医師の診断を受けることが必要です。

【インフルエンザ】

今さら聞けない、インフルエンザの予備知識

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 毎年、冬の時期に流行するのが「インフルエンザ」。 このインフルエンザ、名前は広く知られていますが、実はあまり知られていない知識も多く存在しています。...

2016/12/19 18:30掲載

鼻にシュッとひと噴きでOK!? インフルエンザ対策「 鼻ワクチン 」って?

もうすぐやってくるインフルエンザの季節。流行にそなえてワクチンを予防接種する人も多いと思いますが、いま通常の注射とは異なる「 鼻ワクチン 」が注目されています。鼻の中にシュッと噴き付けるだけで効果抜群...

2015/09/20 14:46掲載

【 免疫力アップ !の栄養素とは】インフルエンザ・ワクチンの前に、知っておきたいこと

毎年のように風邪やインフルエンザにやられてしまう人がいる一方で、感染性の疾患が流行していてもいつでも元気で病気知らずという人もいます。これは、身体の抵抗力、すなわち免疫力が大きく影響しているからです。...

2015/08/30 18:44掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...