Mocosuku(もこすく)
  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

腸に関わる様々な話題をご紹介

腸内洗浄の効果 をご存知ですか。ダイエットにも美容にもいいと話題の「腸内洗浄」。文字通り、温水や洗浄液を腸内に注入して洗浄するもので、一度体験してみたいという人もいるのではないでしょうか。

「宿便」ってよく聞くけど?

実は、腸内洗浄の効果はよくわかっていない部分もたくさんあります。よく「こびりついた宿便が取れる」といううたい文句がありますが、そもそも医学用語に「宿便」という言葉はありません。腸内の壁(腸壁)は新陳代謝して日々はがれ落ちているものなので、「便が腸の壁にこびりつく」などということはあり得ないとされているからです。 ただし、便秘の人の便を洗い流す効果はあります。また、専用の液を腸内に入れて刺激することで、腸が活性化することも期待できるようです。

腸内洗浄の効果

最近では医療器機認定を受けた「腸内洗浄キット」が通販などで手軽に購入できます。しかし、腸内洗浄は本来、専門的な知識を持っている医師の判断と指示で、衛生的にも万全な状態で行なわれていたもの。正しく行わないと効果が得られないばかりか、ヘタをすると肛門や腸を傷つけてしまうこともあります。試したい人は、まずは専門のクリニックに相談するのがベストです。なお、多くの場合は女性専門のクリニックや、クリニックに併設されているサロン、エステサロンなどにコースが設定されています。しかも「腸内洗浄」ではなく「コロンセラピー」という名称にしているところが多いようです。

カウンセリングなども入れて1時間程度で終了

1回にかかる施術時間は、カウンセリングや着替えも入れてだいたい30分〜1時間程度が一般的。費用は1〜2万円程度ですが、エステ系サロンかクリニック系サロンかによって変わってきます。ただし、一度受けるだけでOKというところはすくなく、ほとんどのサロンでは「効果を持続させたいなら定期的に受けてください」と言われるようです。

自分の身体を見直すきっかけにしてみよう

腸内洗浄をした後は、「悪玉菌がなくなっているのはもちろんだが善玉菌もなくなっている」というのが通説になっています。ですから、サロンの多くは「施術後は油っぽい食事や糖分の多い食事・飲み物は控えて、乳酸菌を多く取りましょう」と指導します。実際に施術を受けた人に聞くと、「せっかく洗浄したんだから食べ物に気をつけようという気持ちになった」「発酵製品を積極的に取るようになった」という意見も。冒頭にも書いたように腸内洗浄の効果には不透明な部分が多いですが、でもそれをきっかけに食生活や排便のリズムについて考えるようになるなら、それもひとつのメリットといえるでしょう。「何をやっても便秘が治らない」という人は、自分の身体を見直すきっかけとして試すのもいいかもしれません。

【腸】

知っている人はケアしてる。 美容も健康も左右する「腸内フローラ」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 近年、腸に関する研究が進む中、「第二の脳」と言われるほど、腸が全身に影響を与える器官であるこ...

2017/04/18 18:30掲載

その“おなかのトラブル”は「腸の疲労」が原因かも

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 外食や飲み会の増える季節は食べ過ぎや飲みすぎが続いて、腸に負担がかかってしまいますね。 お酒を飲んだ翌日は下痢気味になる、睡眠不足が続く...

2017/01/22 21:30掲載

腸炎で緊急入院 することがあるって本当!?

腸炎で緊急入院 するケースがあることをご存知でしたか。女優の杏さん(29)が5日、腸炎により都内の病院に緊急入院したことが報じられました。入院期間は未定で、当面の仕事もキャンセルしたそうです。そう聞く...

2015/08/07 11:50掲載

やせすぎによる腸閉塞 …桂歌丸さんのケースを考える

やせすぎによる腸閉塞 について考えさせられる出来事がありました。落語家の桂歌丸さんは、入院先の病院で腸閉塞と診断され、退院のめどが立たない状況だといいます。桂歌丸さんは今月1日に背部褥瘡(じょくそう)...

2015/06/23 14:26掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

関連サイト

十二指腸潰瘍症状

十二指腸潰瘍とは、胃と小腸をつなぐ十二指腸に出来た潰瘍です。当サイトでは、十二指腸潰瘍の症状や注意するポイントについて説明します。

腹膜炎

腹膜炎 とはどんな病気かご存知ですか?当サイトでは、緊急手術が必要なこともある腹膜炎 とはどんな病気なのか説明します。