脱毛

Mocosuku(もこすく)
  • 脱毛

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

気になる脱毛について



思春期以降の男性に多く見られる「男性型脱毛症(AGA)」ですが、  AGAの治療法と検査 についてはご存じですか? 見た目が気になる男性にとっては軽視できない薄毛の問題です。実際問題、薄毛の男性は恋愛対象として見られないという女性もいれば、関係ないという女性もいます。また、薄毛でもモテている男性もいれば、頭髪以外の部分でモテない男性もいます。要するに、髪はたくさんある「モテ要素」のひとつでしかありません。とはいえ、いざ脱毛を感じ始めると、なかなか素直に受け入れられないのも事実。くよくよ悩むよりは、病院に行ったほうが精神衛生上いいという考え方もできます。

 AGAの治療法と検査  :AGAの主な原因のひとつは男性ホルモン



AGAには遺伝やホルモンバランスが関係しているといわれますが、遺伝に関してはまだわかっていない部分もあります。一方、ホルモンについては研究が進んでおり、「ジヒドロテストストロン」(DHT)という物質がリスクのひとつであることが判明しています。前述したDHTが頭皮に含まれる濃度が高くなり過ぎると、髪の成長が阻害され、毛が長く太くなる前に抜けてしまいます。こうして脱毛するサイクルが早まり、十分に育たない髪の毛が増えてくると、全体として薄毛が目立つようになるわけです。

 AGAの治療法と検査 :どうやって治療するのか?



DHTは、男性ホルモン「テストストロン」が「5αリダクターゼ」という酵素によって変換されて生成されます。この5αリダクターゼが分泌される量が多いとDHTが多く生成され、髪の成長がどんどん阻害されるわけです。5αリダクターゼの分泌量については、遺伝的な要素と、環境・生活習慣的な要素があるといわれています。「自分の家系は薄毛が多い」という人は、5αリダクターゼが分泌されやすい体質が遺伝しているのかもしれません。現在、AGAの治療として「フィナステリド」という薬品(抗男性ホルモン)が処方されています。このフィナステリドは、5αリダクターゼの生成を抑制する効果があります。5αリダクターゼが生成されなくなると、頭皮のDHTの濃度が下がり、DHTが毛根に作用できなくなっていきます。これにより、毛根が休眠状態から回復して活動期に入り、正常なサイクルへと戻る──というのがAGA治療の基本的な流れです。

 AGAの治療法と検査 :薄毛が気になり始めたらAGAのリスクチェックを



現在では、DNA配列を解析することでDHTが生成されやすいかどうか、つまりAGAのリスクを調べることができます。AGAのリスク検査は皮膚科や内科、美容外科といったAGAの治療を行っている病院で行えます。一生に一度だけ検査すればいいので、試す価値はあるでしょう。実際に治療するかどうかは別問題ですから、検査後に検討しても問題ありません。

【脱毛】

抜けてしまう人多数… 妊娠中の髪のトラブル とは?

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平医師(東京医科歯科大学名誉教授) 妊娠中の髪のトラブル について考えてみましょう。 妊娠中の髪のトラブル:髪は栄養状態の影響が出やすいところ 髪の毛には栄養...

2015/10/17 16:54掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...