メンタルヘルス

Mocosuku(もこすく)
  • メンタルヘルス

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

これもそう? 現代ならではの『メンタルヘルス』関連

学習障害の基礎知識 を確認しておきましょう。学習障害(LD)は、基本的な知的発達には問題がないものの「算数だけができない」「文字が読めない」など、ある特定の能力に関してだけ習得が難しいという障害です。今回は学習障害の種類や治療法について、基本的なお話をしましょう。

言語能力としての読み書きに困難がある場合

目も見えるし耳も聞こえる、また会話もできて理解もしているのですが、本人の努力に関わらず、文字を読んだり、書いたりすることができない障害を「ディスクレシア」(失読症)といいます。「言語能力としての読み書き」に障害があるのです。文字をひとつひとつ別個に読んだり、行間が狭いと読み間違いをしたり、読めない字を飛ばしたり、といった特徴があります。文字とイメージを一致させることが困難なのです。スティーブン・スピルバーグやトム・クルーズなど、この障害を抱えている著名人人も少なくありません。

「算数・計算の能力」「推論をする能力」に困難がある場合

そのほかには、「数字や記号そのものの意味を理解できない」「簡単な計算ができない」というように「算数や計算に関する能力」に障害がある場合もありますし、「物事の流れを理解できない」「話の流れをつかめない」というように「推論する能力」に障害がある場合もあります。もちろんこれらも、本人の意思や努力とは関係がありません。

診断と治療の前に実施される検査

学習障害と思われる何らかの傾向がはっきりと現れてきた場合は、診断の前に詳しい検査をして脳に出血、腫瘍などの病気がないかどうかを調べます。次に知能テストを行って知能の遅れがないかをチェックし、さらに読み書きや計算などの検査を実施します。それらの結果しだいで、学習障害なのか、注意欠陥・多動性障害(ADHD)なのか、高機能広汎性発達障害なのかを診断します。どのような障害なのかによって対策や治療法が違ってくるので、この診断はとても重要なものになります。

学習障害の基礎知識 :治療は「専門家に協力してもらう」のが鉄則

その子供の個性だと考えられてつい見過ごされがちですが、学習障害と診断された場合は、それに対応した治療が必要です。ただし、学習障害は中枢神経系に何らかの障害があることが原因ではないかといわれていますが、はっきりとしたことはよくわかっていません。対策としては、障害の程度によっても違いますが、本人のペースによって繰り返し学習していくことが大切です。また、最近はパソコンやワープロなどの道具を使う方法なども取り入れられているようです。いずれにしても臨床心理士や精神科医、小中学校の先生、そして何より周囲の人々の協力が欠かせません。診断や治療が必要かもしれない、と思ったら、専門医はもちろん、全国各地にある「発達障害者支援センター」に相談しましょう。

【メンタルヘルス】

障害? 個性?「自閉症スペクトラム」について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 自閉症やそれと類似した症状は「自閉症スペクトラム」と呼ばれるようになってきました。 「対人関係が苦手」「こだわりが強い」という二...

2017/06/12 18:30掲載

認知症とはちがう「せん妄」とはどういう状態?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 漢字では「譫妄」と書かれる「せん妄」。 「譫」は「うわごと・たわごと」を意味する言葉です。 「入院をさせた親が、急におかしなことを言い、...

2017/06/02 18:30掲載

エレベーターで「階数ランプ」を見てしまうのには理由があった

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ あなたはエレベーターや満員電車など人ごみの中で、視線をどこに向けていますか? エレベーターなら「階数表示ランプ」という答えが案外...

2017/05/30 18:30掲載

「うつ病」と間違えやすい、べつの病気

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。 いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほ...

2017/05/20 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...