Mocosuku(もこすく)
  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

蚊がもたらすリスクについて

蚊の種類 によって危険性は異なるのでしょうか。 蚊に刺されるのは不快です。晴れた日に心地よい木陰を見つけても、蚊がいれば台無し。夜、これから寝ようとうとき、蚊の羽音がすれば眠れません。「眠ったら刺される!」と警戒していると、目がすっかり覚めてしまいます。

よく見かける蚊はイエカに分類される「アカイエカ」と、ヤブカに分類される「ヒトスジシマカ」です。ヒトスジシマカ(以下、ヤブカ)にはシマシマがあり、アカイエカ(以下、イエカ)にはありません。



イエカとヤブカ



イエカは屋内で血を吸うタイプの蚊で、主に夜間に活動します。眠りを妨げる蚊がいれば、おそらくこちらでしょう。活動範囲は広く、半径数100メートルから数キロメートルといわれています。

ヤブカは基本的には屋外で血を吸うタイプですが、屋内に侵入してくることもあります。主に日中に活動します。活動範囲は狭く、半径100メートルから150メートルといわれています。ヤブカは感染症を媒介するやっかいな蚊です。



ボウフラの発生を防ぐには?



ヤブカの成虫は、花の蜜や果物の汁、樹液などを吸って生活し、メスだけが産卵に必要な栄養素を求めて動物の血を吸います。血を吸ったメスは水際に卵を産み、1~2日でボウフラになります。1~2週間で脱皮を繰り返し、さなぎを経て成虫になります。成虫の寿命は約1カ月です。

ヤブカへの対処法として有効なのが、ボウフラを発生させないことです。そのためには、不要な水たまりをなくし、やぶや草むらを定期的に刈り取って風通しをよくすることです。



意外なところが発生源になる



一定期間放置された少量の水があればボウフラは発生します。なかには意外なところが発生源になるケースもあります。

空き缶、空きビン、ペットボトル、カップ麺の容器、古タイヤ、植木鉢の受け皿、落葉やごみで詰まった側溝、詰まった雨どい、ペットの水のみ容器などはその一例です。

どうしても水をためておく必要があるときは、週1回は清掃して水を交換し、可能であれば天敵となる金魚やメダカなどを飼いましょう。

外からの侵入を防ぐには、防虫網や網戸が有効です。外出時に肌の露出を避けることも大切です。



殺虫剤に頼りすぎない



殺虫剤を多量に使用するのは避けた方がいいでしょう。特に屋外で使用した場合、蚊だけでなく、蚊の天敵となるトンボやクモを殺してしまい、かえって蚊が増える可能性があるからです。また、薬剤への耐性を持った強い蚊を生み出すきっかけにもなります。



蚊の種類 :デング熱を媒介するヤブカに注意!



蚊が媒介する感染症で特に注意が必要なのがデング熱です。デング熱は、デングウイルスへの感染が原因で発熱、頭痛、筋肉痛や皮膚の発疹などが生じる熱性感染症で、昨年、国内感染例が約70年ぶりに確認され、現在も東南アジアでの流行が続いています。

デング熱を媒介する主な蚊は日本には生息していないネッタイシマカですが、日本のほとんどの地域でみられるヒトスジシマカ(ヤブカ)、つまり、シマシマの蚊も媒介することができます。

その意味で、シマシマのないイエカよりも、シマシマのあるヤブカの方が一層危険といえるでしょう。ヤブカの発生を防ぐとともに、病気が流行していないかどうかの情報収集が重要です。7月のこの時期はデング熱をはじめとする感染症に関する報道に注意しましょう。

<参考>
住まいの衛生・ネズミ・ハチ・衛生害虫等の相談(大田区)
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/hoken/eisei/sumai_soudan/index.html

執筆:斉藤雅幸(Mocosuku編集部)

【蚊】

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...