骨粗しょう症

Mocosuku(もこすく)
  • 骨粗しょう症

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

骨粗しょう症について知っておきたいこと



骨粗しょう症の原因と予防方法 についてみていきましょう。 そもそも骨粗しょう症とは、骨の質の低下と密度の減少によって骨がもろくなった状態で、若いからといって油断できるものではありません。なぜこれが女性に多いかというと、そのおもな理由は女性ホルモンである「エストロゲン」に関係があるのです。

  骨粗しょう症の原因と予防方法 :エストロゲンの役割とは?



女性の体はエストロゲンに大きく影響を受けますが、このエストロゲンは骨を作るときに必要なビタミンDの形成や腸からのカルシウム吸収といった役割も担うため、更年期になってこのホルモンの分泌量が低下すると骨代謝にも狂いが出て骨がもろくなってしまうのです。

  骨粗しょう症の原因と予防方法 :若い女性に起こる原因とは?



女性の中にはダイエットに励む人も少なくありませんが、食事制限をするタイプのダイエットをしていると、どうしても栄養がアンバランスになってカルシウムの摂取不足になってしまいます。また近年若い女性にも骨密度の低下が見られる背景としては、ファストフードやインスタント食品などのジャンクフードによる栄養不足、不規則な生活やストレスによる女性ホルモンバランスの崩れ、運動不足や睡眠不足といった点が指摘されています。

  骨粗しょう症の原因と予防方法 :予防できることはある?



カルシウムを意識して摂取するのは勿論、体がカルシウムをきちんと吸収するようにビタミンDやビタミンK、マグネシウムも同時に摂取しましょう。若い女性は特に美白を意識して日光を避けがちですが、ビタミンDは日光によって体内で生成されるため、適度な日光浴も必要です。 また、女性ホルモンと似た作用のある大豆イソフラボンの摂取もおすすめです。逆にタンパク質やナトリウム、リンの取りすぎはカルシウムの吸収を妨げるので注意しましょう。アルコールやタバコも骨密度を低くする要因になります。

【骨粗しょう症】

高齢者だけとは限らない!「骨粗鬆症」の問題

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 高齢者がかかる病気というイメージが強い「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」。 骨粗鬆症は加齢によって発症率が高くなる病気ですが、実は、若い...

2017/02/14 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...