骨粗しょう症

Mocosuku(もこすく)
  • 骨粗しょう症

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

骨粗しょう症について知っておきたいこと



骨粗しょう症の原因と予防方法 についてみていきましょう。 そもそも骨粗しょう症とは、骨の質の低下と密度の減少によって骨がもろくなった状態で、若いからといって油断できるものではありません。なぜこれが女性に多いかというと、そのおもな理由は女性ホルモンである「エストロゲン」に関係があるのです。

  骨粗しょう症の原因と予防方法 :エストロゲンの役割とは?



女性の体はエストロゲンに大きく影響を受けますが、このエストロゲンは骨を作るときに必要なビタミンDの形成や腸からのカルシウム吸収といった役割も担うため、更年期になってこのホルモンの分泌量が低下すると骨代謝にも狂いが出て骨がもろくなってしまうのです。

  骨粗しょう症の原因と予防方法 :若い女性に起こる原因とは?



女性の中にはダイエットに励む人も少なくありませんが、食事制限をするタイプのダイエットをしていると、どうしても栄養がアンバランスになってカルシウムの摂取不足になってしまいます。また近年若い女性にも骨密度の低下が見られる背景としては、ファストフードやインスタント食品などのジャンクフードによる栄養不足、不規則な生活やストレスによる女性ホルモンバランスの崩れ、運動不足や睡眠不足といった点が指摘されています。

  骨粗しょう症の原因と予防方法 :予防できることはある?



カルシウムを意識して摂取するのは勿論、体がカルシウムをきちんと吸収するようにビタミンDやビタミンK、マグネシウムも同時に摂取しましょう。若い女性は特に美白を意識して日光を避けがちですが、ビタミンDは日光によって体内で生成されるため、適度な日光浴も必要です。 また、女性ホルモンと似た作用のある大豆イソフラボンの摂取もおすすめです。逆にタンパク質やナトリウム、リンの取りすぎはカルシウムの吸収を妨げるので注意しましょう。アルコールやタバコも骨密度を低くする要因になります。

【骨粗しょう症】

高齢者だけとは限らない!「骨粗鬆症」の問題

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 高齢者がかかる病気というイメージが強い「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」。 骨粗鬆症は加齢によって発症率が高くなる病気ですが、実は、若い...

2017/02/14 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症にはコレ!管理栄養士がすすめる食べ物・飲み物7選

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 3月に入り花粉症の季節になりました。 目のかゆみや鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、管理栄養士がおすすめする花粉症の方におすすめの食...

出てない? でも鼻毛を抜いてはいけません

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛を指します。 他の体毛と同じように男性...

快適に1日を送るための「朝食メニュー」を管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 近年は「朝食ブーム」と言われています。1日中朝食メニューを出しているカフェなども増えてきましたね。 しかし、朝食にも和食・洋食などさまざま。一体どのようなメニューが良い...