冷え性

Mocosuku(もこすく)
  • 冷え性

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

冷え性について

冬だけの悩みではなく、一年を通して困っている人が多いこと。それが身体の「冷え」です。とくに足先や手先が冷たくて、仕事に集中できない、夜なかなか寝付けないといった悩みをかかえる人もいるようです。これほどまでの「冷え」を訴える人は、「 低体温 」を疑ってもいいかもしれません。

低体温 とは?

人間は恒温動物です。微妙な個人差こそありますが、一般には体温を36~37℃くらいに保てるようになっています。寒いときには、皮膚表面に近い血管を収縮して熱が逃げるのを防ぎ、体内ではエネルギーを燃やして熱を作り出しています。ところが、この体温が35℃台になっている人がいます。これを「低体温」といいます。
症状としては、手足の恒常的な「冷え」があり、当然身体の血の巡りもよくないので、むくみや腰痛、女性であれば生理痛、生理不順といったものがあります。

気づきにくい体内の症状!

人間の身体は、36~37℃の適温でもっとも体内酵素が働くようにできています。低体温になると、この酵素が働かなくなるので、消化機能が低下したり免疫力が落ちるなどして、病気にかかりやすくなってしまいます。とくに身体の冷えを自覚したことはないけれど、「すぐに疲れる」「風邪をひきやすい」という人は、平熱が低く、低体温である可能性があります。

どうして 低体温 になるの?

ひとつには、特異な生活習慣が挙げられます。次に当てはまる人は改善をしてみましょう。 ・食事の偏り
・運動不足
・睡眠不足
・冷たい食べ物、飲み物を好む
・湯船に入らずシャワーで済ますことが多い
・喫煙

もうひとつには、身体の代謝をつかさどる「甲状腺ホルモン」が不足する異常が考えられます。食べ物で摂取したエネルギーを燃やして生きる人間にとって、代謝能力を失うということは、体温調節ができなくなってしまう、ということです。甲状腺ホルモンが不足している場合には、低体温になるほかにも、脈拍が遅くなる、身体がだるくなる、精神的に落ち込むといった症状があります。治療には投薬が必要となるので、心当たりがある人は、一度病院でみてもらいましょう。

【冷え性】

ワキを触ればわかる? 「内蔵冷え性」とは

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 季節は春から夏へ。 空調も暖房から冷房と切り替わる時期でもありますね。 夏の冷房というと冷え性がよく問題となりますが、手足は冷えていないのに、内臓が...

2017/05/24 18:30掲載

下半身は冷えているのに、上半身はのぼせる!?「冷えのぼせ」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「冷えのぼせ」とい言葉、聞いたことはありますか? 「冷えのぼせ」は名前のとおり、「冷え」と「のぼせ」が一緒に現れる症...

2017/04/25 18:30掲載

熱はないのに、この寒気はなに?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「排卵期や月経前に寒気がする…」 こんな経験をしたことがある女性もいるかもしれません。 風邪や感染症にかかっているわ...

2017/02/21 18:30掲載

冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 寒い冬はもちろん、冷房が効いている夏にも、手足が冷えるということはありませんか? とくに暑がりの男性社員がいる職場では、エアコンの設定温...

2017/01/10 21:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...