Mocosuku(もこすく)
  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

胃に関連する疾病・疾患についてご紹介

胃もたれとご飯 の関係を見てみましょう。秋は「実りの季節」。脂の乗った魚や肉、甘みを増した根菜や果物などが続々と出そろうシーズンです。食欲が減退していた夏場の反動で、ついつい食べ過ぎてしまう、というのも無理はありませんね。忘年会シーズンには胃もたれや胸やけに悩まされ、年末年始には体重増加に悲鳴を上げる……、というのは毎年のことかもしれません。

どうして秋になると食欲が増すの?

そもそも、秋になると急激に増えるこの食欲はどこからくるのでしょう?要因の1つは、外気温が下がるにつれて、身体が体温を維持しようと働くためといわれています。自然と基礎代謝量が上がるので、お腹が空き、食べようとするのです。ダイエットは冬場のほうが効果がある、といわれるのはこのためです。 2つ目には、食べ物が不足する冬を前にして、秋のうちにせっせと実りを収穫し貯蔵しておく本能が、私たち農耕民族にはあります。体にもしっかり脂肪を蓄えて、秋のうちに準備しておこう、そんな自然の摂理も関係しているといいます。 3つ目には、心のやすらぎや心身の安定に作用する神経伝達物質「セロトニン」の分泌が関与しているという説です。特に脳内で分泌されるセロトニンは、日光にあたっている時間によって分泌量が左右されるため、日が短くなる9月以降は、不足しがちに。それを補おうとして食欲が増したり、ぼーっとして眠くなったりするのです。

胃もたれ、胸やけを防ぐには

では、この食欲をコントロールして、上手に胃袋と付き合う方法はないのでしょうか。答えは、カンタン!適度に胃を休めることです。胃もたれとは、食べたものが十二指腸へなかなか排出されずに胃の中に長く留まっているために感じる不快感です。胃の中の圧力が高まったままなので、当然げっぷや胸やけといった症状も出てくるでしょう。

胃もたれとご飯

約2000年前に書かれた中国の古典医学書(医学大辞典)には、1日1回、暮れにだけ食事をとるとよい、という当時の養生法が記されています。皇帝や貴族たちは、たまにとった昼食のせいで、胸部と腹部とが圧迫されて苦しくなったので、それを「鼓脹(こちょう)」と呼んで病と捉えていました。 日本でも、江戸時代までは食事は朝夕の1日2回でした。だんだん「鼓脹」に慣れると、それを病気と考える人は少なくなり、いつの間にか重い病を誘発するもととなってきたのでしょう。 目に見える部分に比べて、身体の中にある臓器は、普段その状態を把握しにくいものです。ですが唯一例外として挙げられるのが、胃です。ほかが沈黙の臓器とするならば、胃は「じょう舌な臓器」といわれます。不調なときの原因が分かりやすく、対処のしやすいありがた~い臓器なのです。現代人が朝昼晩と食事をとるようになったのは、体格やライフスタイルの変化も関係しています。全く当時を再現するのはふさわしくないものの、秋のほんの一日、胃をいたわって「暮れの食事」を実践してみるのもいいかもしれません。

【胃】

「逆流性食道炎」とはどのような症状? 原因や治療法は?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 近年、食生活の変化を背景に日本人に増えているといわれている「逆流性食道炎」。 胸やけが続いているあなた、それは逆流性食道炎のサインかもし...

2017/10/16 18:30掲載

いくら食べても太らない? 「胃下垂」とはどういうこと?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「胃下垂(いかすい)の人は、たくさん食べても太らない」 こんな話、聞いたことはありませんか? どうして「胃下垂」は太らないといわれている...

2017/07/11 18:30掲載

「胃のむかつき」いつものことだから大丈夫、じゃない!?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「なんだか胃がムカムカする」という経験は、多くの人がお持ちでしょう。 なかには、「いつものこと」と思って市販薬で対処している人もいるかも...

2017/03/13 18:30掲載

食生活の変化から20~30代でも。「逆流性食道炎」について

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 20~30代でも横になるとウッという感じがしたり、ご飯を食べた直後に酸っぱい胃酸が込み上げてくる感じがする方は、逆流性食道炎にかかってい...

2016/12/22 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...