ストレス

Mocosuku(もこすく)
  • ストレス

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

ストレスなんかに負けない!



頭痛も肩こりも生理痛も肌荒れも、あらゆる疾患や不調の原因とさえいわれれているストレスですが、 ストレスとの上手なつき合い方 を知っていれば、少しは楽に生活できるかもしれません。実はストレス自体は悪いものではないのです。ここでは、ストレスについて簡単に解説します。

 ストレスとの上手なつき合い方 :ストレスをバネにする!



生物学には、ストレスは「何らかの刺激によって生体に生じた歪みの状態」を指します。人間にはもともとストレスによる歪みを元に戻そうとする力が備わっており、許容範囲内のストレスなら、むしろそれをバネにして活動的になることもあるのです。例えば、「ストレスを解消したいから疲れてるけどジムに行こう!」と思えたり、「イラつく上司を黙らせたいからノルマを達成しよう」と頑張ったり、といった具合です。

 ストレスとの上手なつき合い方 :多すぎる&長すぎるストレスが問題



問題なのは、「ストレスが許容範囲を超えたとき」、つまりストレス過多の状態です。ストレスが長く続いたりストレスの要因が多くなりすぎたりすると、「歪みを元に戻そうとする力」が働きにくくなってしまいます。何に対してもやる気が持てなくなる、夜眠れなくなる⋯⋯。それどころか、ひどくなるとうつに近い状態になることも。また、ホルモンの分泌異常などが生じ、身体のさまざまな部位が痛んだり正常に働かなかったりといった症状が出ることもあります。こうしたストレス過多は誰でも陥る可能性があります。その状態を避けるためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

 ストレスとの上手なつき合い方 :まず大切なのは毎日の「セルフチェック」



ストレスと上手につき合うためにまず大切なのは、自分自身の状態をチェックすること。少しの時間で構わないので、1日の終わりに自分の心や気持ちを振り返るようにしましょう。「少し頑張りすぎちゃった」「イライラしすぎてつらかった」など、何でもいいのでとにかく毎日、続けてみてください。余裕があればスケジュール帳などにメモしておくのもおすすめです。時には「今日は仕事も遊びも全部うまくいった!」なんて思える日もあるかもしれません。

 ストレスとの上手なつき合い方 :自分だけのセルフケア方法を見つける



セルフチェックの次に大切なのがセルフケア。疲れてるな、と感じたら、すかさずケアしましょう。心からリラックスできることなら、エステでもカラオケでも飲み会でもアロマでも、何でも構いません。とはいえ、これが一番難しいのも確かです。「自分が心からリラックスできること」というのは、そもそもほかの人にはわかりません。このため、自分のセルフケア方法は日頃から自分で見つけておく必要があります。人によっては「ダラダラ寝るのが一番」ということもあるかもしれません。もちろんそれでもOKです。

 ストレスとの上手なつき合い方



ストレスに強い人や立ち直りが早い人というのは、セルフチェック&セルフケアがとても上手な人ともいえます。そもそもストレスのない人生なんてあり得ません。ですから「ストレスをなくすこと」ではなく「ストレスに対処すること」が重要なのです。ストレスに振り回されることなく、充実した日々を送るためにも、今日からぜひ、セルフチェックとセルフケアを始めましょう。

【ストレス】

「しゃっくり」を一瞬で止める方法はある?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 医療監修:株式会社とらうべ なかなか止まらない「しゃっくり」に悩まされたことはありませんか? 自宅にいるときならばまだしも、会議や食事の席など、静か...

2017/03/11 21:30掲載

「歯ぎしり」がヒドイ!? 原因はなに?改善法は?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 家族や友人に歯ぎしりを指摘され、ショックを受けたことはありませんか? 寝ている間、自分では気がつかないうちにしてしまう歯ぎしりは、原因の...

2017/01/13 18:30掲載

ストレス解消にSNSで毒を吐く! これ本当に解消される?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及で、世界中の人々とつながることができる時代になりました。 その一方で、ちょ...

2017/01/12 18:30掲載

結局のところ、「カフェイン」は身体に良いの?悪いの?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) カフェインといえばコーヒーに多く含まれる成分ということは、よく知られているのではないでしょうか。 街にはコーヒー専門店もたくさんあり、口にする機会も多いことでしょう。 ...

2016/12/05 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

関連サイト

イライラ抑える

イライラを抑えるにはどうすればいいでしょうか?ストレスフルな現代、イライラするネタには事欠きません。当サイトでは、イライラを抑える方法について説明しましょう

トラウマ

「トラウマになる」とはよく聞くフレーズですが、「トラウマ」とは一体何でしょう?当サイトでは、トラウマとは何か、精神・肉体の健康にどのような影響があるのかについて説明します。

自律神経失調症チェック

自律神経失調症は、自律神経の異常であり、中々自分で認識するのが難しいのですが、どのようにチェックするのでしょうか?当サイトでは自律神経失調症のチェック方法について説明します。

自律神経失調症薬

自律神経失調症で薬による治療を行う場合は、症状にあわせて自律神経調製剤、抗不安剤等が処方されます。当サイトでは、自律神経失調症の治療に用いられる薬について説明します。

PTSD

PTSDは、強いショック体験やストレスが原因で起こる様々な障害のことです。当サイトでは、PTSDについて説明をします。