便秘

Mocosuku(もこすく)
  • 便秘

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

便秘の悩みを解消するために

便秘の種類 には意外に沢山の種類があるようです。 そろそろ薄着の季節! ・・・そうなると気になるのが「下っ腹」ですよね。おなかがポッコリしていると着こなしがやっぱりサマになりません。 下腹部が張ってしまう原因はいくつかありますが、そのうちのひとつが便秘。ウンチやガスがたまって、おなかが膨らんでしまうのです。 ここでは便秘について改めておさらいしましょう。便秘解消のための裏ワザも、後編で併せてご紹介します。

毎日出ないからといって悩まないこと

そもそも、どのくらいウンチが出ていないことを「便秘」というのでしょうか。美容本などでは「毎日出さなきゃアナタはベンピです!」みたいなことがよく書いてありますが、そんなことはありません。 正常な排便は「週に3回以上、1日3回以下」が目安。毎日出ないからといって、別に悩む必要はないのです。 ただ、たとえ週に3回出ていても、「極端にウンチの量が少ない」「スッキリした感じがない」というときは便秘になっている可能性もあります。

女性はそもそもウンチを出しにくい生き物

皆さん経験的に知っていると思いますが、便秘は男性よりも女性のほうが圧倒的になりやすいもの。これにはもちろんちゃんとした理由があります。 そもそも女性は男性よりも骨盤が広いので、骨盤内に腸が落ち込んでたるみやすくなります。そのため腸に便が滞在する時間が長くなるのです。
また、女性は腹筋や横隔膜が弱いので、ウンチを出す力も男性に比べてウンと弱い、というわけです。

便秘の種類

便秘にも、いくつか種類があるって知っていましたか?

(1)日本人にいちばん多い「弛緩性便秘 (しかんせいべんぴ)」

おなかがポッコリするのが特徴で、若い女性はもちろん日本人にいちばん多いのがこのタイプ。 ざっくりいうと大腸の運動が低下してしまうことが原因で起こります。大腸の筋肉がゆるんで、ウンチを肛門まで運ぶ「ぜんどう運動」が弱くなってしまうのです。

(2)「ウンチしたい」と思えなくなる「直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)」

普通の人なら、便が直腸まで来るとウンチをしたくなるのですが、このタイプの人は便意が起こらず、腸に便が停滞してしまいます。 高齢の人や寝たきりの人に多い…といういっぽうで、意外に若い女性でこの便秘になる人が少なくありません。「恥ずかしくて外でウンチをしたくない」と我慢する人や、日ごろから浣腸を使いすぎている人は要注意。

(3)精神的ストレスが原因の「痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)」

精神的ストレスが原因で起こる便秘。大腸の筋肉が緊張しすぎてうまく働かなくなってしまうのです。ウサギのフンのようにコロコロした状態になるのが特徴で、便秘と下痢を繰り返す人もいます。ストレスがなくなるとケロリと治ることも。

「どういう便秘か」によって対処法が違う

「(1)弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)」の人は、食生活を中心に日々の生活習慣に気をつけるのがいちばん。
食事ではもちろん、野菜などの食物繊維やヨーグルトなどの乳酸菌を意識して摂るようにします。適度に身体を動かすことも大切です。
「(2)直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)」を解消するには、とにかく便意をガマンしないことが大切。外出先でウンチをするのは抵抗がある人も多いかもしれませんが、そこは身体のためと割り切って、出すものを出してしまいましょう。
ストレスが多くて疲れやすい人は、「(3)痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)」かも。
このタイプの人は、食物繊維を摂りすぎると逆効果になるので注意が必要です。繊維が少なく、消化のいいものを選んで食べるようにしましょう。
そしていちばん大切なのは、ストレスを減らす努力をすることです。マッサージ行く、ゆっくり寝るなどなど、何でもいいのでとにかく日々の心の疲れを軽くする工夫をしましょう。

【便秘】

女性の大敵・便秘! 原因と対策をご紹介

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 女性に多い悩みの一つである「便秘」。 便秘が重なると、肌が荒れてしまったり、お腹がぽっこりと膨らんでしまったりと、女性にとって多くの悩みを引き起こす...

2016/10/16 18:30掲載

美しい人ほど食べている? 「美活」のマスト食材

執筆:Mocosuku編集部 美容に良いとされる酵素。 人間の体内で作られるには限りがあり、その多くは食事から補わなければなりません。そんな酵素を多く含む食品で、脚光を浴びているのが「酵素玄米」です。...

2016/03/07 20:30掲載

えっ、知らなかった… プルーンの便秘解消効果 とは

現代女性の大きな悩みのひとつに「便秘」がありますが、そんな悩みを解決する プルーンの便秘解消効果 をご紹介します。 今年9月に株式会社えんばく生活が30~40代の女性400名を対象に行った調査では、6...

2015/10/26 14:18掲載

安易な使用はダメ! 便秘薬「酸化マグネシウム」の死亡リスク

医薬品医療機器総合機構は10月20日、便秘薬「酸化マグネシウム」の死亡リスク に関する発表をしました。「酸化マグネシウム製剤」の服用にともなう死亡例が2012年4月以降に4件あり、その内の1件で「因果...

2015/10/21 14:44掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症にはコレ!管理栄養士がすすめる食べ物・飲み物7選

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 3月に入り花粉症の季節になりました。 目のかゆみや鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、管理栄養士がおすすめする花粉症の方におすすめの食...

出てない? でも鼻毛を抜いてはいけません

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛を指します。 他の体毛と同じように男性...

快適に1日を送るための「朝食メニュー」を管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 近年は「朝食ブーム」と言われています。1日中朝食メニューを出しているカフェなども増えてきましたね。 しかし、朝食にも和食・洋食などさまざま。一体どのようなメニューが良い...