ワクチン

Mocosuku(もこすく)
  • ワクチン

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

各種ワクチンについてご紹介

ここでは、 不活化ポリオワクチンの受け方 をご説明します。

 不活化ポリオワクチン

【予防する病気】

ポリオ

【接種時期と接種回数】



1回の接種ではしっかりと免疫が出来上がらないため、Ⅰ期に3回、追加で1回の接種が必要です。つまり生後3か月~90か月(7歳半)までの間に4回受ける必要があります。

■I期:生後3か月~12か月未満の間に、20日から56日までの間隔で3回。
■追加:初回接種から12か月から18か月後(最低6か月後)に1回。
■ポリオワクチンを1回も受けていない場合:不活化ポリオワクチンを4回受ける。
■生ポリオワクチンを1回受けている場合:不活化ポリオワクチンをあと3回受ける。
■不活化ポリオワクチンを1~3回受けている場合:不活化ポリオワクチンが合計4回となるように残りの回数を受ける。
■生ポリオワクチンをすでに2回受けている場合:不活化ポリオワクチンは受けなくて良い。

※2012年11月からは、三種混合ワクチンにポリオワクチンを追加した四種混合ワクチンで受けることが出来ますが、すでに三種混合ワクチンを受けている場合はポリオワクチンの受け方が変わります。 ※2012年9月から注射の単独不活化ポリオワクチンが定期接種ワクチンに導入されました。

【おすすめの受け方】

ポリオウィルスに感染しても多くの場合、病気として明らかな症状は出ません。しかし、腸管に入ったウィルスが脊髄の一部に入り込み、手や足の麻痺があらわれ、その麻痺が一生残ってしまうことがあります。この麻痺に有効な治療法はまだありません。生後早いうちからワクチンで予防することをお勧めします。

【スケジュールを立てる時のポイント】

これから全てのワクチンを受ける場合は、四種混合ワクチンで接種することをおすすめします。不活化ポリオワクチンは1年中受けることができますので、接種時期に受けられなかった場合でも7歳半までは受けることができます。かかりつけ医と相談しながら、余裕のあるスケジュールを立てましょう。

【ワクチン】

「はしか」はなにが怖い? 症状や予防・対策について

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 今年は「はしか」に関連したニュースを多く目にします。 8月には、外国帰りの男性が、発熱や発疹がある状態で幕張メッセでのコンサートに行き、「二次感...

2016/09/09 18:30掲載

鼻に噴霧するタイプのインフルエンザワクチンって子供も接種できる?~ 経鼻インフルエンザ生ワクチンの効果や注意点 ~

今年もそろそろインフルエンザの流行が心配になる季節となりましたが、近年話題の、鼻にスプレーするタイプのワクチン(フルミスト)こと、 経鼻インフルエンザ生ワクチンの効果や注意点 をご存じでしょうか? 予...

2015/10/14 17:27掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...