離乳食

Mocosuku(もこすく)
  • 離乳食

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

離乳食について知っておきたいこと



離乳食のおすすめ食材 と聞いて、何が思い浮かびますか?また、離乳食をスタートするときに、どんなことに気をつければよいのでしょうか?いまいちピンとこない、という人のために、今回は離乳食についてご紹介します。

 離乳食のおすすめ食材 :離乳食って?



離乳食は徐々に大人と同じご飯が食べられるようにしていくための食事です。赤ちゃんは産まれてからおっぱいやミルクのみで成長していきますが、5~6か月くらいから段々と離乳し、離乳食をあげるようになります。
その際にはドロドロのものから徐々にかたさをつけていき、形のあるものを食べられるようにしていくのですが、それだけでなく色々な食材を食べられるようにしていくということも大切です。
そのため、特にアレルギーの心配が無いようであれば、少しずつ色々な種類の食材を食べさせていくようにします。

 離乳食のおすすめ食材 :離乳食作りでおススメの食材は?



豆腐やにんじん・ブロッコリーは栄養面でも調理のしやすさの面でも非常に使いやすい食材です。豆腐はやわらかいのですぐに潰すことができますし、良質なタンパク質を豊富に含んでいます。
にんじんは茹でて冷凍しておけばすぐに使うことができますし、彩りが良いので見た目もきれいになります。ブロッコリーは火が通りやすいのですぐにやわらかくすることができ、調理時間を短く抑えることができます。
魚であればしらすが便利です。しらすは塩分が多いので塩抜きをしてから使いますが、やわらかいのですり潰しやすいですし、焼いたり煮たりしなくても使えるので便利に使用できます。
また、フルーツではバナナが代表的です。バナナは甘くて赤ちゃんも食べやすい味です。冷凍してからすり潰した時とそのまま潰したときとではなめらかさに違いがありますので、離乳食の進み具合に合わせてちょうどいい状態を作りやすい食材です。

 離乳食のおすすめ食材 :離乳食のレシピで大切なこと



離乳食のレシピで大切なことは、いかに手間なく作れるかということです。大人の食事とは別に離乳食を一から作るというのは大変な手間がかかります。
そこで、大人の食事作りの合間に、赤ちゃんが食べられそうな食材を取り分けて潰したり出汁でのばしたりして作るというのが良いでしょう。
例えば、味噌汁の具を味噌を溶く前に取り分けておいたり、煮物の味付けをする前に具を取り分けておくという具合です。
赤ちゃんは大人と同じ味付けのものはまだ食べられませんので、味付けをする前に取り分けるようにします。素材そのものの味を味わうようにするのが基本で、あとは出汁を利用してかたさを調節したりします。
一生懸命作った離乳食を赤ちゃんが食べてくれた時には嬉しいものです。逆にどうしても食べてくれない時には悩むこともあります。
離乳食作りは大変ですが、冷凍や取り分けを利用して上手に手抜きをしながら赤ちゃんが食べられるものを増やしていってあげましょう。

【離乳食】

育児疲れにならないための 赤ちゃんの離乳食・おむつ・入浴 のポイントは?

執筆:南部 洋子(看護師、助産師、タッチケア公認講師) ここでは、 赤ちゃんの離乳食・おむつ・入浴 について、ほどほどの努力で上手くやっていく方法を考えていきます。 赤ちゃんが生まれてわが家に来ると、...

2015/09/30 09:23掲載

スポンサーリンク

家族と暮らし

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...

関連サイト

離乳食量

離乳食の量、固さは、どれ位が目安になるのか知っておきたいところです。当サイトでは、離乳開始から完了までの期間、離乳食の量や固さはどうあるべきか説明します。