介護

Mocosuku(もこすく)
  • 介護

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

他人ごとではない「介護」について考えよう

日本人の高齢化にともない、2000年4月1日から介護保険制度が導入されました。介護保険は、自分が介護をする立場になったとき、あるいは介護を必要とする立場になったときの心強い味方です。ここでは、介護保険の基本である 介護保険料や要介護認定 についてご説明します。

そもそも 介護保険料 とは?

日本人の高齢化にともない、2000年4月1日から介護保険制度が導入されました。介護保険は、自分が介護をする立場になったとき、あるいは介護を必要とする立場になったときの心強い味方です。この介護保険は社会保険制度の1つであり、各市区町村、40歳以上になった人はすべて被保険者として加入しなければならない強制保険となっています。40~65才までは「第2号被保険者」と見なされ、それぞれが属している健康保険の第2被保険者の人数で割り算出した額が保険料となります。
また、企業の健康保険(社会保険)に属している場合には報酬に比例した額となり、それを企業側と被保険者とで折半した金額が保険料となります。平均的に見て、一人あたりの負担額は月額2000~4000円ほど。一方、65才以上の人を「第1号被保険者」と呼び、自治体によって若干の違いはあるものの、だいたい月額5000円ほどの負担額となっています。ただしほとんどの場合、年金から天引きされるシステムになっているので、納めるにあたって特に手続きは必要はありません。介護保険サービスの対象となるのは、下記のいずれかに該当する人です。

(1)65才以上で介護が必要、あるいは日常生活で支援が必要と認定された人 (2)40~64歳までで「特定疾病」と呼ばれる老化にともなう疾患によって介護や支援が必要と認定された人

特定疾病の中には、末期がん、関節リウマチ、骨折をともなう骨粗しょう症、パーキンソン病、初老期における認知症、閉塞性動脈硬化症、脳血管疾患などなど、生活習慣病に由来するものから難病に至るまでさまざまな疾患が含まれます。いずれの場合も、介護保険サービスを利用するには各市区町村で申請をし、要介護の認定を受ける必要があります。

介護サービスを受けるために必要なこと

要介護認定を申請すると、申請から1週間以内に調査員が被保険者の自宅などを訪問し、実際にどの程度介護または支援が必要なのかを調査します。その後、保険や医療、福祉の専門家たちから成る介護認定委員会によって認定協議が行われ、約1か月後にその結果が知らされます。認定通知結果には、介護の対象にならない「非該当」、予防のための支援が必要な「要支援1~2」、介護が必要な「要介護1~5」のうちのいずれかの認定結果が記されています。なお、この結果に不服がある場合は、60日以内に各都道府県の介護保険審査会に不服申立てを行うことができます。

要介護認定 によって認定された介護・支援度に応じて、必要な介護サービスをられるようになりますが、それらのサービスを受けるためにはケアプランの作成が必要です。また、実際にサービスを提供する事務所とも利用契約を結ぶ必要があり、これらの条件をクリアしてはじめて介護サービスを受けることができるということを覚えておきましょう。

【介護】

都会で働く人は知っておくべき「遠距離介護」

執筆:Mocosuku編集部 「実家の親を介護しなければならなくなったら」。 そう不安を抱く都心暮らしの人は多いのではないでしょうか。 特に実家が都心から離れていればいるほど、行き来しながらの介護は難...

2016/10/08 12:00掲載

施設介護を「お金」で選んでよかった実例

執筆:Mocosuku編集部 施設介護を選ぶ場合、少しでも家から近い施設に入居させた方がいい、と思う人は少なくありません。 しかし、Cさん(仮名)は予算的なこともあり、家から遠方の施設への入居を決意。...

2016/02/23 21:30掲載

保育と介護 ! 保育士と介護士が安心して働くためには

ここでは 保育と介護 についてご紹介します。 働きながら子育てをするために欠かせない「保育施設」、また身体障害や加齢に伴い介護を必要とする人に欠かせないのが「介護サービス」です。いずれも、時代の要請か...

2015/10/24 14:06掲載

運動機能の低下予防 !立ち上がる能力と、歩く速さがロコモ予防の鍵

ここでは 運動機能の低下予防 についてご紹介します。 65歳以上の人が平均4年後に介護サービスが必要になる予測因子には次の2つがあります。 1)椅子からの立ち座りを5回繰り返すのに要する時間(秒)が長...

2015/06/24 16:44掲載

スポンサーリンク

家族と暮らし

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...