離婚

Mocosuku(もこすく)
  • 離婚

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

離婚の実態とは?



日本の 離婚事情 はどうなっているのでしょうか?晩婚化や非婚化が叫ばれている現在ですが、その一方で、結婚はしたものの離婚して独身に戻るというケースも増えています。結婚がゴールではないという言葉はよく耳にしますが、実際にはどれくらいのカップルが離婚しているのでしょうか?

 離婚事情 :世界で最も離婚率が高いのはロシア



厚生労働省の2012年のデータによると、日本における離婚件数は人口1000人に対して1.87件。また、同年の離婚件数を婚姻件数で割ると約35%となり、3組に1組が離婚している計算になります。こう聞くと非常に多いように感じますね。では、世界的に見るとどうなのでしょうか。国連が発表している「Demographic Yearbook」という年鑑統計の2013年データによると、1000人あたりの離婚件数が最も多かったのはロシアで4.5件、2位がベラルーシで4.1件、3位がラトビアの3.6件、4位が3.5件のリトアニア──と東欧の国々が目立ちます。

 離婚事情 :日本の離婚率は意外と低い



「離婚大国」と言われる米国はというと、Demographic Yearbookには2013年のデータがありませんが、前年の2012年は2.8件なので、これに近い数字と推測されます。そのほか先進国では、ドイツが2.2、フランスが2.0、スペインが2.2、イギリスが2.1(2012年)、イタリアが0.9(2012年)──となっています。先進国の中では米国は高いほう、日本は低いほうといえそうです。

 離婚事情 :離婚理由としてモラハラが上位に入る



さて、2013年の日本の司法統計によると、離婚理由で最も多かったのは、男女ともに「性格の不一致」。続いて男性側の第2位は「精神的虐待」、女性側の2位は「生活費を渡さない」、男性側第3位は「異性関係」、女性側第3位は「精神的虐待」──となっています。男性の2位、女性の3位に精神的虐待が入っていることは、昨今話題になっているモラルハラスメント(モラハラ)が増加していることをうかがわせますね。

 離婚事情 :再婚しても失敗する確率のほうが高い!?



こうした離婚理由を考えると、「結婚なんてもうこりごり」と考える人が多のではないかと思いますね。しかし、厚生労働省の統計によると2012年の全婚姻件数のうち、男性の再婚者の割合は19%、女性は16.4%。つまり、5〜6人に1人は離婚経験者なのです。ただし、再婚者が過去の「失敗」の経験を生かして、2回目以降の結婚で円満な家庭を築けるかというと、疑問符がつきます。日本の調査では離婚回数のデータがないため米国の話になりますが、心理学の専門誌である『Psychology Today』の2012年の記事によれば、初婚の人の離婚率は40%、再婚の場合は60%、再々婚の場合は73%と、結婚の回数が増えるごとに離婚率も上がることが報告されています。日本にもその傾向がそのまま当てはまるかどうかはわかりませんが、再婚者の半数以上がまた離婚してしまうというのは、ちょっと衝撃的ですね。

【離婚】

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

2017/01/13 21:30掲載

男女関係の理想的な終わり方 とは何か?

いつの時代も男女の関係は始めるよりも続けるほうが、さらには終わらせるほうが難しいもの。 人気歌舞伎俳優の片岡愛之助さんと崖っぷちアイドルとして人気を得ていた熊切あさ美さん、お二人の関係がニュースになっ...

2015/06/06 23:25掲載

スポンサーリンク

家族と暮らし

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...