DV

Mocosuku(もこすく)
  • DV

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

DV(ドメスティックバイオレンス)とは

DVとアルコール依存 には、密接な相関関係があります。 
このシリーズでは、実話をもとに「うつ」と「アルコール依存」を全15回に分けてご紹介していますが、これらが原因で家庭内に起こるケースの多いDVについても取り上げます。今回は特に、DVとアルコール依存 の関係について取り上げます。  

(前回からの続き)  

  旧知の耳鼻咽喉科で向精神薬を処方されたSさん(仮名・当時32歳)は、薬の服用を続けるうちに、飲酒時に記憶を頻繁に失くしたり、感情のコントロールができなくなったりという症状が出たことから、「処方された薬が合っていない」と考えて心療内科を受診しました。

 

DVとアルコール依存 :「どこにも居場所がない」

しかし、そこでSさんを待っていたのは、「(デタラメな薬の服用で症状をこじらせた患者は)ウチでは診察できない」という医師の言葉でした。
医師の言葉にショックを受けたSさんは、お酒を飲んでいないときには「自分には居場所がない」といって泣いたり、「死にたい」と口にしたりすることが多くなり、飲酒時のDV行為もエスカレートしていきました。

 

DVとアルコール依存 :夫に内緒でDV相談窓口へ

そんな毎日に、Sさんの妻であるKさん(仮名・当時29歳)は大変な不安とストレスを感じていました。Sさんは、Kさんに手をあげるようなことはありませんでしたが、酔っぱらうとラジカセを投げつけたり、イスを床に叩きつけたりといった行為はしょっちゅうでした。Kさんは、「もしあれが私に当たっていたら…」という恐怖と、「いつか自分も殴られるかも」という不安におびえて暮らしていました。

ある日、Kさんは意を決して、親しい友人にSさんのことを電話で打ちあけました。これまではSさんの手前もあり、まわりに家庭のことを相談することができなかったのですが、Kさんの精神状態も限界にきていました。
電話で話を聞いたKさんの友人は、Kさんのことをとても心配し、Kさんに行政のDV相談窓口に行くことを勧めたのでした。

 

DVとアルコール依存 :「お酒をきっぱりやめない限り、問題は解決しない」

DV相談窓口に電話して家庭の状況をひととおり伝えたKさんは、予約をして相談センターに出かけていくことになりました。地域のDV相談センターは、『女性センター』といわれる建物の中にありましたが、受付で名前を伝え、カメラ越しに確認を受けてからでないと部屋に入れません。これはセンターが「DV被害者の一時避難所」にもなっているからとのことでした。
相談室に入ると、2人の女性相談員がKさんを出迎えました。Kさんの話を聞いた2人の相談員は、Sさんの行為が悪質なDVであることや、このままDVが続くようであれば、KさんはSさんから離れる必要があることなどをKさんに伝えました。
そして、2人の相談員のうち、ベテランらしい女性が意外なことを言いました。
それは、Sさんが「アルコール依存症」だということです。
相談員の女性は、「お酒をきっぱりやめない限り、問題は解決しないと思います」と、Kさんに告げるのでした。
 
(次回に続く)  

参考:全国の配偶者暴力相談支援センター一覧(内閣府)
http://www.gender.go.jp/e-vaw/soudankikan/pdf/center.pdf
※本文は実話をもとに脚色を交えて構成しています。実在の人物・団体とはいっさい関係がありません。  

<執筆者プロフィール>
井澤佑治(いざわ・ゆうじ)コラムニスト
舞踏家/ダンサーとしての国内外での活動を経て、健康法・身体技法の研究、高齢者への体操指導、さまざまな障がいや精神疾患を持つ人を対象としたセラピー、発達障害児の療育、LGBTの支援などに携わる。

【DV】

スポンサーリンク

家族と暮らし

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...