LGBT

Mocosuku(もこすく)
  • LGBT

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

LGBTについて知っていますか?

LGBTは話題の言葉になりつつありますが、LGBTの割合は、全人口の内どれくらいに当たるのでしょうか?

「性的マイノリティ」と訳されることも多いLGBTですが、2012年に電通総研がおこなった調査によると、成人の約20人に1人が「自分はLGBTである」と回答したそうです。

この調査は20歳~59歳の男女を対象におこなわれたものですが、これは全体の約5%にあたる数字であり、もはやLGBTはめずらしい「少数派」などではないことを調査結果は示しています。

しかし、オフィスなどの公共の場において、そうしたLGBTへの理解が浸透しているとはまだまだ言いがたいのも事実です。このシリーズでは、これからの社会において「知らないと恥ずかしい」ともいえる、LGBTについての正しい知識と情報を発信していきます。

 

LGBTの割合 :「性」には3つの要素がある

意外と知られていないことですが、「性」とひと口にいっても、そこには大きく分けて「身体の性(生物学的性)」「心の性(性自認)」「好きになる性(性指向)」の3つがあります。
その3つの性の組み合わせで、「身体が男性」「心が男性」で「好きになるのも男性」、または「身体が女性」「心が女性」で「好きになるのも女性」という人々は同性愛(レズビアン、ゲイ…LGBTの「L」と「G」)と呼ばれます。

その両者の中間地点に、一般的な「性」とされている「身体が男性」「心が男性」「好きになるのは女性」という組み合わせや、「身体が女性」「心が女性」「好きになるのは男性」という組み合わせが存在するのですが、同時に「身体が男性」で「心が女性」あるいは「身体が女性」で「心が男性」という「性同一性障害(トランスジェンダー…LGBTの「T」)」と呼ばれる人々も存在します。

トランスジェンダーは「心と体の性が一致しない」という面のみでカテゴライズされがちですが、「好きになる性」をプラスして考えると、同性愛の要素も含めてトランスジェンダー内にも4つの「性」が存在することになります。

 

LGBTの割合 :「性はグラデーション」という考え方

また、LGBTの「B」であるバイセクシュアルについては「両性愛者」と訳されることもありますが、実際のところ「同性愛者」「両性愛者」「異性愛者」の間に明確な境界線があるわけではなく、「心の性(性自認)」においてもそれは同様です。

社会的に「男性」とされている人の心の中にも、何%かの「女性性」が存在するのは普通のことなのですが、そうした自分の「女性性」や「同性愛的な傾向」を自分で認められないために、かえって「男らしさ」や「女好き」を強調するようなケースもあり、自分の中の「男性性」や「女性性」を自覚していない人も多いようです。

こうした考え方に基づいてみると、「100%の男性」「100%の女性」などという人は存在せず、ひとりの人間の中にさまざまな割合で「男性」「女性」「異性愛」「同性愛」といった要素が存在していることがわかります。

そして、ほとんどすべての人が、「男」と「女」という両極の間の「グラデーション」に存在しているという考え方も理解しやすいかと思います。

まずは、自分の中にある「男性性」と「女性性」、「異性愛」と「同性愛」のバランスをしっかりと見つめてみることが、LGBTに対する理解の第一歩になるといえるかもしれません。

【LGBT】

性同一性障害 :具体的にどんな状態を指すの?

性同一性障害 (トランスジェンダー)であることを告白した元オリンピックの金メダリスト、ブルース・ジェンナー(ケイトリン・ジェンナー)さんが、女性の姿で米国『ヴァニティ・フェア』誌の表紙を飾るなど世間の...

2015/06/10 12:34掲載

世間の反応は変わりつつある? LGBTの環境 の変遷

LGBTの環境 は、まだまだ厳しいものがありますが、状況は変わりつつあります(前編からのつづき)先日2015年5月6日に、大阪で開催された映画『カミングアウト』の上映イベントには、LGBT当事者やAl...

2015/05/22 10:32掲載

スポンサーリンク

家族と暮らし

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...