出産(その他)

Mocosuku(もこすく)
  • 出産(その他)

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

様々な出産方法等についてご紹介

ここでは、 お産前に不安 になることをいつくかまとめました。妊娠が判明して、母になる喜びと赤ちゃんに会いたいと思う反面、いざお産前となると、どうしても不安が押し寄せてくるものです。  

お産前の悩み について

やはり お産前の悩み になることと言えば、陣痛による痛み。 痛みに関しては個人差はありますが、カラダが緊張しているとより痛みを感じると言います。また産むときになると必死で、それどころじゃなくなる、という声も。 痛みは誰だって怖いものですが、出来るだけリラックスを心がけましょう。痛みを感じなくすると言われているソフロロジーなど、自分に合いそうな呼吸法を勉強するのもいいかもしれません。  

お産前の悩み ①:お産のサインはいつくる?

初めての出産の場合、いつがお産のサインなのかがわからず、予定日が近づくと急激に不安に襲われます。おしるしや破水といったものが起こるものですが、初産だとそれもわかりづらいものです。まずは、落ち着いて収縮の時間間隔、陣痛の間隔を測りましょう。焦らずに落ち着いて行動しましょう。  

お産前の悩み ②:2回目の出産での不安?

最初が難産だった場合は、もう一度同じ痛みを繰り返すのが怖いと感じる人も多いようです。初産はただでさえ難産になりやすいものなので、2回目以降はそれほど心配する必要はないと思います。ただ子宮筋腫などがある場合だと難産になることもありますので、そのあたりは個人差になります。また赤ちゃんが大きいと難産になりやすくなりますが、その場合は帝王切開などに切り替えるなど、医師が判断してくれるので心配はいりません。  

お産前の悩み ③:帝王切開の恐怖

帝王切開で出産をしなくてはならないとなると、やっぱりお腹を切るのですから怖いものです。またどうしても自然分娩にこだわりたい!というママもいますが、医師の診断により、帝王切開になった場合は、赤ちゃんを無事に産むための最善の方法です。しっかりと受け入れましょう。赤ちゃんのためだと思って産後の体調管理も頑張りましょう。  

お産前の悩み ④:遺伝について

親にとっては子どもに受け継がせたくない遺伝もあると思います。アレルギー遺伝などもその1つ。でも遺伝するかしないかはお腹の中にいる時点ではわかりません。生まれる前から遺伝を心配するよりも、生まれてきてから出来ることをしてあげる、その心構えが大事です。  

お産前の悩み ⑤:産後の不安

産後にきちんと子どもを育てられるのか…という悩みが出産前には現れます。初産の場合は、今まで子どもを育てたことがないのですから当然。赤ちゃんが0歳からスタートするように、ママとしても0歳からのスタートです。最初から子育てを完璧に出来る人なんていません。わが子の成長とともに、親としても成長していくものだと思いながら、まずは産むことにだけ力を注いでください。

【出産(その他)】

よくいわれる女性の「安産型」、それホントなの?

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 女性の体型について、腰幅がしっかりしている人のことを「安産型」と表現することがあります。 実際に、お産とヒップサイズには関係があ...

2017/06/03 18:30掲載

初産では、産婦人科をなにを基準に選ぶべき?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 妊娠検査薬で陽性が出たら、考えなくてはいけないのが「どの産婦人科に通院するか」ということです。 大学病院から総合病院、産院、助産院など、産科を扱って...

2017/04/13 18:30掲載

どういう状態? 出産時に帝王切開が必要なとき

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本 良平(東京医科歯科大学名誉教授) 帝王切開が必要と判断される状況とはどのような状況なのでしょうか。母体のリスクを回避するために行われることも多い「帝王切開」。...

2016/07/25 18:30掲載

ゴマキが出産時に帝王切開を要求。出産方法を途中で切り替えることってできるの?

元モーニング娘。の後藤真希さんの出産時のエピソードが話題になっています。あまりの陣痛のひどさに、分娩中に「帝王切開をしてほしい」と訴えたそうです。実際に、出産方法を途中で切り替えることができるのでしょ...

2015/12/24 13:13掲載

スポンサーリンク

妊娠と出産

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

関連サイト

帝王切開傷跡

帝王切開の傷跡は残るのか?は、とても気になりますよね。当サイトでは、帝王切開の傷跡について説明します。

誘発分娩

誘発分娩とは、予め出産日を決め人工的に陣痛を起こし出産する方法ですが、具体的にはどのように実施されるのでしょう。当サイトでは、誘発分娩について詳しく説明します。

帝王切開

帝王切開は、子宮を切開して、赤ちゃんを取りだす出産の方法です。当サイトでは、帝王切開の麻酔方法、痛み、リスク、傷跡、術後の留意点等についてまとめています。

陣痛

陣痛 という言葉は聞いたことがあっても、実際は?このサイトでは、陣痛がどのようなもの?どうして起こるの?等をすっきり説明します。