出産(その他)

Mocosuku(もこすく)
  • 出産(その他)

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

様々な出産方法等についてご紹介

ここでは、 お産前に不安 になることをいつくかまとめました。妊娠が判明して、母になる喜びと赤ちゃんに会いたいと思う反面、いざお産前となると、どうしても不安が押し寄せてくるものです。  

お産前の悩み について

やはり お産前の悩み になることと言えば、陣痛による痛み。 痛みに関しては個人差はありますが、カラダが緊張しているとより痛みを感じると言います。また産むときになると必死で、それどころじゃなくなる、という声も。 痛みは誰だって怖いものですが、出来るだけリラックスを心がけましょう。痛みを感じなくすると言われているソフロロジーなど、自分に合いそうな呼吸法を勉強するのもいいかもしれません。  

お産前の悩み ①:お産のサインはいつくる?

初めての出産の場合、いつがお産のサインなのかがわからず、予定日が近づくと急激に不安に襲われます。おしるしや破水といったものが起こるものですが、初産だとそれもわかりづらいものです。まずは、落ち着いて収縮の時間間隔、陣痛の間隔を測りましょう。焦らずに落ち着いて行動しましょう。  

お産前の悩み ②:2回目の出産での不安?

最初が難産だった場合は、もう一度同じ痛みを繰り返すのが怖いと感じる人も多いようです。初産はただでさえ難産になりやすいものなので、2回目以降はそれほど心配する必要はないと思います。ただ子宮筋腫などがある場合だと難産になることもありますので、そのあたりは個人差になります。また赤ちゃんが大きいと難産になりやすくなりますが、その場合は帝王切開などに切り替えるなど、医師が判断してくれるので心配はいりません。  

お産前の悩み ③:帝王切開の恐怖

帝王切開で出産をしなくてはならないとなると、やっぱりお腹を切るのですから怖いものです。またどうしても自然分娩にこだわりたい!というママもいますが、医師の診断により、帝王切開になった場合は、赤ちゃんを無事に産むための最善の方法です。しっかりと受け入れましょう。赤ちゃんのためだと思って産後の体調管理も頑張りましょう。  

お産前の悩み ④:遺伝について

親にとっては子どもに受け継がせたくない遺伝もあると思います。アレルギー遺伝などもその1つ。でも遺伝するかしないかはお腹の中にいる時点ではわかりません。生まれる前から遺伝を心配するよりも、生まれてきてから出来ることをしてあげる、その心構えが大事です。  

お産前の悩み ⑤:産後の不安

産後にきちんと子どもを育てられるのか…という悩みが出産前には現れます。初産の場合は、今まで子どもを育てたことがないのですから当然。赤ちゃんが0歳からスタートするように、ママとしても0歳からのスタートです。最初から子育てを完璧に出来る人なんていません。わが子の成長とともに、親としても成長していくものだと思いながら、まずは産むことにだけ力を注いでください。

【出産(その他)】

初産では、産婦人科をなにを基準に選ぶべき?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 妊娠検査薬で陽性が出たら、考えなくてはいけないのが「どの産婦人科に通院するか」ということです。 大学病院から総合病院、産院、助産院など、産科を扱って...

2017/04/13 18:30掲載

どういう状態? 出産時に帝王切開が必要なとき

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本 良平(東京医科歯科大学名誉教授) 帝王切開が必要と判断される状況とはどのような状況なのでしょうか。母体のリスクを回避するために行われることも多い「帝王切開」。...

2016/07/25 18:30掲載

ゴマキが出産時に帝王切開を要求。出産方法を途中で切り替えることってできるの?

元モーニング娘。の後藤真希さんの出産時のエピソードが話題になっています。あまりの陣痛のひどさに、分娩中に「帝王切開をしてほしい」と訴えたそうです。実際に、出産方法を途中で切り替えることができるのでしょ...

2015/12/24 13:13掲載

ママの体、ゆがみは大丈夫? 「肩こり・腰痛」を抑える抱っこの仕方とは

女性の体は、出産のとき、産道を赤ちゃんが通りやすいように、骨盤がゆるむようにできています。出産後は、女性ホルモンが通常の働きに戻りますから、骨盤も数か月かけてゆっくりと元に戻ります。 しかし、妊娠と出...

2015/11/18 18:43掲載

スポンサーリンク

妊娠と出産

先週よく読まれた記事

「うつ病」と間違えやすい、べつの病気

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。 いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほ...

一度開封したペットボトルの飲み物、何日までなら大丈夫?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 持ち運びに便利なペットボトル飲料。 開封してすぐに飲みきることができないこともありますよね?...

「睡眠時無呼吸症候群」は寝ている時、どれくらい呼吸が止まる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」。 たびたびニュースなどで取り上げられているため、名前を聞いたことがある方も多いでしょ...

冷蔵庫に入れるべき?入れない方がいい? 野菜、果物、調味料

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) これから夏場にかけては、食中毒が気になる時期ですね。 冷蔵庫は食品を一定の温度に保管できますが、実は“冷蔵庫にいれない方がいい”食品もあることはあまり知られていません。...

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

本当に正しい? 妊娠・出産にまつわる「都市伝説」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 妊娠・出産を考え始めると、いろいろなところでさまざまな情報を見たり聞いたりすると思います。 信憑性が薄いものから含蓄...

関連サイト

帝王切開傷跡

帝王切開の傷跡は残るのか?は、とても気になりますよね。当サイトでは、帝王切開の傷跡について説明します。

誘発分娩

誘発分娩とは、予め出産日を決め人工的に陣痛を起こし出産する方法ですが、具体的にはどのように実施されるのでしょう。当サイトでは、誘発分娩について詳しく説明します。

帝王切開

帝王切開は、子宮を切開して、赤ちゃんを取りだす出産の方法です。当サイトでは、帝王切開の麻酔方法、痛み、リスク、傷跡、術後の留意点等についてまとめています。

陣痛

陣痛 という言葉は聞いたことがあっても、実際は?このサイトでは、陣痛がどのようなもの?どうして起こるの?等をすっきり説明します。