妊娠後期

Mocosuku(もこすく)
  • 妊娠後期

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

妊娠後期について知っておきたいこと

ここでは、妊娠後期のママと赤ちゃんの変化や、 妊娠後期の夫婦生活 について、簡単に解説します。

妊娠後期とは、妊娠28週0日(妊娠8か月)から妊娠36週6日(妊娠10か月)までをいいます。いわゆる安定期とよばれる時期です。

妊娠後期のママの変化

この頃になると、子宮の大きさはおよそ30㎝に届くくらいになります。ママの体重もかなり増え、妊娠前からはおよそ5kg(8か月ころ)~10kg(10か月ころ)まで増えて来る頃です。お腹がますます大きくなるので、少し動くだけでもしんどく感じたり、汗だくになることもあるでしょう。身体のバランスが明らかに変わったことに気付きませんか?これまでと同じ立ち方や振る舞いは難しくなっていますので、あせらずゆっくりと動くようにしましょう。

妊娠後期の赤ちゃんの変化

赤ちゃんがもっともお腹の中で良く動き回るのは、妊娠8か月ころといわれています。身体の臓器も出来上がり、機能もだいぶ発達してきましたので、動き回るのが楽しくて仕方ないのかもしれません。妊娠9か月頃になると、だんだんと下向きに固定されることが多くなります。赤ちゃん自体が大きくなっているので、子宮の中を狭いと感じているかもしれません。この頃にまだ赤ちゃんの頭が上を向いていると、逆子になる可能性もあります。健診などの時に逆子になっていると、逆子体操(逆子を戻す体操)を勧められることもあります。妊娠10か月頃には、ほとんど骨盤の中に頭を入れた格好になります。いよいよ産まれるための準備を始めているのです。赤ちゃんが大きくなったのと、頭が固定されつつあるので、あまり胎動を感じなくなるかもしれませんが、時々でも動くのを感じれば大丈夫です。

妊娠後期の夫婦生活

かつては精子の中に子宮を収縮させる物質があるとか、女性がオーガニズムに達することで子宮が収縮するとか、とかく妊娠中は夫婦生活は無い方が良いといわれてきました。 しかし最近では、特に妊娠中の夫婦生活がそのまま流産や早産につながることはないといわれています。それよりもむしろ、妊娠中に夫婦生活を持たないままでいると、産後の女性はより性欲がなくなる傾向にありますので、出産前の方がママとパートナーとの絆を深めるには良いタイミングかもしれません。
たしかに妊娠後期のママのお腹はかなり大きいものですし、動きも緩慢になっています。ですので、無理はせず、回数は控えめに。体位についてもお腹を圧迫しない、ママが苦しくないような体位を工夫する必要があります。また、お腹の張りや痛み、出血などがある時は控えて下さい。切迫早産などで医師から止められている場合も同様です。
※妊娠超初期についての詳細は妊娠超初期 とは:症状、生理と着床出血、注意すべきこと をご覧ください。

【妊娠後期】

外出時の突然の破水!対処法は?

執筆:松本 たお(正看護師・新生児蘇生法NCPR専門コース終了認定者) 妊娠37週を過ぎると、いつ分娩が始まってもおかしくないという段階になります。そんな時、多くの妊婦さんが心配するのが「破水から始ま...

2016/09/15 12:00掲載

スポンサーリンク

妊娠と出産

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...