産婦人科

Mocosuku(もこすく)
  • 産婦人科

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

産婦人科について知っておきたいこと

日本では 産婦人科医 の数が減少する傾向にあります。ある調査では、1984年から2004年までの20年間で、産婦人科医 は15%以上も減っているというデータがあります。その傾向は今でも続いているといわれています。

都市部と地方での 産婦人科医 の数

産婦人科医 というと、主に出産を扱う産科医と、女性特有の病気(子宮筋腫や子宮内膜症など)を扱う婦人科医に分かれます。もともとはどちらも担当するのが一般的でしたし、現在でも「産婦人科」という看板を掲げているところではそうなのですが、「婦人科」のみをあつかうクリニックなども増えているのが実情です。 この背景には色々ありますが、最も大きな原因として考えられているのが、産科は直接命に関わることが多く、訴訟が起こりやすい分野であるという点です。日本ではここ数年、高齢出産や不妊治療による妊娠・出産の件数が増加しており、いわゆる「難しいお産」が増えているのです。 地方と都市部を比べると、全国的にみれば地方に行くほどこの傾向が強くなります。都市部には大病院が多いため、医師の数自体が地方と比べると圧倒的に多く、住民一人当たりの医師の数には大きな差があります。しかし都市部でさえも「産科医が足りない」という地域はありますし、地方でも産科医の数にはかたよりがある地域もあるようです。

【産婦人科】

スポンサーリンク

妊娠と出産

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

うつ病からの回復のポイントは「家族」

執筆:Mocosuku編集部 監修:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 「うつ」や「統合失調症」の回復には、周りの人たち、特に家族の対応の仕方が大きく影響します。 日本でのうつ病患者は100万人を超...

自分でできる「歯を白くする方法」と「白さを保つ方法」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 輝く白い歯は誰しもが憧れるもの。口元の美しさは笑顔に自信を与え、表情もパッと明るくなりますね。 一方で歯は白くしたいけど、歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのは治療や...

気がついたら爪の色が変わってる! どうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんの爪の色は、何色をしていますか? 健康な爪の色は薄いピンク色をしていますが、もし、変色していたら? とくに問題のないものから、なか...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「うつ病診断」は一人でできる? 9つの症状を要チェック

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 厚生労働省の「患者調査」によると、うつ病や双極性障害といった、抑うつ気分を症状にもつ患者数は近年増加していて、2014年には11...

お酒の強さは「飲めば鍛えられる」 これホント?

執筆:吉村 佑奈(よしむら・ゆうな) 医療監修:株式会社とらうべ 新人歓迎会があったり、花見があったりと、何かとお酒を飲む機会が増える春。 大勢で集まってお酒を飲むと、しばしば話題になるのが「お酒の強...