産後

Mocosuku(もこすく)
  • 産後

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

産後に注意すべきこととは?

昔から「 床上げ3週間 」といいますが、産後はお母さんはずっと寝たきりで体の回復につとめ、3週間は布団を敷きっぱなしでも良いという事から言われています。
それだけ、昔から産後は体の回復、すなわち養生に努めなければいけないと言われています。今は医学も進んだし、それは昔の事というのではなく、今も昔も同じように休んだほうがいいと言えます。ここでは産後の養生についてみてみましょう。

何故、 床上げ3週間 ?産後の時期に無理をしてしまうとどうなる…?

産後の4週間~7週間を産褥期と呼びますが、子宮や体が回復するのが最低でも1か月はかかります。この間は無理は禁物だと言われています。子宮が完全に収縮するまでの間が1か月で、また合わせて、骨盤も閉じてくる期間です。この間に無理して立ちっぱなしになっていると骨盤がきちんと閉じる前に内臓などが下がってきてしまい、骨盤にゆがみが生じてしまいます。
そのため、できるだけこの1か月は横になっているのが良いとされているのです。骨盤に問題が生じれば、体型が崩れるだけでなく、体調にも変化を及ぼします。

この間に無理をすると、その時は良くても産後の肥立ちが悪くなり、抜け毛がひどくなったり、視力低下、慢性疲労などが回復しないままになったりする可能性があります。そして、東洋医学では排泄されなければならない悪い血が体内に溜まったままになり、更年期に影響がでるとまで言われています。

 

床上げ3週間 :産後の養生とは?

それでは産後の養生とは具体的にはどのようなことを言うのでしょうか。 とある本によると、「人に気を使わないようにする」、「眠りたいときに眠る」、「体を冷やさない」、「目を使いすぎない」、「消化の良いものを食べる」、「周りに気を遣いすぎない」、「サポートは遠慮なく受ける」「適度な運動をする」などとなっています。里帰り出産などで気を使いすぎる場合は養生にならないということです。 また、なんでも自分で抱え込まないで、助けてもらえるところはなるべく利用するようにしましょう。ファミリーが遠方に住んでいたり、パパの仕事が忙しい場合は、自治体のベビーシッター制度などを遠慮なく利用するようにしましょう。

 

パソコンやスマホも控えめに

また、休んでいる最中にパソコンや携帯、スマホなどを見続けるのは眼を使うことになるので養生にならないということです。時間があるからといって携帯電話をいじるのも控えめにしましょう。
また、体をリラックスるできるような簡単な産褥体操やおっぱいマッサージなどをうけ、体にも癒しを与えることも大切です。

また、産後の養生期間はホルモンの変化により、落ち込みやすい時期です。自宅で1人でいると余計落ち込んでしまうという人は気分転換に買い物に出かけたり、友人などと会話をするようにしましょう。

【産後】

産後のカラダはどう変わる?

執筆:青井 梨花(助産師 看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 出産が終わると、ホッとするのもつかの間、赤ちゃんとの新しい生活は、授乳にオムツ替えに寝かしつけと待ったなし。 なかなかママ自身、出産後の...

2017/01/17 21:30掲載

ママだってキレイでいたい! 産後の体型維持 に必要なこと

出産を控えた女性ならば 産後の体型維持 は誰でも意識するところでしょう。 タレントの関根麻里さん(30)が第1子を妊娠したことが話題になっています。関根さんのような人気者ともなれば、出産後の職場復帰を...

2015/06/05 16:51掲載

スポンサーリンク

妊娠と出産

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...