妊娠(その他)

Mocosuku(もこすく)
  • 妊娠(その他)

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

妊娠に関わる様々な情報をご紹介

ここでは、 妊娠・出産のプロセス についてご紹介します。

妊娠・出産のプロセス :排卵から妊娠の成立まで

(1)排卵:
卵巣から排卵された卵子は、卵管采にキャッチされ、卵管の中を子宮に向けて進んでいきます。一方、子宮内に入り込んだ精子は、卵子を探して卵管へ向かって進んでいきます。一般に、卵子の寿命(排卵から受精可能な期間)は1日、精子の寿命は平均3日です。この間に卵子と精子が出会わないと、受精できません。

(2)受精:
卵子と精子が無事に出会うと、精子は卵子の中に潜り込みます。1つの精子が潜り込むと、卵子は一番外側にある透明帯とよばれる膜を変化させ、それ以上の精子が潜り込まないようにします。受精卵は細胞分裂を続けながら、およそ7日程度かけて子宮にたどり着きます。

(3)着床:
受精卵が無事子宮まで到着し、子宮内膜の上にくっ付くことを着床といいます。

妊娠・出産のプロセス :妊娠から出産まで

受精卵が着床してから出産までは次のようなプロセスを辿ります。妊娠週数の数え方は、前回の生理が始まった日が「0週0日」です。着床の頃には3週くらいに入っているはずですが、いつ排卵したか、いつ授精したかなどが正確には分からないため、前回の生理の1日目を妊娠のスタートと数えます。

妊娠・出産のプロセス :早産とは?

妊娠22週から36週までに生まれる場合を、早産といいます。これ以上早く生まれる場合は残念ながら外の世界で生きることは出来ず、流産とよばれます。37週以降、11カ月に入って2週目の41週までに生まれた場合を正期産といいます。これ以降に生まれる場合は過期産とよびますが、お腹の中に長くいすぎることもできませんので、42週になっても産まれる徴候がなければ、陣痛促進剤を使うか、帝王切開になることもあります。

【妊娠(その他)】

男性でも? 「妊娠線」ができる人と、できない人

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 妊娠したときなどに、お腹や太ももに細い線が何本もできる妊娠線。 妊娠線は「頑張った証」な...

2016/09/08 21:30掲載

知ってる? 「妊娠中に食べるといいもの」

執筆:山本ともよ(管理栄養士) 妊娠中はバランスの良い食事を心がけることが大切です。それに加え、妊娠中には特に積極的に摂って欲しい栄養素があります。妊娠中の食事法についてご紹介します。 積極的に摂りた...

2016/05/23 12:30掲載

ナゼ起こる? 妊娠による心境の変化について

ここではたくさんの妊婦さんを看てきた助産師による、「 妊娠による女性の心境変化 」についてご紹介します。 妊娠による女性の心境変化 :「お母さん」らしくなる時期はいつ? 出産後の女性はよく、「お母さん...

2016/02/24 20:30掲載

実際はしてない「想像妊娠」 どうしてなるの?

実際には妊娠していないのに、妊娠したような様々な兆候や症状が実際に身体にでてくることを「想像妊娠」といいます。精神状態が身体に影響を及ぼすのです。 誰にでも(たとえ男性でも)起こる可能性はあります。 ...

2016/02/21 21:30掲載

スポンサーリンク

妊娠と出産

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...