脳の症状 …視界の周りの「キラキラ」の粒は何?

Mocosuku(もこすく)
  • 脳の症状 …視界の周りの「キラキラ」の粒は何?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

脳の症状 …視界の周りの「キラキラ」の粒は何?

公開日時
更新日時

 
執筆:Mocosuku編集部
監修:坂本忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ)
 
 
脳の症状 にはどのようなものがあるのでしょうか。
 
突然身体を起こしたときや、くしゃみや排泄などの場面で、突然視界の周りにキラキラした沢山の粒が動いているように見えることはありませんか?
痛みや頭痛もなく、しばらくすればすぐに治るので、さほど気にしていない人も多いでしょう。とはいえ、些細なことが重病につながっている可能性もあります。
 
いったいどうしてキラキラしたものが見えるのでしょうか?
 
 

視界の周りの「キラキラ」。その原因は?

 
ひとくちに「視界の周りがキラキラする」といっても、見え方は人それぞれ。そしてその「キラキラ」や「チカチカ」によってそれぞれの要因も変わってきます。
 
「キラキラ」の原因としては、次のものが挙げられます。
 

急な血圧の変動

くしゃみや排泄、上体を起こしたりしゃがんだりするときに起こる視界の「キラキラ」。
視界の周りの小さな光の粒が動き、すぐに消えてしまう場合は、血圧の上昇、または急な血圧下降が原因です。これはリキむことで、突然血圧が上がってしまうために起こります。
 
いきなり血圧が上がってしまうことは身体に負担がかかるもの。
入浴後に突然立ち上がると血圧下降で視野が暗くなることもあります。リキみすぎたりしないよう注意が必要です。
 
 

閃輝暗点(偏頭痛オーラ)

ギザギザとしたガラス片のようなものが視界に広がり、消えるまでに5分~1時間程度の時間を必要とする場合は「閃輝暗点」の疑いがあります。
 
これはアメリカで「偏頭痛オーラ」と呼ばれ、目を閉じていても起こることがあります。症状がおさまったあとに頭痛を伴うことが多く、ひどい場合は3~4時間も頭の痛みに悩まされることも。
これは眼球の異常ではなく、脳の視野での血流の変化と言われています。
 
頭痛は伴わず、キラキラしたものだけが見え続ける場合は、脳梗塞や血栓による脳循環障害の可能性もあるので、病院で診察してもらいましょう。
 
 

網膜剥離

キラキラとした光が見え、薄い膜でおおわれているように見える場合は、網膜が剥がれ視界の一部が見えなくなる「網膜剥離」の前段階として表れている症状の可能性もあります。進行するとキラキラしたものがカーテンや幕がかかっているように見え、視界が狭まったように感じます。
 
網膜が薄くなっていることにより起こり、特に眼軸が長い強度の近視近や、20代と50代以上の年齢の人に多いのが特徴です。
 
また、過激なスポーツや眼球打撲でも起こりやすいと言われています。
 
網膜剥離が起こると視野の一部が欠けてしまうため、日常生活にも支障をきたします。最悪の場合、失明してしまう可能性もあるので気になったらすぐに眼科で診察してもらいましょう。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

油断してたらお腹がポッコリ! 「贅肉」はお腹からつくの?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「最近、おなかまわりだけ贅肉がついてきた」という方はいませんか? 「贅肉」とは、一般的に余剰な皮下脂肪組織を指します。 それではこの贅肉...

冷蔵庫に入れるべき?入れない方がいい? 野菜、果物、調味料

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) これから夏場にかけては、食中毒が気になる時期ですね。 冷蔵庫は食品を一定の温度に保管できますが、実は“冷蔵庫にいれない方がいい”食品もあることはあまり知られていません。...

「コーラを飲むと歯が溶ける」は本当?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 「コーラを飲むと歯が溶ける」という噂を耳にしたことがありませんか? その真偽もさることながら、そもそもなぜコーラなのか、さらにコーラ以外の飲み物は問題ないのかも気になると...

良いコトも悪いコトも。 「週末断食」は正しい知識と方法で

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 美容や健康を目的に「週末断食」を行う人が女性を中心に増えています。 一般的な「断食」はつらく厳しいイメージがありますね。 それでは週末断食と...

知っておきたい 足がつった時の対処法

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医学博士、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 梅雨が明け、これから本格的な夏に突入します。海やプールなどに出かける予定の人も多いでし...

暑さ対策に! 管理栄養士さんのオススメ「暑気払い」

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 暑さも本格化し、職場などで暑気払いが開催される時期になりました。 しかし、そもそも暑気払いとはどのような行事なのか、ご存知でしょうか。 今回は、知っているようで知らない...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

熱中症対策はこちらから

「熱中症」今から始めるべき予防と対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年も暑い日がだんだん増えてきました。 気温の高まりとともに、増えてくるのが熱中症の患者さんです。熱中症を予防するために、普段どのような...

汗をかくシーンで起こりやすい「低ナトリウム血症」

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 夏本番となり、暑い日が続いていますね。汗をかくことも多いため水分補給の機会も多いと思います。水分の摂取の仕方によっては危険な「低ナトリウム血症」につながることがあります...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【脳】新着記事

生活が一変することもある「脳梗塞」 予防はできる?

執筆:藤尾 薫子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 脳梗塞と聞くと、自分とは縁遠い病気だと感じる人も多いかと思います。 しかし、高血圧症や脂質異常症・糖尿病の病気を患っている人には起こりや...

2017/06/25 18:30掲載

チョコレートを一番美味しく食べるのは「脳」だった!?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ チョコレートに含まれる「カカオ」が健康にいいことは広く知られるようになりました。 スーパーや...

2017/05/03 18:30掲載

無くならない交通事故、その原因は「錯覚」にあった…?

見通しのよい交差点で車同士が出会い頭に衝突。 この種の「田園型事故」では、運転手の多くが「相手の車に気づかなかった」と述べているとのこと。 視界を遮るものがないのに、なぜ近づいてくる車に気づかないので...

2016/02/24 12:30掲載

脳震盪後症候群の危険性 …大リーグ・青木選手のケース

脳震盪後症候群の危険性 は意外に知られていません。 米大リーグ、ジャイアンツの青木宣親選手は9日、カブス戦で頭部に死球を受けて途中交代しました。12日、青木選手は2試合ぶりの先発出場を果たしますが、試...

2015/08/15 10:40掲載

脳が原因 で学校に通えないことがある!?

脳が原因 で不登校になることがあるそうです。学校教育の現場で大きな問題のひとつとなっている不登校。かつてはいじめなどの外的な要因で不登校になることが主でしたが、最近では一見何の理由もないのに無気力にな...

2015/08/05 13:08掲載

脳震盪の危険性 …転倒やバンジージャンプに注意

脳震盪の危険性 を確認しておきましょう。お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さん(33)が、フジテレビの放送番組「FNS27時間テレビ2015」のなかで、バンジージャンプに挑戦していましたが、ドクター...

2015/07/27 16:36掲載