ライター(正社員)大募集!

Mocosuku(もこすく)
  • ライター(正社員)大募集!

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

ライター(正社員)大募集!

ヘルスケアサイト「Mocosuku」を運営する株式会社Mocosukuは事業拡大のため、ライター・編集者を大募集します。
医療系の資格をお持ちの方は大歓迎、お持ちでない未経験・第二新卒の方も大歓迎です!

 

私たちと一緒に、ヘルスケア情報をもっと世の中に広めていきませんか?

 
 

Mocosuku編集部のライターとして、記事制作業務全般を担当していただきます。
 
主な業務内容は、以下の通りです。

 

・記事執筆
・記事制作の進行管理(発注管理も含みます)
・記事内容の企画
・校閲
・ライターなど外部スタッフへの依頼、連絡、フィードバック業務
・その他記事制作に係る事務業務
 

Mocosuku編集部のメンバーに向いてるのはこんな人です。
 

ヘルスケアに関する情報を発信したい方

webニュースやメディアに興味がある方

フットワークが軽く様々な業務をこなす柔軟性のある方

コミュニケーション能力のある方

スピード感ある仕事が苦にならない方

 

また下記に該当される方は、特に歓迎いたします!

 

・ヘルスケア関連資格(医師・保健師・看護師・管理栄養士・臨床心理士)をお持ちの方
・webメディアの編集・ライティング経験がある方

 
以下、募集要項をお読みになってぜひご検討ください!
 
【募集要項】
 
1. 雇用形態: 正社員
2. 試用期間: 3ヶ月間(最長6ヶ月)
3. 給与:   能力・経験を考慮の上、当社規程により優遇(給与改定年1回)
4. 賞与:   業績賞与(年2回) ※業績に応じて変動有り 諸手当:交通費実費(上限あり)
5. 勤務時間: 9:00〜17:45(うち休憩時間60分)
        ※正社員:フレックスタイム制度あり/コアタイム10:30〜15:00
6. 休日・休暇:完全週休2日制(土・日)、祝日、会社が定める日(年末年始他)、有給休暇、特別休暇(慶弔休暇制度有り)
7. 各種保険: 健康保険・厚生年金保険・労災保険・雇用保険
8. 勤務地:  本社(〒105-0023東京都港区芝浦1丁目12番3号 Daiwa芝浦ビル6階)

 

ヘルスケアサイト『Mocosuku』について

 

サイト名「Mocosuku」とは、Mo(もっと) co(こうふくに) su(すこやかに) ku(くらす)を表現した造語です。「もっと、幸福に、健やかに、暮らす」事は、全ての人にとって何より大切な普遍的テーマです。

「Mocosuku」では、性別、世代を問わず、健やかに暮らす為のヒントになる良質で信頼感のある情報を、わかりやすく提供していきます。

 

「Mocosuku」で取り上げるのは、疾病や疾患についての信頼できる情報、健康増進に役立つヒント、快適に生活するための秘訣、つまり「メディカル」、「ヘルスケア」、「ウェルネス」、「リラクゼーション」、「ビューティ」等の視点からの多様な領域に関する情報です。

 

自身による記事配信の場だけではなく、一般ユーザーの方々や、医療関係者、その他各領域の専門家等による情報発信、皆様とのコミュニケーションの場も創出し、全く新しい「ヘルスケアウェブメディア」を作り上げていきます。

 
株式会社Mocosukuの会社情報はコチラ⇒http://mocosuku.co.jp/company.html

 

Mocosukuと編集のおシゴトに興味を持って頂いた方は、下記採用担当宛までお電話をいただくか、以下のボタンから「個人情報取扱い同意書」にご同意の上、履歴書をご郵送くださいませ。

 
 

お問合わせ先:株式会社Mocosuku 管理グループ人事採用係宛 
       TEL 03-5439-6629(平日:10:00~18:00)
担当:    遠藤

 

郵送ご希望の方は、以下のボタンからお進みください。
 

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

うつ病からの回復のポイントは「家族」

執筆:Mocosuku編集部 監修:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 「うつ」や「統合失調症」の回復には、周りの人たち、特に家族の対応の仕方が大きく影響します。 日本でのうつ病患者は100万人を超...

自分でできる「歯を白くする方法」と「白さを保つ方法」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 輝く白い歯は誰しもが憧れるもの。口元の美しさは笑顔に自信を与え、表情もパッと明るくなりますね。 一方で歯は白くしたいけど、歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのは治療や...

気がついたら爪の色が変わってる! どうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんの爪の色は、何色をしていますか? 健康な爪の色は薄いピンク色をしていますが、もし、変色していたら? とくに問題のないものから、なか...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「うつ病診断」は一人でできる? 9つの症状を要チェック

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 厚生労働省の「患者調査」によると、うつ病や双極性障害といった、抑うつ気分を症状にもつ患者数は近年増加していて、2014年には11...

お酒の強さは「飲めば鍛えられる」 これホント?

執筆:吉村 佑奈(よしむら・ゆうな) 医療監修:株式会社とらうべ 新人歓迎会があったり、花見があったりと、何かとお酒を飲む機会が増える春。 大勢で集まってお酒を飲むと、しばしば話題になるのが「お酒の強...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【新着記事】

「規則正しい食生活」とは具体的にどういうことなの?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 健康の為に必要とされている「規則正しい食生活」。 わかっていても、具体的にどんなことに気をつけたらよいかはわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は...

2017/04/26 18:30掲載

下半身は冷えているのに、上半身はのぼせる!?「冷えのぼせ」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「冷えのぼせ」とい言葉、聞いたことはありますか? 「冷えのぼせ」は名前のとおり、「冷え」と「のぼせ」が一緒に現れる症...

2017/04/25 18:30掲載

ちょっとした痛みや違和感を、重大な病気ととらえる「心気症」

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「なんとなく身体に違和感や痛みがあったけど、いつの間にか症状が治っていた」という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか? と...

2017/04/24 18:30掲載

その食事がうつ病の原因に?「うつ病と食生活の関係」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病を招く生活習慣として、ストレスや睡眠の習慣が関連していることは広く知られています。  ...

2017/04/23 18:30掲載

これって本当?「ウナギは精がつく」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「精をつけるためにウナギを食べるといい」というのは多くの人が耳にしたことがあるでしょう。 し...

2017/04/22 18:30掲載

お風呂で疲れをとるために一番良い温度はコレ

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「入浴には疲労回復効果がある」ことをご存知の方は多いと思います。 疲労を回復する上でポイントとなるのがお湯の温度。 そこで今回は...

2017/04/21 18:30掲載

身体の痛みに特化した「ペインクリニック」とはなに?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 身体のどこかが痛むと、物事に集中できなかったり、イライラしますよね。 そんな身体の痛みに特化した「ペインクリニック」と呼ばれる診...

2017/04/20 18:30掲載

減塩だけじゃない! 血圧を下げるための食事のポイント

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 健康診断で計測される血圧。 高いのはよくないとわかっていても、「血圧の為には減塩」くらいしか対策が思い浮かばない、という方も多いのではないでしょうか? そこで、今回は血...

2017/04/19 18:30掲載