今更聞けない体の機能: 妊娠や避妊 のために注意すべきこと

Mocosuku(もこすく)
  • 今更聞けない体の機能: 妊娠や避妊 のために注意すべきこと

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

今更聞けない体の機能: 妊娠や避妊 のために注意すべきこと

公開日時
更新日時

 

執筆:株式会社 とらうべ
監修:太田 郁子(医学博士)
 
 

ここでは男女ともにしっかり知っておきたい 妊娠や避妊 についておさらいしてみましょう。
 
妊娠は、男性の精子と女性の卵子が揃って、初めて成立するもの。産みたい!と思った時に妊娠するためにも、それ以外の時はしっかり避妊するためにも、精子と卵子の提供者である、男女のカラダのしくみは、きちんと知っておく必要があります。
 

 

妊娠や避妊 に関するウソホント :男性にも“安全日”ってあるの?

 
ところで、男性には女性のように“周期的に精子がつくられない時期”はありません。受精能力のある精子が作れるカラダであれば、きちんと避妊しない限り、いわゆる“安全日”は無いと考えて良いでしょう。
 
次に、男性もよく考えて欲しい、妊娠にまつわるウソホントを挙げました。アナタはいくつ分かりますか?
 
Q.コンドームでも避妊に失敗することがある
 
答えはYES。コンドームを装着していても、妊娠することがあります。コンドームが破れていなくても、小さな穴などがあれば、妊娠します。
 
破れていない時は生理が遅れるまで妊娠に気がつかないことも少なくありません。コンドームは決して避妊率が高い避妊法ではないことを覚えておきましょう。
 
 
Q.射精後、卵管に精子がたどりつくまでに1日かかるといわれている
 
答えはNo。射精後、精子はわずか2時間程度で、卵管まで到達するといわれています。また、精子は重力に関係なく進むことが出来ますので、例えば、性行為後に膣内をシャワーで流す、などの方法では、避妊はできません。
 
また精子は女性の体内で4日ほど生きられると言われています。ですから、排卵日をはずしても、妊娠してしまうことがあります。
 
 
Q.100%避妊できる方法がある?
 
答えはNo。避妊には様々な方法がありますが、100%確実に避妊できる方法はありません。例えば女性が服用するピルでも、服用方法を間違えていれば妊娠する可能性はありますし、前述のように、コンドームはピルよりさらに避妊率が低い避妊法です。
 
 

Q.膣外射精でも避妊ができる
 
答えはNO。射精そのものを膣外で行ったとしても、実は射精前から少しずつ精液は陰茎から出ています。この中にも精子は含まれていますので、少しずつですが、挿入した時点で精子は膣内を進んでいることになりますので、避妊法としてはNGです。
 
 
Q.セーフセックスとは避妊を万全にして性行為することである
 
答えはNO。これはよく間違われることですが、セーフセックスとは“性感染症を予防する対策をとった性行為”のことです。性感染症予防に一番効果が高いのは、コンドームを使用すること。
 
しかしこれも、100%予防できるわけではありませんので、パートナーを特定し、清潔なセックスを心がけることが必要です。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【妊娠(その他)】新着記事

妊娠も出産もしていないのに母乳が… どうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 多くの方は「母乳とは赤ちゃんを育てるためにお母さんが生産するもの」と思うでしょう。 ところが、妊娠もしていないし、出産後でもないのに、母...

2017/12/25 18:30掲載

男性でも? 「妊娠線」ができる人と、できない人

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 妊娠したときなどに、お腹や太ももに細い線が何本もできる妊娠線。 妊娠線は「頑張った証」な...

2016/09/08 21:30掲載

知ってる? 「妊娠中に食べるといいもの」

執筆:山本ともよ(管理栄養士) 妊娠中はバランスの良い食事を心がけることが大切です。それに加え、妊娠中には特に積極的に摂って欲しい栄養素があります。妊娠中の食事法についてご紹介します。 積極的に摂りた...

2016/05/23 12:30掲載

ナゼ起こる? 妊娠による心境の変化について

ここではたくさんの妊婦さんを看てきた助産師による、「 妊娠による女性の心境変化 」についてご紹介します。 妊娠による女性の心境変化 :「お母さん」らしくなる時期はいつ? 出産後の女性はよく、「お母さん...

2016/02/24 20:30掲載

実際はしてない「想像妊娠」 どうしてなるの?

実際には妊娠していないのに、妊娠したような様々な兆候や症状が実際に身体にでてくることを「想像妊娠」といいます。精神状態が身体に影響を及ぼすのです。 誰にでも(たとえ男性でも)起こる可能性はあります。 ...

2016/02/21 21:30掲載

妊婦の飲酒が原因で起こる「 胎児性アルコール症候群 」とは

ここでは 胎児性アルコール症候群 という妊婦のアルコール摂取に起因する先天性疾患や障害についてご紹介します。 アメリカの小児科学会が、妊婦に対して「アルコールは一切飲んではいけない。たとえ少量であって...

2015/10/23 18:01掲載