「生まれてくるのは男の子? 女の子?」 性別判定 の方法と判定可能な時期

Mocosuku(もこすく)
  • 「生まれてくるのは男の子? 女の子?」 性別判定 の方法と判定可能な時期

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

「生まれてくるのは男の子? 女の子?」 性別判定 の方法と判定可能な時期

公開日時
更新日時

現在では、生まれる前に性別がほぼ確実に分かるそうです。ここでは、 性別判定 方法について見ておきましょう。

 

元レスリング世界女王・山本聖子さん(34)と大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有さん(28)の赤ちゃんが男児であることが分かりました。生まれてくる赤ちゃんの祖父となるミュンヘン五輪レスリング代表の郁栄さん(70)は、早くもレスリングの英才教育を施すことに意欲的だそうです。
 

出産&口コミ情報サイト「コンビタウン」は、「子どもの性別」についてアンケートを行っています(2010年5月、回答合計数1234)。その中に子どもの性別の希望に関するものがあるのでご紹介します。

 

・子どもの性別の希望があった方は、パパ・ママ側どちらの希望ですか?

<回答>

ママ 365

二人共通 340

パパ 119

 

子どもの性別については、パパよりもママの側が希望を持っていることが多いという結果になっています。

 

・(1人目妊娠前、妊娠中に)男の子・女の子、どちらを希望していましたか?

<回答>

どちらでもよい 550

女 480

男 204

 

男の子・女の子のどちらが希望かについて、女の子人気もさることながら、「どちらでもよい」が最も多くなっていることから、「無事に生まれてくれさえすればいい!」という人が大半であることが分かります。出産間近ともなればその思いはいっそう強くなります。ただし、周囲からの期待の声も大きくなるでしょう。男の子と知った郁栄さんは、生まれてくる赤ちゃんの将来の活躍を思い描き、幸福な時間を過ごされたのではないでしょうか。

 

赤ちゃんが生まれる前から、男の子だったらこうしよう、女の子だったらこうしようと、将来について語り合うのはとても楽しいことですよね。

 

性別判定 は難しい?妊娠7週頃までは女性の外見

 

赤ちゃんは妊娠7週頃まではみな女性の外見をしています。最初は女性の体として発育を始め、Y染色体を持たない女児はそのまま女性として発育していきます。一方、Y染色体を持つ男児は途中から精巣が作られ、男性ホルモンが増えていきます。外性器をはじめとする男女差は妊娠9週頃から現れ始め、11週頃には明確に区別されるようになります。

 

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【出産(その他)】新着記事

妊娠も出産もしていないのに母乳が… どうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 多くの方は「母乳とは赤ちゃんを育てるためにお母さんが生産するもの」と思うでしょう。 ところが、妊娠もしていないし、出産後でもないのに、母...

2017/12/25 18:30掲載

赤ちゃんの「産み分け」は本当にできるの?

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 性別の「産み分け」という方法があるということを聞いたことはありませんか。 性別の産み分けはできるのでしょうか。   実際に可能な...

2017/09/30 18:30掲載

よくいわれる女性の「安産型」、それホントなの?

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 女性の体型について、腰幅がしっかりしている人のことを「安産型」と表現することがあります。 実際に、お産とヒップサイズには関係があ...

2017/06/03 18:30掲載

初産では、産婦人科をなにを基準に選ぶべき?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 妊娠検査薬で陽性が出たら、考えなくてはいけないのが「どの産婦人科に通院するか」ということです。 大学病院から総合病院、産院、助産院など、産科を扱って...

2017/04/13 18:30掲載

どういう状態? 出産時に帝王切開が必要なとき

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本 良平(東京医科歯科大学名誉教授) 帝王切開が必要と判断される状況とはどのような状況なのでしょうか。母体のリスクを回避するために行われることも多い「帝王切開」。...

2016/07/25 18:30掲載

ゴマキが出産時に帝王切開を要求。出産方法を途中で切り替えることってできるの?

元モーニング娘。の後藤真希さんの出産時のエピソードが話題になっています。あまりの陣痛のひどさに、分娩中に「帝王切開をしてほしい」と訴えたそうです。実際に、出産方法を途中で切り替えることができるのでしょ...

2015/12/24 13:13掲載