妊娠中の体重を理想的に増やすには?

Mocosuku(もこすく)
  • 妊娠中の体重を理想的に増やすには?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

妊娠中の体重を理想的に増やすには?

公開日時
更新日時

 
執筆:Mocosuku編集部
監修:坂本忍(産婦人科医)
 
 
妊娠中の体重はどのくらい増えるの?
妊娠すると体重が増加するのは自然なことですが、どれくらい増えるのかは人によって違います。だいたい何kgくらい増加するのが健康的なのでしょうか?
 
 

妊娠中に体重が増えるのはなぜ?

 
妊娠中は体重が増えるもの。とはいえ「どうして赤ちゃんの重さの3~4倍も増加するの?」なんて不思議に思う人もいるのではないでしょうか。
 
妊娠中の体重の増加には次のような理由があります。
 
 

赤ちゃんのための機能が備わる

まずひとつめは、母体に赤ちゃんに必要な機能が備わるから。
 
出産直前の赤ちゃんがだいたい3kgほどだと考えると、その赤ちゃんを母体で育てるためには次のものも必要になります。
 
・赤ちゃん:約3kg
・子宮:約1㎏
・羊水:約0.5㎏
・胎盤:約0.5㎏

 
赤ちゃん、子宮、羊水、胎盤。これだけでも5kgは増加するのです。
 
 

脂肪がつく

また、赤ちゃんを守るために妊娠中の女性の身体には脂肪がつきやすくなります。
 
これは、胎盤からヒト胎盤性ラクトゲンというホルモンが分泌されるからです。このホルモンは脂肪をためこむ働きをもっているのが特徴です。
 
個人差はありますが、妊娠中はだいたい1kg前後脂肪の重さが加わります。
 
 

血液の量が増える

妊娠は、お腹のなかの赤ちゃんを育てることと同じです。自分の身体だけでなくお腹にいる赤ちゃんにも血液を循環させる必要があります。
 
そのため、妊娠をすると血液量が増加し、赤ちゃんに血液を送るようになります。血液量は通常の約1.4倍に増え、これにより体重も2kg前後増加します。
 
 
赤ちゃんに必要な身体の機能で5kg、脂肪が1kg、さらに血液量が2kg。ここまでで8kg増加することがわかりました。
 
それでは、妊娠中はどれくらい体重が増えるのが理想的なのでしょうか?
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【赤ちゃん】新着記事

妊娠中だけ注意したい? 原虫の一種「トキソプラズマ」とは

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「○○に注意」「○○してはいけない」・・・などと、妊娠中は何かと注意事項が多いものです。 そのひとつに「トキソプラズマへの感染」...

2017/10/18 18:30掲載

日本でも増えてきた「タトゥー」。 健康への影響はある?

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 欧米ではファッションの一部として定着しているイメージがあるタトゥー。 日本でも、ファッション感覚で取り入れられることが増えてきま...

2017/10/17 18:30掲載

助産師さんに聞いた「ベビーベッドの必要性」

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 出産が控えているお宅では、赤ちゃんとの生活に必要なものの準備を始めていることでしょう。 なかでも、必要かどうか迷うことが多いのが...

2017/07/23 18:30掲載

いよいよ離乳食。赤ちゃんの味覚はどう発達していくの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 「乳幼児期の食事が味覚の形成には重要」という話を聞いたことがあるでしょうか? 「いよいよ離乳食!」と思い、はりきっ...

2017/03/25 21:30掲載

生まれたばかりで赤ちゃんは笑う?笑わないと問題あり?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) 赤ちゃんの笑顔は周囲を幸せな気持ちにしてくれますよね。 赤ちゃん...

2016/11/30 21:30掲載

乳児のママは必ず知っておくべき「RSウイルス」

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 「RSウイルス」 子育て中の方ならば、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 子供同士の感染力が強く、特に2歳未満のお子さんが感染するとされて...

2016/11/16 12:00掲載