お局様とうまくいかない!? マタハラのメカニズム とは?

Mocosuku(もこすく)
  • お局様とうまくいかない!? マタハラのメカニズム とは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

お局様とうまくいかない!? マタハラのメカニズム とは?

公開日時
更新日時

マタハラのメカニズム について、豊富なカウンセリングの経験をお持ちの神奈川大学 杉山教授にお話を伺いしました。

 

「お妊婦様も育児ママもお気楽でいいわね。仕事を何だと思っているの?」
「残業が続くとデートする時間もないじゃないの。妊婦も育児ママも、許せない!!」
 
これは、最近の職場で時に耳にする女性の心の声の一つです。
妊娠は「おめでた」、出産は「子宝」と、マタニティは古くから喜ぶべきものとされてきていました。
妊婦や育児中の母親であるというだけで女性は優遇され、大切にされる存在でした。なぜなら、子どもという宝物を育てているのですから。
大事にするのは、本当は当たり前のことなのです。

 

しかし、女性の社会進出が進む中で、女性も男性と同じように働くようになってきました。そうすると、ちょっと事情が変わるようです。

 
 

マタハラのメカニズム :仕事のしわ寄せが従業員にくるという現実

 
妊婦や育児ママを大切に扱わないことはマタニティ・ハラスメント、通称「マタハラ」と呼ばれています。
もともとは妊婦や子育てに理解と配慮がない男性たちの問題でした。
 
しかし、職場でマタニティに対する理解と配慮が制度化され、一般の良識ある男性は内心はともあれこの制度に従うようです。
すると、今度は女性による妊婦への反感や嫌がらせが始まったのです。
もはや、女の敵は女……と言える状況なのかもしれません。

 

今日、行政指導の結果として職場ではさまざまな面で出産・子育てへの配慮が制度として行われています。
しかし、この制度は他の労働者の負担や不公平感への配慮が伴っていないことがほとんどです。つまり無理のある配慮制度が取られている企業さんが多いようです。
 
制度そのものに無理がある場合もあれば、未完成な制度にとどめておいて「あとは現場の努力でがんばってね!」という企業さんもあるようです。
そして、その無理をかぶるのはその他の従業員の人たち。
このことが不満を煽ることになります。

 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【妊娠(その他)】新着記事

妊娠も出産もしていないのに母乳が… どうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 多くの方は「母乳とは赤ちゃんを育てるためにお母さんが生産するもの」と思うでしょう。 ところが、妊娠もしていないし、出産後でもないのに、母...

2017/12/25 18:30掲載

男性でも? 「妊娠線」ができる人と、できない人

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 妊娠したときなどに、お腹や太ももに細い線が何本もできる妊娠線。 妊娠線は「頑張った証」な...

2016/09/08 21:30掲載

知ってる? 「妊娠中に食べるといいもの」

執筆:山本ともよ(管理栄養士) 妊娠中はバランスの良い食事を心がけることが大切です。それに加え、妊娠中には特に積極的に摂って欲しい栄養素があります。妊娠中の食事法についてご紹介します。 積極的に摂りた...

2016/05/23 12:30掲載

ナゼ起こる? 妊娠による心境の変化について

ここではたくさんの妊婦さんを看てきた助産師による、「 妊娠による女性の心境変化 」についてご紹介します。 妊娠による女性の心境変化 :「お母さん」らしくなる時期はいつ? 出産後の女性はよく、「お母さん...

2016/02/24 20:30掲載

実際はしてない「想像妊娠」 どうしてなるの?

実際には妊娠していないのに、妊娠したような様々な兆候や症状が実際に身体にでてくることを「想像妊娠」といいます。精神状態が身体に影響を及ぼすのです。 誰にでも(たとえ男性でも)起こる可能性はあります。 ...

2016/02/21 21:30掲載

妊婦の飲酒が原因で起こる「 胎児性アルコール症候群 」とは

ここでは 胎児性アルコール症候群 という妊婦のアルコール摂取に起因する先天性疾患や障害についてご紹介します。 アメリカの小児科学会が、妊婦に対して「アルコールは一切飲んではいけない。たとえ少量であって...

2015/10/23 18:01掲載