子育て時に発見した“自分の毒” 「毒親」からの影響

Mocosuku(もこすく)
  • 子育て時に発見した“自分の毒” 「毒親」からの影響

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

子育て時に発見した“自分の毒” 「毒親」からの影響

公開日時
更新日時

 
執筆:玉井 仁(臨床心理士)
 
 

明確な虐待を加えるわけではないものの、価値観や規範を押しつけることによって、子供を精神的に苦しめてしまう親。
 
いわば、自分の子供に対してモラルハラスメント(モラハラ)を働く親。
 
最近では、そうした親を指して「毒親」と呼びます。
 
ここでは実際のカウンセリングの事例から、“30代になって自分が毒親に苦しめられてきたことに気づいた”という女性の事例を紹介しましょう。
 

 

「うまくいかない」ことの背景にあるもの

 

30代のサチコさん(仮名)は子育てに悩んでいました。
 
一生懸命あやしているのに、泣きやまない子供。その子供にいら立ちをぶつけてしまう自分。そういう自分を許せないという罪悪感──
 
そんな思考の悪循環に陥り、精神的に追い込まれていったのです。
 
仕事で頑張っている夫には、恥ずかしい、申し訳ないという気持ちが先に立ち、相談できずにいました。病院で相談しても、「お母さんが余裕を持ってあげてね」と言われるだけ。
 
このままではうつになってしまう…
 
そう考えたサチコさんは、カウンセラーである友人に相談しました。その友人に「子供が泣き止まないと、何か問題なの?」と言われてハッとしたと言います。
 
 

<つづきを読む>

1 / 4 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

銭湯好きは必見、「レジオネラ菌」とは

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平医師(東京医科歯科大学名誉教授) 公衆浴場で感染してしまった例があるという「レジオネラ菌」には、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか? 以下から詳しく...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯ブラシはやっぱり電動がイイ? 歯医者さんが薦めるのは

執筆:影向 美樹(歯科医師) 近年では家電量販店などで様々な種類の電動歯ブラシが販売されています。 実際に購入された方の中には、その仕上がりの良さに「もう手放せない!」と長く愛用される方がいる一方、し...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【ハラスメント】新着記事

子育て時に発見した“自分の毒” 「毒親」からの影響

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 明確な虐待を加えるわけではないものの、価値観や規範を押しつけることによって、子供を精神的に苦しめてしまう親。 いわば、自分の子供に対してモラルハラスメント(モラハラ)を働...

2016/12/25 21:30掲載

「毒親」の影響で“自分の基準がなかった”というお話

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 価値観や規範を押しつけることによって子供を精神的に苦しめてしまう親を指して、「毒親」と呼びます。 毒親は、自分の子供に対してモラルハラスメント(モラハラ)を働く親とも言え...

2016/11/28 21:30掲載

「毒親」から「毒抜き」 をした女性のお話

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 自分の身勝手な価値観や行動で、子供を物理的にも精神的に苦しめてしまう親。 最近ではそうした親を指して「毒親」(毒になる親)と呼びます。 今回ご紹介するのは、「毒親の影響に...

2016/10/05 21:30掲載

生きづらさや違和感の原因にも?「毒親」とは

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 「毒親」または「毒になる親」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?  これは本来子供にとって最大の理解者であり味方であるはずの親が、逆に子供に対して害をなしてしまうこと...

2016/09/22 21:30掲載

理由は妻のモラハラ? 「帰宅恐怖症」になる夫の心理

妻の態度や暴言に恐怖を感じ、妻のもとへ帰るのが苦痛で、自宅に帰ることができなくなってしまう夫が増えているそうです。 こうした状態は「帰宅恐怖症」と呼ばれ、新たな夫婦関係の問題として話題にのぼっていると...

2016/07/07 18:30掲載

脱「スメハラ」! 靴の臭い対策はコレで

執筆:磯部尚美(ハーバルセラピスト) 最近耳にするようになった「スメハラ」=smell harassment。 「臭いで他人に不快な思いを与えてしまう」ことです。 もしかしたら、あなたも自分が気づかな...

2016/04/04 18:30掲載