だからタバコは嫌われる…「喫煙の健康に対する影響」

Mocosuku(もこすく)
  • だからタバコは嫌われる…「喫煙の健康に対する影響」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

だからタバコは嫌われる…「喫煙の健康に対する影響」

公開日時

 
執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

喫煙は健康にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

 
厚生労働省は直近では2016年8月に、喫煙の健康影響に関する検討会編として「喫煙と健康」と題した580ページにもなる報告書を発表しています。
 
2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止対策を強化する必要性からも、禁煙の普及啓発がいっそう必要といわれています。
 
今回はあらためて、「喫煙の健康に対する影響」をおさらいしたいと思います。
 

 

喫煙の健康への影響:科学的証拠(エビデンス)から

 
タバコと健康影響については、現在世界中で系統的な研究がなされています。
 
日本では国立がん研究センターと健康研究センターが中心になって、このトレンドにしたがって、喫煙と疾患との因果関係を明らかにしました。
 
強い因果関係を推定するレベル1から、因果関係がなさそうなレベル4までの判定基準が設けられています。
 
その結果が上記「報告書」に次のように記されています。
 
 


「喫煙者本人に関して」

 
・がんやがんによる生命予後、二次がんの罹患や再発リスクなどは、ほとんどレベル1か2
・循環器疾患(虚血性心疾患、脳卒中、アテローム性動脈硬化関連疾患)でレベル1と2
 
・呼吸器疾患(COPD、気管支喘息、結核、特発性肺繊維症)でほとんどレベル1か2
・2型糖尿病の発症でレベル1
 
・歯周病がレベル1、う蝕(うしょく:虫歯)、インプラント失敗、歯の喪失でレベル2、
・閉経後の骨密度低下、大腿骨近位部骨折や関節リューマチでレベル2
 
・認知症や日常動作との関連はレベル2
・ニコチン依存症はレベル1

 
 

「受動喫煙の影響」

 

・肺がんはレベル1、乳がんや鼻腔・副鼻腔がんはレベル2
・虚血性心疾患や脳卒中はレベル1
 
・呼吸器への急性影響は、臭気・不快感・鼻の刺激感はレベル1、ぜんそく患者や急性呼吸器症状(咳、痰、喘鳴、呼吸困難など)とぜんそく患者の急性呼吸器機能低下はレベル2
・慢性呼吸器疾患への影響はレベル2
 
・子宮内胎児発育遅延、出生体重の減少がレベル2
・小児のぜんそくの既往はレベル1、ぜんそくの重症化、ぜんそく発症、小児の肺機能低下、学童期のセキ・タン・喘鳴・息切れ、中耳疾患や虫歯は、それぞれレベル2
 
・乳幼児突然死症候群がレベル1
・未成年については、喫煙開始年齢が若いこと、全死亡原因、がん死亡、循環器疾患死亡、がん罹患のリスクに関してレベル1

 
改めて、喫煙者にとっては驚くべき結果ではないでしょうか。

 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【タバコ】新着記事

喫煙女性は老け顔に? 「スモーカーズフェイス」とは

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 健康へのさまざまな悪影響が取り沙汰されているタバコ。 実はお肌のトラブルにつながるという、女性はとくに気になるドッキリな指摘もあ...

2018/12/04 18:30掲載

“がん家系” “若いと進行が速い” 「がん」の通説、本当はどうなの?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人の死亡原因は男女ともに「がん」が第一位です。 「がん」にまつわる話題はニュースや雑誌などで日々取り上げられ事欠きません。 ...

2018/11/06 18:30掲載

タバコはやめたのに肺に疾患!? タバコと肺の関係

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ タバコをやめれば、肺の病気になるリスクが下がることが分かっています。 それでは、禁煙すると肺はもとに戻るのでしょうか? タバコが肺に与え...

2017/10/15 18:30掲載

「しゃっくり」を一瞬で止める方法はある?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 医療監修:株式会社とらうべ なかなか止まらない「しゃっくり」に悩まされたことはありませんか? 自宅にいるときならばまだしも、会議や食事の席など、静か...

2017/03/11 21:30掲載

だからタバコは嫌われる…「喫煙の健康に対する影響」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 喫煙は健康にどのような影響を及ぼすのでしょうか? 厚生労働省は直近では2016年8月に、喫煙の健康影響に関する検討会編として「喫煙と健康...

2017/03/03 21:30掲載

受動喫煙でもない「三次喫煙」 どういう害がある?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 2020年に開催される東京オリンピックに向け競技場整備に関するニュースが連日放送されている中、日本の喫煙対策も進められています。 タバコの健康への影響は、もはや喫煙...

2016/11/25 12:00掲載