夜になると視力が落ちる… 鳥目(とりめ)の原因はなに?

Mocosuku(もこすく)
  • 夜になると視力が落ちる… 鳥目(とりめ)の原因はなに?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

夜になると視力が落ちる… 鳥目(とりめ)の原因はなに?

公開日時

 
執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
暗い場所や夜になると急激に視力が落ちて見えにくくなる病気を「夜盲症(やもうしょう)」といいます。
 
俗にいう「鳥目」です。
 
聞いたことがあるという人は多いかと思います。
 
今回は暗くなると視力が低下する「鳥目」の症状や原因、治療法についてご説明していきます。
 

 

夜盲症:暗順応の障害

 
明るい所から暗い所へ移ると、はじめのうちはよく見えなくても時間の経過とともに暗さに慣れ、周囲の状況がだんだんと見えるようになります。
 
この現象を「暗順応(あんじゅんのう)」といいます。
 
トンネルや映画館に入ったときのことを想像してみてください。
 
反対に、暗い所から明るい所へ急に出たときも、最初はまぶしくて見えなくても徐々に目が慣れてきます。
 
こちらは「明順応」です。
 
夜盲症(鳥目)は「暗順応」の機能がうまく働かないために起こる視覚の病気です。
 
ですから、夜だけでなく昼間でも暗い所へ移ると夜盲症の症状がでます。
 
明るいところでは普通に見えるので夜盲症と気がつかないことも多く、とくに子どもの場合は発見が遅れるケースもあるようです。
 
周りの大人は「暗くなると見えにくいような仕草をしていないか」注意してみてあげましょう。
 
また、夜盲症の程度は、時間がたつと少しずつ暗いところに目が慣れてくる人から、まったく見えないという人まで多様です。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【目】新着記事

メガネ合ってる? 「合わないメガネ」がもたらす身体の不調

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ メガネをかけているあなた。購入するときは、直接眼鏡屋さんに行っていますか? それとも、事前に眼科で検診を受け、医師の処方のもと眼鏡屋さん...

2018/10/07 18:30掲載

暗いと見えにくい? そう感じたら「網膜色素変性症」の可能性も

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 目に入った光は眼底にある「網膜」で焦点を結び、情報が脳へ送られて視覚が成り立ちます。 カメラでいえばフィルムや画像センサーに該当する網膜...

2018/07/08 18:30掲載

夜になると視力が落ちる… 鳥目(とりめ)の原因はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暗い場所や夜になると急激に視力が落ちて見えにくくなる病気を「夜盲症(やもうしょう)」といいます。 俗にいう「鳥目」です。 聞いたことがあ...

2018/04/01 18:30掲載

ブルーライトはなぜ悪い? ブルーライトカット眼鏡は効果あり?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ブルーライト(青い光)は、可視光のなかでも波長が短く強いエネルギーをもっている光です。 スマホやパソコンなどデジタルデバイスの使用やLE...

2018/03/20 18:30掲載

日本でも患者さんが多い? 難病「ベーチェット病」について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ベーチェット病」は、地中海沿岸から中近東・中国を経て、韓国や日本で多発している難病で、別名「シルクロード病」とも呼ばれます。 EXIL...

2018/02/17 18:30掲載

『眼トレ』をすれば視力はアップ? 具体的な方法は?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ テレビや書籍などで頻繁に見かける眼のトレーニング、略して『眼トレ』。 視力の問題は老若男女を問いませんから、この言葉が気になると...

2018/02/09 18:30掲載